タグ:富幕山 ( 15 ) タグの人気記事

10月の富幕山の花たち


富幕山を歩いて来ました。
見つけた花などを紹介します。

コウヤボウキ。
e0293913_15294808.jpg
アキノキリンソウ。
ピントがかなりずれているので
下の方はカットしましたが、
かなりの大ぶりな房になっていました。
e0293913_15294300.jpg
マツムシソウ。
マツムシソウに秋を感じるのはわたしだけでしょうか。
e0293913_15295465.jpg
ミカワマツムシソウ。
こちらもいい色合いです。
e0293913_15295725.jpg
リュウノウギク。
気品がありますね。
e0293913_15300061.jpg
ワレモコウ。
だいぶ枯れかかっていますが、
残っていることがうれしい。
e0293913_15300698.jpg
ヤマハッカ。
e0293913_15300975.jpg
アサギマダラを見かけました。
e0293913_15301257.jpg
ツリガネニンジン。これももう最後のようです。
e0293913_15301560.jpg
ヤクシソウ。にぎやかです。
e0293913_15331043.jpg
リンドウ。こちらもにぎかな株です。
e0293913_15331329.jpg
センブリ。可憐です。
e0293913_15331770.jpg
ツルリンドウの実。
e0293913_15332113.jpg
キッコウハグマ。
小さいのでよく探さないと見つかりません。
e0293913_15332992.jpg
ヒヨドリバナ。アサギマダラが止まっていました。
e0293913_15333275.jpg
ホトトギス。こちらも味があります。
e0293913_15344110.jpg
ナギナタコウジュ。
e0293913_15345908.jpg
ノコンギクでしょう。
e0293913_15352104.jpg
シラヤマギクかな?
e0293913_15352556.jpg
ヤマシロギクだと思います。
e0293913_15334688.jpg
オミナエシ。ほとんど終わっていましたが。
e0293913_15334394.jpg
アケボノソウ。これも終わりそうでした。
e0293913_15333663.jpg
スズカアザミ。
e0293913_15361978.jpg
これが何の花なのかわかりません。
シソ科であることは確かかですが・・・。
e0293913_15333991.jpg
たくさんのすばらしい花を見られて
満足感いっぱいの山歩きになりました。


『弓張放浪第2章』に移行中。
『弓張放浪第2章』を開く


[PR]
by harahira2 | 2018-10-26 22:40 | 弓張山系 | Comments(0)

瓶割峠から富幕山


久しぶりに瓶割峠から富幕山まで
歩いてみることにしました。
富幕山にはときどき行くのですが、
瓶割峠からはだらだらと長い道のりなので
たいていは東の奥山からになります。
ひょっとしたら3年ぶりくらいでしょうか。

瓶割峠の登山口横に車を駐めました。
入口は大きな草が茂り、
道がわからないくらいになっていました。
ちょうど入口を探している方が見えたので、
いっしょに楽しく同行しました。

登り始めて入口付近を見たところ。
この草やぶをかき分けてきました。
よほど人は通らないようです。
e0293913_21093692.jpg
入口さえ通過すればあとは道がはっきりしています。
しかし、いきなり急登です。
e0293913_21094153.jpg
ところどころこのような案内標示があります。
相当前のものでかなり木が腐っています。
e0293913_21094583.jpg
山道ははっきりしていますが、
この前の台風のためでしょう、
倒木や枝落ちが激しくて
ところによっては軽く迂回しなければなりません。

じきになだらかになり、やがて三角点に至ります。
四等三角点「瓶割峠」、標高は478.3mです。
e0293913_21094894.jpg
あとはだらだらと尾根歩きで東に進みます。

北に開けたところに出ました。
向こうのほうに新東名高速道路と
さらに向こうに三ツ瀬明神山が見えます。
e0293913_21095152.jpg
東のほうに富士山がちらっと見えました。
雲の合間からわずかに見えました。
少し時間帯がずれると見えないところでした。
幸運でした。
右端です。雲に半分くらいかくれています。
e0293913_21095542.jpg
やがて富幕山頂上の展望台が見えました。
e0293913_21100077.jpg
展望台手前の一等三角点「富巻山」、
標高は563.5mです。
e0293913_21100429.jpg
展望台の上から北に見える電波中継塔。
e0293913_21100797.jpg
南に浜名湖と猪鼻湖が見えます。
もう少しくっきりすればいいのですが・・・。
まあ、見えただけよしとしましょう。
e0293913_21101054.jpg
さらに東進して下ります。

比較的なだらかな道を行くと
途中の展望台があります。
e0293913_21223727.jpg
展望台はもう何年も前から
登れないようになっています。
展望台に登らすとも富士山が見えるはずですが、
すでに雲がかかっていました。

展望台を過ぎて林道に出会うので、
その林道を南や西に向かいます。

細江コースの登り口と交差します。
e0293913_21224723.jpg
さらに進むと只木コースと交差します。
e0293913_21225314.jpg
ここはむかし幡教寺という大きな寺があったそうです。
一部が休憩所になっていますが、
以前は車で林道を来ることができたのに、
林道が進入禁止になってしまったので
今では歩いてくるしかありません。
トイレもあり、いいところなのに残念です。
e0293913_21225776.jpg
あとは林道をうねるように歩いてもとに戻りました。

途中で見た花を紹介します。
マツムシソウです。
e0293913_21310695.jpg
アキノキリンソウ。
e0293913_21311036.jpg
ヒヨドリバナ。
e0293913_21311238.jpg
センブリ。
e0293913_21311741.jpg
ホトトギス。
e0293913_21312120.jpg
オミナエシ。
e0293913_21390725.jpg
ヤクシソウ。
e0293913_21391186.jpg
ノコンギクのようだが?
e0293913_21312527.jpg
ツリガネニンジン。
e0293913_21312951.jpg
合計11キロメートル強でした。
富士山も見えたし、めずらしい花も見られ
同行の方ともいろいろと話ができて
いい山歩きでした。


[PR]
by harahira2 | 2018-10-12 21:04 | 弓張山系 | Comments(0)

5月の富幕山の花たち


<続き>

富幕山で見た花たちです。
順不同です。

ヤマツツジ。
e0293913_19110005.jpg
モチツツジ。
e0293913_19110460.jpg
キンラン。
e0293913_19104220.jpg
ヤマサギソウ。
e0293913_19102736.jpg
アザミ。
e0293913_19101814.jpg
ウツギ。
e0293913_19102184.jpg
ギンリョウソウ。
e0293913_19101253.jpg
フタリシズカ。
e0293913_19103155.jpg
ハナイカダの実。
e0293913_19111678.jpg
エビネ。
e0293913_19100535.jpg
こちらもエビネ。
ちょっと種類がちがうかも。
e0293913_19100898.jpg
ジャケツイバラ。
e0293913_19100296.jpg
ウメガサソウ。
e0293913_19101550.jpg
時期的にちょうど盛りを過ぎたころで
それほど花は期待していなかったのですが
まずまず見られました。


[PR]
by harahira2 | 2018-05-11 22:47 | Comments(0)

5月の富幕山



久しぶりに富幕山に登ってきました。
今回は奥山登山口から山頂まで行って
北から陣座峠へ下りて
林道で帰って来ようという計画です。

登山口です。
e0293913_23123399.jpg
分岐がありますが直進します。
どちらに行っても
同じ所に出ます。
e0293913_23124229.jpg
小ピークがあります。
四等三角点「堀越」です。
e0293913_23124672.jpg
奥山高原遊園地のあと。
e0293913_23141851.jpg
はりきりコースとらくらくコースの分岐点です。
右のらくらくコースを行きます。
e0293913_23142289.jpg
らくらくコースのいいところは
この富士見峠があることです。
e0293913_23142685.jpg
富士山がうっすらと見えました。
写真だとわからないかな?
e0293913_23535006.jpg
分岐点に出ます。
直進は行き止まりなので、
左に登ります。
e0293913_23545062.jpg
はりきりコースとの合流点です。
右へ進みます。
e0293913_23545459.jpg
林道に出会います。
e0293913_23545944.jpg
この林道もおもしろいのですが、
今回はパスです。
e0293913_23550264.jpg
直進します。

e0293913_23550608.jpg
展望台に出ます。
展望台は「しばらく・・利用禁止」となっていますが、
「しばらく」が長すぎます。
e0293913_23551189.jpg
ここからも富士山が見えます。
e0293913_23551698.jpg
全体にゆったりと上がっていきますが、
この階段は少々きつい。
e0293913_23594255.jpg
「モミの木坂」と名づけている坂。
e0293913_00104896.jpg
林道に出ます。
すぐに頂上です。
e0293913_00120531.jpg
新しく展望台ができました。
ちょっと場所に合わないけど。
e0293913_00122687.jpg
周りの木々が成長して
眺望がなくなっていましたが、
このおかげでよく見えるようになりました。
まあ、よしとしますか。
しかし、途中の展望台を直してほしいですね。
浜松と浜名湖がよく見えます。
e0293913_00123605.jpg
e0293913_00163059.jpg
裏には中継塔があります。
e0293913_00123240.jpg
一等三角点「富巻山」です。
e0293913_00123019.jpg
ここから北へ向かいます。
中継所の横を抜けます。
e0293913_18565752.jpg
分岐がありますが真っ直ぐに進みます。
暗い森の中を行きます。
e0293913_18570183.jpg
西側の展望があるところに来ました。
左奥は本宮山のようですが、
他はどこが見えているのかわかりません。
e0293913_18570484.jpg
古びた案内標示があります。
e0293913_18570861.jpg
ときどき水玉模様の布が垂れています。
わかりやすいのでありがたいことです。
e0293913_18571148.jpg
この区間の最大の傾斜を下ったところ。
わかりにくいけど上を見ています。
以前ここを登ったときは
もう2度とここは通りたくないと思いました。
ただし、脇にジグザグ道があります。
e0293913_18571424.jpg
東の展望がある鉄塔横。
新東名が見えています。
e0293913_18571751.jpg
木の葉の色が明るくなってきました。
e0293913_18572174.jpg
林道への出口です。
e0293913_18574084.jpg
林道に下り立ったところ。
e0293913_19070193.jpg
あとは林道を登山口まで戻りました。
e0293913_19070768.jpg
<以下花の紹介に続く>




[PR]
by harahira2 | 2018-05-11 22:07 | 弓張山系 | Comments(0)

9月中旬の富幕山

富幕山もそろそろ花のいい時期を迎えるだろうと
見に行ってきました。

奥山の登山口。
e0293913_10440506.jpg
三角点「堀越」
e0293913_10441059.jpg
廃園になった遊園地のようす。
e0293913_10442054.jpg
らくらくコースとはりきりコースの分岐点。
右のらくらくコースで行きます。
e0293913_10442477.jpg
富士見峠。峠らしくない坂道です。
e0293913_10442864.jpg
富士見峠からの眺望。
遠くはかすんで富士山は見えません。
e0293913_10443177.jpg
はりきりコースとの合流点。
e0293913_10443634.jpg
林道を横切ります。
e0293913_10445909.jpg
休憩所があります。
ここから富士山が見えるはずです。
展望台は使用不可です。
e0293913_10484642.jpg

なだらかに上がっていきます。
ときにはほぼ平らなところも。
e0293913_10485224.jpg
木の階段や
e0293913_10490126.jpg
根っこだらけの坂もあります。
e0293913_10490682.jpg
林道と合流です。
e0293913_10490947.jpg
そのまま進むと頂上です。
e0293913_10491393.jpg
大きなアンテナが背後にそびえる広場です。
休憩用の建物もあります。
e0293913_10492157.jpg
一等三角点「富巻山」です。
e0293913_10493282.jpg
アンテナの横を過ぎて、
瓶割峠方面に進みます。
e0293913_10522108.jpg
実はしばらく前ネットで航空写真を見ていたら、
この途中の木が広く伐採されているのを見つけました。
これを実際に見てみようと思っていたのです。

伐採場所に来ました。
かなり広く伐採されていました。
e0293913_10532736.jpg
ふもとの黄柳野方面が見えるようです。
e0293913_10533198.jpg
新東名高速道路も見えます。
e0293913_10535382.jpg
ここまでで帰りました。

花を紹介します。

マツムシソウ。
e0293913_10551968.jpg
ミカワマツムシソウ。
e0293913_10554153.jpg
オミナエシ。
e0293913_10560927.jpg
オトコエシ。
e0293913_10573585.jpg
ワレモコウ。
e0293913_10560295.jpg
ナンバンギセル。
e0293913_11021523.jpg
ヤマジノホトトギス。
e0293913_10572417.jpg
ヒヨドリバナ。
e0293913_10590129.jpg
オトギリソウ。
e0293913_10591097.jpg
ゲンノショウコ。
e0293913_10570969.jpg
これは何?
キノコの仲間か?
e0293913_11082614.jpg
スズカアザミにチョウ。
ツマグロヒョウモンかな。
e0293913_10562250.jpg
マツカゼソウ。
e0293913_11002746.jpg
コガンピ。
e0293913_11005747.jpg
コウヤボウキ。
e0293913_11035079.jpg
シラヤマギク。
e0293913_11064325.jpg
キンミズヒキ。
e0293913_10563317.jpg

アキノタムラソウ。
e0293913_10571543.jpg
最後にアサギマダラ。
e0293913_11015006.jpg
のんびりとしていい山歩きでした。










[PR]
by harahira2 | 2017-09-14 21:09 | 弓張山系 | Comments(3)

5月下旬の富幕山の花


富幕山の現在の花の様子です。
ちょうど花の合間のような時期ですが
それでもいろいろな花が見られました。

ハナニガナ。
e0293913_23461256.jpg


ニガナ。
e0293913_23462551.jpg


ノアザミかな?
e0293913_23464884.jpg


シロバナオカタツナミソウ。
e0293913_2347160.jpg


フタリシズカ。
e0293913_23472090.jpg


ホタルカズラ。
e0293913_23473798.jpg


キンラン。
e0293913_23485162.jpg


アヤメ。
e0293913_2349243.jpg


エビネ。
e0293913_23492027.jpg


ウツギ。
e0293913_23483438.jpg


ガマズミ。
e0293913_23493897.jpg


ナルコユリ。
e0293913_23475215.jpg


ウメガサソウ。
e0293913_23502663.jpg


ナワシロイチゴ。
e0293913_2350978.jpg


ウマノアシガタ。
e0293913_23482234.jpg


モチツツジ。
e0293913_2348733.jpg


ヤマツツジ。
e0293913_23524252.jpg


ササユリのつぼみ。
e0293913_2351479.jpg


もう少しするとさらににぎやかになりそうです。
[PR]
by harahira2 | 2017-05-22 23:40 | 弓張山系 | Comments(0)

富幕山から陣座峠


奥山から富幕山に登り、
北の陣座峠まで行って
林道で帰ってきました。

奥山登山口は富幕山登山では
もっともポピュラーな登山口です。
e0293913_1041387.jpg


「測点 60 3.0km」の標柱。
e0293913_10412152.jpg


少し登ったピークに三角点「堀越」があります。
ここからは以前富士山が見えましたが、
木が育ってしまい見えなくなりました。
e0293913_10413647.jpg


軽く下って鞍部に着きます。
e0293913_10434859.jpg


樹間から遊園地跡が見えます。
e0293913_1044921.jpg


すぐに分岐があります。
らくらくコースとはりきりコースです。
らくらくコースで進みます。
e0293913_10463041.jpg


「富士山」の標示。
ここが富士見峠でしょう。
条件のよい日には富士山が見えるはずです。
e0293913_10465854.jpg

e0293913_10471480.jpg


この分岐を左に進みます。
樹間を縫うように登ります。
e0293913_10481924.jpg


はりきりコースと合流します。
e0293913_10492543.jpg


「測点 70 3.5km」の標柱。
e0293913_10501757.jpg


林道を横切ります。
e0293913_10525452.jpg


少し行くと展望台があります。
e0293913_10543074.jpg


ここからも条件のよい日は富士山が見えます。
e0293913_10545013.jpg

e0293913_10551122.jpg

なだらかな山道。

富幕山まで0.9km。
e0293913_10562619.jpg


この辺りはちょっと急で階段の歩幅がきびしい。
e0293913_10575593.jpg


「測点 80 4.0km」の標柱。
e0293913_10585975.jpg


富幕山まで0.6km。
e0293913_10592362.jpg


モミの木が真ん中にドンとある。
e0293913_110394.jpg


「測点 90 4.5km」の標柱。
e0293913_1103531.jpg


頂上アンテナへの道路といったん合流します。
富幕山まで0.1kmです。
e0293913_111554.jpg

e0293913_1111899.jpg


アンテナが見えました。
道路から外れて斜めに上がっていきます。
e0293913_112209.jpg


頂上に到着です。
e0293913_1133147.jpg


一等三角点「富巻山」があります。
e0293913_1141441.jpg


ここから東方向を見ると浜松市街が見えます。
この日は霞がひどくてうっすらとしか見えませんでした。
e0293913_1183970.jpg


アンテナの隣を進みます。
e0293913_119251.jpg


瓶割峠と陣座峠への分岐点。
北の陣座峠方面に進みます。
e0293913_1110232.jpg


おおむね暗い樹林の間を進みます。
ここからは変化に乏しいのが残念です。
e0293913_1111031.jpg


西に開けたところがありました。
たぶん見えているのは黄柳野でしょう。
e0293913_11114333.jpg


ところどころ古い標示があります。
これはまだましなほうですが、
まわりがほとんど欠けているもの、
ほとんど読めないものもあります。
最近は整備してくれる人もいないようです。
e0293913_11132696.jpg


急な坂をジグザクに下ります。
e0293913_11153278.jpg


送電線鉄塔の横を通ります。
e0293913_1116864.jpg


東側に新東名高速道路と
東名高速道路を結ぶ連絡道路が見えます。
e0293913_11162898.jpg


ここで道は90度曲がります。
e0293913_11165098.jpg


すぐに林道に出ます
e0293913_11175163.jpg


ふりかえったところ。
e0293913_11182545.jpg


林道は2本に別れていますが
右は車両通行禁止で、出発点に戻るのは左です。
e0293913_11185673.jpg


左の林道を歩いて戻りました。
e0293913_1120014.jpg


途中樹間から開けた風景が見えます。
おそらく新東名高速の連絡道路でしょう。
e0293913_11202015.jpg


奥山登山口と富幕山、陣座峠を3つを頂点とする
ほぼ正三角形に歩いたことになります。
e0293913_1145356.jpg

[PR]
by harahira2 | 2017-05-22 20:36 | 弓張山系 | Comments(2)

10月の富幕山


忙しいやらなんやらで、
なかなか山歩きに出かけられません。
この時季によく花の咲く場所に優先的に行こうと思い、
愛知県と静岡県境の富幕山へ行ってきました。

富幕山は秋にはさまざまな花が咲いて
楽しませてくれます。

奥山方面からの歩きです。
登山口の有料駐車場近くに車を止めました。
e0293913_2324516.jpg


まず小さな低いピークを越えていきますが、
このピークが四等三角点「堀越」です。
この周辺にはいろいろな花が咲きます。
e0293913_233278.jpg


らくらくコースとはりきりコースの分岐点。
らくらくコースで登ります。
こちらのほうがいろいろな花が
見られる可能性が高いようです。
e0293913_23284376.jpg


はりきりコースとの合流点。
e0293913_2344120.jpg


林道を横切ります。
e0293913_235871.jpg


途中の展望台です。
e0293913_2354087.jpg


ここかから富士山らしき山が見えました。
雪が積もる冬には見栄えがしますが・・・。
e0293913_2362929.jpg


だらだらと登っていきます。
e0293913_237439.jpg

e0293913_2381064.jpg


まもなく頂上です。
e0293913_2383884.jpg


頂上には一等三角点「富巻山」があります。
e0293913_2394827.jpg


樹間から浜名湖が見えますが、
かすんではっきりとは見えません。
e0293913_23104880.jpg


この日は花の写真を撮ることに集中して
周りの景色を撮るのをよく忘れていました。

花の紹介をします。

マツムシソウ。
ここにはこれがあります。
見たい花の候補の第一です。
e0293913_23131995.jpg


ミカワマツムシソウ。
マツムシソウのこぢんまり版。
e0293913_23134194.jpg


ワレモコウ。
秋を代表する花だと思っています。
e0293913_23142141.jpg


オミナエシ。
だれもが知る秋の七草。
e0293913_23145842.jpg


オトコエシ。
e0293913_23152362.jpg


ヤクシソウ。
e0293913_2327562.jpg


ツリガネニンジン。
よそではもう終わっているはずですが、
ひと株だけ見かけました。
e0293913_23153454.jpg


アキノキリンソウ。
これも秋の代表の花と思っています。
e0293913_2316217.jpg


ヤマホトトギス。
毒々しいほどですが、形のユニークさで好きです。
e0293913_23163541.jpg


アケボノソウ。
名前も花の姿もすてきです。
e0293913_23165484.jpg


ヒヨドリバナ。
e0293913_2317817.jpg


オトギリソウ。
e0293913_2317253.jpg


シラヤマギクかな?
e0293913_23174583.jpg


コシオガマ。
こんなところで見かけるとは!
花を一輪だけ見ました。
e0293913_23175992.jpg


ゲンノショウコ。
e0293913_23183331.jpg


ガマズミの実。
e0293913_23185170.jpg


アサギマダラ。
結構近くまで寄ってくることがありますが、
今回はなかなか寄ってくれませんでした。
e0293913_23191873.jpg


ツルリンドウ。
e0293913_23203158.jpg


ツルニンジン。
別名ジイソブと言うそうです。
e0293913_23205041.jpg


他にも、アキノタムラソウ、ヤマハッカ、
スズカアザミ、ヤブマメなどを見ました。
メインのカメラを忘れてバカチョンで撮ったので
ピンぼけになってしまいました。

いろいろなめずらしい花が見られて
楽しい山歩きになりました。
[PR]
by harahira2 | 2016-10-04 23:00 | 弓張山系 | Comments(0)

晩春の富幕山の花


<続き>

途中で見た花を紹介します。
順不同です。

エビネ。
e0293913_22291416.jpg


キンラン。
たくさん群がっているところがありました。
e0293913_22303072.jpg


ギンラン。
居合わせた方にお聞きして知りました。
e0293913_22341874.jpg


ギンリョウソウ。
まだまだ立派でした。
e0293913_22322031.jpg


ホタルカズラ。
群がって咲いているところがありました。
e0293913_22344681.jpg


フデリンドウのようですが、
よくわかりませんでした。
それにしても、こんな場所で、
こんな時期に見られるとは!
近くを探し回りましたが、
他には見つかりませんでした。
e0293913_22354049.jpg


ガマズミ。
e0293913_22381684.jpg


ツクバネウツギ。
e0293913_2239543.jpg


ハナイカダ。
花が一枚の葉にいくつもついていました。
e0293913_22393088.jpg


ヤマツツジ。
登る途中でいっぱい咲いていて、
まるで別天地のようでした。
e0293913_22403336.jpg


オオバウマノスズクサ。
e0293913_22423652.jpg


スルガテンナンショウ。
e0293913_2243070.jpg


チゴユリ。
e0293913_22431925.jpg


ヤブデマリ。
よく伸びた枝にびっしり咲いていました。
e0293913_2244334.jpg


ヒメフタバラン。
これは花後のようです。
もう少し早く行けば・・・。
e0293913_22504987.jpg


さすが富幕山。
いろいろな花を楽しむことができました。
[PR]
by harahira2 | 2016-05-02 22:26 | 弓張山系 | Comments(0)

晩春の富幕山


同窓会の仕事にかかりっきりですが、
たまには遊びに出ようと思い、
思い切って1日空けて山歩きをしました。

ちょうど富幕山がおもしろそうな時期です。
風越峠から歩くことにしました。
風越峠の南側の山は大きく伐採していました。
e0293913_23252951.jpg


登り口です。
e0293913_2325426.jpg


はじめは少し急登がありますが、
じきに緩やかになります。
かなり整備されています。
e0293913_23265872.jpg


鞍部に出ました。
右方向に三角点があるようですが、
道らしきものが見あたりません。
またの機会にします。
e0293913_23282237.jpg


ここから登りが急になります。
e0293913_23293380.jpg


ところどころ木の階段が作ってあります。
e0293913_2331391.jpg


切り開かれて明るいところに出ました。
数年前まではもう少し展望がよかったのですが、
木がずいぶん伸びています。
しかし、この日は遠くはかすんでいました。
e0293913_2333322.jpg



ベンチのある場所に来ました。

何の変哲もないところで、
どうしてここにベンチがあるか不思議です。
e0293913_23332870.jpg



林道に出ました。
これから登っていくのに
「おつかれさまでした」は変ですね。
e0293913_2335353.jpg


少し林道を西に進むと
さらに登り口があります。
e0293913_23372569.jpg


このあたりは木の階段が新しい。
e0293913_23382785.jpg


またまた展望のある場所。
遠くをくっきり見たことがありませんが、
富士山はこっち方面ではないのかな?
e0293913_23385993.jpg



ヤマシャクヤク盗掘者への忠告。
こういう不埒な者がいるのはなげかわしい。
e0293913_2340714.jpg


またまたベンチ。
こちらはやや広々とした場所で気持ちがいい。
e0293913_23441698.jpg


ここからは浜名湖が見えるはずですが・・・。
e0293913_23453052.jpg


只木からとの合流点。
e0293913_2345581.jpg



林道を横切って石段を登ります。
e0293913_23465468.jpg


山頂に着きました。
e0293913_23475355.jpg


一等三角点「富巻山」があります。
e0293913_23482873.jpg


ここで昼休憩をして東の奥山方面に進みます。
e0293913_2355596.jpg


じきに展望台に出ます。
ここからは富士山が見えるはずですが、
この日はまったくかすんでいました。
e0293913_23571510.jpg


下って林道を横切ります。
e0293913_03424.jpg


はりきりコースとのんびりコースの分岐点。
のんびりコースで下ります。
e0293913_085165.jpg


じきに合流します。
振り返ったところです。
e0293913_0112931.jpg


以前あった遊園地のあと。
e0293913_0133414.jpg


四等三角点「堀越」。
e0293913_0171393.jpg


奥山からの登山口。
e0293913_0173339.jpg


このあと少し登り返して
林道を通って帰ってきました。
花の紹介は続きへ。

<続く>
[PR]
by harahira2 | 2016-05-02 21:16 | 弓張山系 | Comments(0)