タグ:葦毛湿原 ( 82 ) タグの人気記事

葦毛湿原植生回復作業開始


今年も葦毛湿原植生回復作業が始まりました。
遷移して失われていく湿原をもとに戻そうとする活動で、
豊橋市文化財センターの事業としておこなわれます。
予定では11月6日が開始日でしたが、
雨天のためこの日が初日となりました。

実際の作業の中心になるのは
豊橋湿原保護の会と豊橋自然歩道協議会ですが、
個人のボランティアも参加しています。
本日は約30人のボランティアが集まりました。

集まった人たち。
歴戦の勇士が勢揃いといった感じ。

e0293913_23484333.jpg

作業のようす。
チェーンソーで木を伐る、
枝切りばさみで枝を払う、
草刈り機で草を刈る、
草や木、枝をまとめて運ぶ、
などを大勢で手分けして行いました。

e0293913_23485058.jpg
e0293913_23484741.jpg

これから3月まで毎週火曜日と第3日曜の午前中に
作業がおこなわれます。
3月には見違えるようになるはずです。


ついでに近くで見た木の実を挙げておきます。


サネカズラ。

e0293913_23485378.jpg
マユミ。
e0293913_23485779.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『弓張放浪第2章』に移行中。
『弓張放浪第2章』を開く


[PR]
by harahira2 | 2018-11-13 23:49 | 葦毛湿原 | Comments(0)

葦毛湿原から座談山

葦毛湿原から入って座談山まで行き
ついでにあちこちを回ってきました。
湿原のようすと座談山からの風景を挙げます。

駐車場横の長尾池から稜線。
空が青い。
e0293913_19071747.jpg
秋深い葦毛湿原。
e0293913_19082278.jpg
座談山から富士山。
e0293913_19072557.jpg
座談山から浜名湖と浜松市街。
e0293913_19072877.jpg
座談山から石巻山頂上岩場。
e0293913_19073108.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『弓張放浪第2章』に移行中。
そちらでは花も紹介しています。
『弓張放浪第2章』を開く


[PR]
by harahira2 | 2018-11-10 20:02 | 弓張山系 | Comments(0)

11月初めの葦毛湿原


11月に入り葦毛湿原はいっそう秋の色が濃くなりました。
e0293913_13565282.jpg
ホソバリンドウが満開になりました。
これが咲き終わると葦毛湿原の花は一段落です。
e0293913_13570065.jpg
アキアカネが繋がりながら産卵していました。
e0293913_13570402.jpg
ミズカマキリが水たまりに浮かんでいました。
それほど近くないのでボケ気味ですが。
e0293913_13570724.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『弓張放浪第2章』に移行中。
そちらではやや詳しく紹介しています。
『弓張放浪第2章』を開く



[PR]
by harahira2 | 2018-11-02 20:52 | 葦毛湿原 | Comments(0)

10月末の葦毛湿原


葦毛湿原を回ってきました。

葦毛湿原の風景。
ヌマガヤが茂って茶色くなってきました。
e0293913_23440887.jpg
シラタマホシクサはだんだんと
ドライフラワー状になっていきます。
e0293913_23444250.jpg
キセルアザミがさみしげです。
e0293913_23442499.jpg
ワレモコウはこれが最後かな?
e0293913_23445814.jpg
サワギキョウもあと少し。
e0293913_23442738.jpg
スイランはまだまだがんばっています。
e0293913_23441750.jpg
『弓張放浪第2章』に移行中。

『弓張放浪第2章』を開く

[PR]
by harahira2 | 2018-10-25 23:40 | 葦毛湿原 | Comments(0)

秋の葦毛湿原から神石山


葦毛湿原から入って神石山まで歩いて来ました。

久しぶりの好天の日曜日とあって、
湿原には多くの見学者が訪れていました。
e0293913_17192494.jpg
シラタマホシクサは最盛期を過ぎ、
これからドライフラワーのようになっていきます。
しかし、白いじゅうたんは健在です。
e0293913_17192717.jpg
スイランが咲き始めました。
e0293913_17193103.jpg
サワヒヨドリ。
e0293913_17193758.jpg
イワショウブ。
e0293913_17193472.jpg
サワギキョウが全盛ですが、
このカメラは遠くが苦手です。
e0293913_17194023.jpg
山に向かいました。
一息峠。
e0293913_17194694.jpg
稜線に登ったところ。
ここにも人がいました。
e0293913_17194962.jpg
稜線上からの展望。
豊橋方面がくっきりと見えます。
e0293913_17195278.jpg
二川テレビ中継所。
ここも休憩している人たちが。
e0293913_17195595.jpg
次の座談山からの景色。
左に神石山、画面中央に富士山。
富士山は春以来初めて見ます。
ただし雪はかぶっていないので感動は半減です。
e0293913_17261046.jpg
座談山から浜名湖と浜松市街。
e0293913_17261492.jpg
船形山城跡。
e0293913_17261780.jpg
普門寺峠が横切る。
e0293913_17262050.jpg
神石山手前の200段の階段。
e0293913_17262578.jpg
神石山頂上にも何人かいました。
e0293913_17262841.jpg
神石山からの眺望。
e0293913_17263109.jpg
ついでなので北斜面のほうろく岩に寄りました。
ほうろく岩から多米、豊橋方面。
e0293913_17263487.jpg
帰りは巻き道で帰ってきました。
人での多い1日でした。




[PR]
by harahira2 | 2018-10-07 21:16 | 弓張山系 | Comments(0)

秋の葦毛湿原から松明峠

体調もかなり戻ってきたので、
少し長歩きで体力を戻そうと考え、
葦毛湿原から入って松明峠まで歩いて来ました。

葦毛湿原は先日とあまり変わりません。
ちょっと離れたところのシラタマホシクサの群生。
これだけ密集するとすごい。
e0293913_20582609.jpg
葦毛湿原の風景。
e0293913_20582975.jpg
ミズギボウシが全盛です。
e0293913_20583374.jpg
はげ山の岩ピークからの眺望。
多米、岩崎、岩田方面が見えます。
e0293913_21002410.jpg
松明峠。
e0293913_21003827.jpg
松明峠からの眺望。
東南方向を見ています。
この日は今にも雨が降りそうで
暗っぽい風景になっています。
e0293913_21004248.jpg
途中で見た花などを紹介します。
順不同です。
オトコエシ。
e0293913_21042615.jpg

ママコナ
e0293913_21043578.jpg
マルバハギかな?
e0293913_21044652.jpg
ツルボ。
e0293913_21043130.jpg
これもハギの仲間だと思いますが、
わかりません。
e0293913_21080880.jpg
アキノタムラソウ。
e0293913_21051255.jpg
ナンバンギセル。
e0293913_21050880.jpg
ツリガネニンジン。
e0293913_21050127.jpg
オトギリソウ。
e0293913_21045948.jpg
カクミノスノキの実。
e0293913_21045367.jpg
モチツツジのつぼみ。
狂い咲きですね。
e0293913_21045010.jpg
秋のおもしろい花が見られました。

ところで、
2日前にはあったシュロソウがなくなっていました。
残念です。




[PR]
by harahira2 | 2018-09-12 20:53 | 弓張山系 | Comments(0)

秋雨の葦毛湿原


雨の中葦毛湿原に行って来ました。

今湿原ではミズオトギリが花を開かせていますが、
ミズオトギリは夕方にならないと咲きません。
何に感応して花を開くのかわかりません。
こんな雨の日も開くのか確かめに行って来ました。

開いていました。
ここのミズオトギリはだいたい3時半頃開きます。
こんな日でもやはり3時半頃でした。
不思議なものですね。

e0293913_20533555.jpg
湿原のようす。
いつもとは違った場所です。
水が音を立てて流れていました。
e0293913_20535757.jpg
シラタマホシクサ。
e0293913_20542057.jpg
ミズギボウシ。
e0293913_20540108.jpg
サワシロギク。
e0293913_20540944.jpg
サワヒヨドリが咲き始めました。
e0293913_20541383.jpg
キセルアザミ。
e0293913_20545729.jpg
ワレモコウ。
e0293913_20540535.jpg
ミズギク。
おそらく最後の花。
e0293913_20541733.jpg
ノダケ。
e0293913_20542483.jpg
イワショウブのつぼみ。
離れたところに咲いていました。
写真にはうまく撮れません。
e0293913_20584521.jpg
ムカゴニンジン。
e0293913_20584978.jpg
ウメモドキは水玉をつけやすいのか。
e0293913_20585294.jpg
他にサワギキョウ、タムラソウも咲き始めました。
遠くてうまく撮れませんでした。
また望遠を持って挑戦します。



[PR]
by harahira2 | 2018-09-10 21:03 | 葦毛湿原 | Comments(0)

5月中旬の葦毛湿原


バイケイソウがそろそろ見ごろかなと
葦毛湿原に行って来ました。

いつもの湿原風景。
緑が濃くなりました。
e0293913_00020618.jpg
クロミノニシゴリがあちこちて咲いていました。
e0293913_00021218.jpg
よく見ると白い毛が美しい。
e0293913_00021557.jpg
イボタノキの花がにおいをぷんぷんさせていました。
e0293913_00023050.jpg
トキソウは株が30以上見られました。
e0293913_00021994.jpg
バイケイソウの群生。
e0293913_00025454.jpg
花はもう少しで満開です。
e0293913_00025722.jpg
ニョイスミレ。目立たないけどかわいい。
e0293913_00030925.jpg
タツナミソウもいい。
e0293913_00023338.jpg
ネジキの花は透明感があります。
e0293913_00022615.jpg
暑い日になりましたが、
楽しんで回れました。





[PR]
by harahira2 | 2018-05-17 22:34 | 葦毛湿原 | Comments(0)

春爛漫の葦毛湿原とその周辺


葦毛湿原とその周辺を回ってきました。
順番は回った順ではなく
場所もばらばらに紹介します。

湿原の周りは新緑に包まれています。
e0293913_06303895.jpg
湿原のとなりの沢も緑がまぶしいほどです。
e0293913_06304488.jpg
ハルリンドウが満開です。
ハルリンドウがこれほど多く
咲いたのを見るのは初めてです。
e0293913_06311102.jpg
e0293913_06313970.jpg
今年は色違いがたくさん見られました。
e0293913_06351792.jpg
小さなニョイスミレが咲いています。
e0293913_06311537.jpg
なかにはピンクがかったものもあります。
e0293913_06311988.jpg
ニオイタチツボスミレ。
e0293913_06312592.jpg
アリアケスミレ。
e0293913_06374999.jpg
タチシオデ。
e0293913_06550240.jpg
スルガテンナンショウ。
e0293913_06381140.jpg
ウグイスカグラ。
e0293913_06380725.jpg
タンザワウマノスズクサ。
e0293913_06383466.jpg
チゴユリ。
e0293913_06383154.jpg
アケビ。
e0293913_06382484.jpg
ミツバアケビ。
e0293913_06381836.jpg
ジロボウエンゴサク。
e0293913_06384173.jpg
キランソウ。
e0293913_06384485.jpg
マルバアオダモ。
e0293913_06383759.jpg
シャガ。
e0293913_06445305.jpg
ヤブデマリ。
e0293913_06381447.jpg
メギ。
e0293913_06424393.jpg
アセビ。
e0293913_06423383.jpg
ミツバツチグリ。
e0293913_06423059.jpg
ショウジョウバカマ。
e0293913_06423729.jpg
ミカワバイケイソウ。
まもなく開花。
e0293913_06425512.jpg
ナラメリンゴフシ。
e0293913_06424004.jpg
この季節は毎日のように
花の様子と風景が変わります。
見逃せません。



[PR]
by harahira2 | 2018-04-10 06:28 | 葦毛湿原 | Comments(0)

葦毛湿原植生回復作業最終日


葦毛湿原の植生回復作業は
毎年度11月から3月まで行われています。
ということで、この日は作業の最終日でした。

この日は、
これまでにやり残した細かな部分や
片づけ切れなかった
木の枝、木の葉、草の葉などを片づけました。
e0293913_23474526.jpg
その後今年度の作業の振り返りということで、
作業し終わった場所の現状と
今後の回復の予想などの説明を聞きました。
e0293913_23503149.jpg
今年度は大勢のボランティアが常時出て、
おまけに重機を借りることができたので
作業がかなりはかどりました。
広々とした湿原が復活しました。
あとは来年以降の草花の復活に期待です。
楽しみです。



[PR]
by harahira2 | 2018-03-27 23:31 | 葦毛湿原 | Comments(0)