<   2018年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

賀茂しょうぶ園の花しょうぶまつり


賀茂しょうぶ園の花しょうぶまつりを見て来ました。
満開まではまだ少しとのことでしたが、
見ると場所によってはすでに満開。
これからどんどん咲いてくるところもあり
かなり楽しめました。

駐車場は満車にはなってないけど
ほどほどに埋まっていました。
平日だというのになかなかの人出でした。

しょうぶ園の風景です。
西側から中央の赤い橋を見たところ。
e0293913_08213363.jpg
東側から橋を見る。
e0293913_08213909.jpg
さらに東の東屋方面。
e0293913_08214280.jpg
いろいろな品種の花を並べます。
品種名はとても覚えられません。
e0293913_08221093.jpg
e0293913_08220238.jpg
e0293913_08215940.jpg
e0293913_08220639.jpg
e0293913_08215522.jpg
e0293913_08215243.jpg
e0293913_08215097.jpg
全体として満開まではもう少しでしょう。
これから見ごろを迎えます。


[PR]
by harahira2 | 2018-05-29 21:15 | 地域 | Comments(0)

5月下旬の吉祥山


ひと月ぶりに吉祥山を訪ねました。
今回はいちばん東側のBコースからの登山です。

Bコース登山口。
e0293913_23023989.jpg
登山口にある案内図。
e0293913_23024354.jpg
今回は行程は完全省略です。

ヤブムラサキかな?
e0293913_23043773.jpg
ウツギ。
e0293913_23044110.jpg
反射板のところでササユリが群生していました。
つぼみがいっぱいなので
2,3日後には満開になりそうです。
e0293913_23045461.jpg
金網で囲まれているので入れませんが、
そのため保護されているというわけです。
e0293913_23044890.jpg
頂上ではチョウが飛び交っていました。
次の写真では小さすぎて見にくいですが
いろいろなチョウとハチが飛んでいました。
e0293913_23080388.jpg
キアゲハでしょうか。
e0293913_23050318.jpg
ツマグロヒョウモンでしょうか。
e0293913_23050719.jpg
アカタテハかな?
姿勢がどうなっているのかわかりませんが。
e0293913_23051010.jpg
ヒメウラナミジャノメかな?
e0293913_23051370.jpg
モンキアゲハ。
e0293913_23051646.jpg
多数飛んでいるのはガのようです。
これもちょっとわかりにくい。
e0293913_23050047.jpg
イボタノキにたくさんのチョウが寄っていました。
e0293913_23135725.jpg
ヤマボウシの大木。
ちょっと遠かったので実際には2本かもしれません。
ただし真ん中あたりはテイカカズラが巻き付いているよう。
e0293913_23134981.jpg
シライトソウ。
e0293913_23134613.jpg
スイカズラ。
指が4本そろっているような感じがおもしろい。
e0293913_23135403.jpg
タツナミソウ。
e0293913_23191582.jpg
思ったより花が多い吉祥山でした。


[PR]
by harahira2 | 2018-05-25 23:20 | 弓張山系 | Comments(0)

5月下旬の石巻山


石巻山に行って来ました。

石巻山は車で中腹まで行くことができ、
そこから20分ほどで頂上に着けるので
ちょっと時間ができたときなど手軽に登れます。
手軽なわりには東西南北がほぼすべて見渡せ、
山に登った感覚が持てるところです。

今回も行程は簡略にします。

石巻神社上社。
e0293913_09065976.jpg
石巻山城址の碑と解説板。
e0293913_09070330.jpg
奥の院。
e0293913_09070615.jpg
その横のこのしろ池
e0293913_09070935.jpg
蛇穴。すずしい風が吹き出していました。
e0293913_09071262.jpg
ダイダラボッチの足跡。
e0293913_09101943.jpg
頂上手前の鉄階段。
e0293913_09071651.jpg
頂上の岩場です。
e0293913_09072202.jpg
眼下に見える三ツ口池。
e0293913_09072854.jpg
本宮山が見えます。
e0293913_09073292.jpg
南の方の山の向こうに太平洋がうっすらと。
e0293913_09073573.jpg
花は多くないけど
ここでしか見られないものがあります。

バイカウツギ。満開です。
e0293913_09122360.jpg
イワシモツケ。
e0293913_09122643.jpg
ウリノキ。
e0293913_09123091.jpg
じっくりと景観を楽しんで来ました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-21 21:02 | 弓張山系 | Comments(0)

5月中旬の中宇利丸山


5月も中旬が終わろうとしています。
暑かったり寒かったりで、
体調も崩れがちですが、
むしろ元気をよそおって動き回るほうが
しゃきっとするので
意識的に山歩きに出かけます。

いろいろな山で花が端境期のような状態ですが
中宇利丸山はこの時期どうなっているか
見に行ってきました。

今回は行程は出しませんが、
途中の目立つ場所だけ載せます。

世界の桜の園の入口。
e0293913_09375656.jpg
途中の東屋。
e0293913_09380018.jpg
先週と比べるとずいぶんと空気が澄んでいます。
本宮山やら吉祥山が見えます。
e0293913_09380431.jpg
比丘尼城跡。
e0293913_09380725.jpg
愛の鐘。
e0293913_09381134.jpg
はげ地。
e0293913_09394244.jpg
見つけた花です。

ヤマツツジ。
e0293913_09382262.jpg
シライトソウ。
e0293913_09382753.jpg
シライトソウの群れ。
e0293913_09402731.jpg
ショウジョウバカマの花後。
花みたい。
e0293913_09404238.jpg
ツルアリドオシ。
e0293913_09383061.jpg
ガマズミ。
e0293913_09383631.jpg
シソバタツナミソウ。
e0293913_09384036.jpg
ノアザミ。
e0293913_09403328.jpg
シラン。
e0293913_09433580.jpg
ササユリ。
e0293913_09434760.jpg
イナモリソウ。
e0293913_09434356.jpg
ハルリンドウ。
e0293913_09435178.jpg
端境どころか、いろいろな花が見られました。





[PR]
by harahira2 | 2018-05-20 13:44 | 弓張山系 | Comments(0)

5月中旬の葦毛湿原


バイケイソウがそろそろ見ごろかなと
葦毛湿原に行って来ました。

いつもの湿原風景。
緑が濃くなりました。
e0293913_00020618.jpg
クロミノニシゴリがあちこちて咲いていました。
e0293913_00021218.jpg
よく見ると白い毛が美しい。
e0293913_00021557.jpg
イボタノキの花がにおいをぷんぷんさせていました。
e0293913_00023050.jpg
トキソウは株が30以上見られました。
e0293913_00021994.jpg
バイケイソウの群生。
e0293913_00025454.jpg
花はもう少しで満開です。
e0293913_00025722.jpg
ニョイスミレ。目立たないけどかわいい。
e0293913_00030925.jpg
タツナミソウもいい。
e0293913_00023338.jpg
ネジキの花は透明感があります。
e0293913_00022615.jpg
暑い日になりましたが、
楽しんで回れました。





[PR]
by harahira2 | 2018-05-17 22:34 | 葦毛湿原 | Comments(0)

5月の宇連山 下山と花

<続き>

下山です。
もと来た道を滝尾根分岐まで戻り、
西尾根を少し下り

e0293913_22235635.jpg
さらに滝沢分岐から
滝沢を下ります。
e0293913_22241408.jpg

延々とジグザグ降下が続きます。

e0293913_22242104.jpg

沢を何回か渡ります。

e0293913_22243363.jpg

こちらは通る人が少ないのか、
けっこう荒れているところがあります。

e0293913_22243760.jpg

下石の滝に到着です。
この滝は何段にもなっていて、
全長では68mあるそうです。
木に隠れて全体は見えません。

e0293913_22245051.jpg

沢づたいに下るところもあります。

e0293913_22265175.jpg

やっと道らしくなりました。

e0293913_22265518.jpg

休憩所まで来ました。

e0293913_22270701.jpg

かわせみ池。

e0293913_22271140.jpg

鶺鴒橋の横をすり抜けて
かえで展示林を通ります。

e0293913_22281472.jpg

レストハウス横まで戻りました。

ついでなのでキャンプ場を見ました。

e0293913_22292523.jpg

久しぶりの宇連山で疲れました。

花の紹介です。

モチツツジ。

e0293913_22295593.jpg

ウツギ。

e0293913_22295149.jpg

ニガナ。

e0293913_22295953.jpg

シロバナニガナ。

e0293913_22300303.jpg

ハナニガナ。

e0293913_22310314.jpg
コアジサイ。
e0293913_22303224.jpg

ギンラン。
ここで見るとはびっくりです。

e0293913_22300862.jpg

タチキランソウ。

e0293913_22301514.jpg

カキノハグサのつぼみ。

e0293913_22301155.jpg

ホソバシャクナゲは完全に終わっていました。

e0293913_22315485.jpg
それでも多くの花が見られました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-16 22:21 | その他 | Comments(0)

5月中旬の宇連山 山頂まで

県民の森から宇連山に登ってきました。
こちらから登るのは久しぶりです。

ホソバシャクナゲはもう終わっているはずですが、
以前にもっとあとで見たこともあり、
うまくいけば見られるかもしれません。


県民の森のモリトピアの入口。

e0293913_21560853.jpg
モリトピアの建物。
e0293913_21561164.jpg
こちらで案内地図を200円で買いました。
以前は無料の地図がありましたが、
今は要所の説明なども入ったパンフレットになっていました。

散策道の入口です。

e0293913_21561515.jpg

散策道を歩いて行きます。

e0293913_21561850.jpg

不動滝の手前の案内板です。
水源の森百選「愛知県民の森」となっています。

e0293913_21562175.jpg

不動滝です。
滝壺の水が濃い緑色です。

e0293913_21562464.jpg

不動滝の名の由来でしょうか。

鳥居があり、仏像がまつってあります。

e0293913_21562711.jpg
不動の左に大山主神、
右に水神と秋葉神社のようです。
e0293913_21563120.jpg

風穴方面との分岐点。
風穴からは東尾根に出られますが、
今回は真っ直ぐ進みます。

e0293913_21563550.jpg

緑と赤のカエデがありました。

e0293913_22014255.jpg

レストハウスのある大芝生広場。

e0293913_22014877.jpg

大津谷橋を渡って
県の木などの展示場を進みます。
ここをじっくり歩いてみたいと思うのですが
なかなかその余裕が持てません。

e0293913_22041977.jpg

鶺鴒橋の分岐点です。
「せきれい」と読める人はなかなかないでしょう。

e0293913_22015480.jpg
直進します。

渓谷がすてきです。この川は大津谷川です。

途中で川沿いの遊歩道を歩いてみました。
散策道の脇道になっています。

e0293913_22020159.jpg

炭焼き跡らしいものがありました。

e0293913_22020964.jpg

明治百年記念公園。
この県民の森は明治百年を記念して
昭和45年に開設されたそうです。

e0293913_22021371.jpg

橋の向こうにまたまた分岐です。
右に行くとスギ品種展示林ですが、
亀石の滝は左方向です。

e0293913_22072314.jpg
しばらく歩くと亀石の滝手前の休憩所です。
e0293913_22021807.jpg


さらに進むと亀石の滝です。
落差32mだそうです。
先日の雨のためでしょう、
かなりの水が流れ落ちていました。
これだけの水量を見るのは初めてです。

e0293913_22082950.jpg

ここから急登です。
ジグザグに折れながら上がっていきます。
上から登ってきた道を見たところ。

e0293913_22084264.jpg

上から見た亀石の滝。

e0293913_22084702.jpg

下石の滝への分岐点。

e0293913_22085121.jpg
さらに登ります。

シダの茂る道を登って行きます。

e0293913_22085533.jpg

滝尾根展望台です。

e0293913_22090079.jpg

ここからの展望ですが
どこが見えているのかわかりません。

e0293913_22090504.jpg

このシダ道が意外と長い。

e0293913_22091091.jpg

防火水槽の20番です。

e0293913_22103778.jpg

北尾根へトラバースする分岐点。
左が宇連山方向です。

e0293913_22111993.jpg

大きな岩がごろごろしたところ。

e0293913_22112593.jpg
滝尾根分岐に出ました。

e0293913_22113702.jpg
宇連山頂が見える並木道。
e0293913_22114186.jpg

北尾根との分岐点。

e0293913_22130833.jpg

この登山道でいちばん狭いところ。

e0293913_22150355.jpg
この付近からの眺望。
町が見えますが、
どこが見えているのやら。
e0293913_22151998.jpg

広い道になりました。

e0293913_22151191.jpg

棚山高原からの合流点。

e0293913_22152635.jpg

枯れたササやぶの間を進みます。

e0293913_22153162.jpg

途中の展望。
鳳来湖が見えます。

e0293913_22153630.jpg

けっこうな岩を越えて行きます。
よじ登るほどではありません。

e0293913_22173022.jpg
このササは枯れていません。
e0293913_22184765.jpg

頂上に到着です。

二等三角点「宇礼山」があります。
標高929mです。

e0293913_22194154.jpg

東に展望があります。
三ツ瀬明神山が見えます。

e0293913_22195200.jpg

東屋は壊れそうで
使用禁止になっていました。
ずっとこのままなのでしょうか。
いっそ撤去したらどうかと思いますね。

e0293913_22194753.jpg
<続く>


[PR]
by harahira2 | 2018-05-16 22:00 | その他 | Comments(0)

5月の富幕山の花たち


<続き>

富幕山で見た花たちです。
順不同です。

ヤマツツジ。
e0293913_19110005.jpg
モチツツジ。
e0293913_19110460.jpg
キンラン。
e0293913_19104220.jpg
ヤマサギソウ。
e0293913_19102736.jpg
アザミ。
e0293913_19101814.jpg
ウツギ。
e0293913_19102184.jpg
ギンリョウソウ。
e0293913_19101253.jpg
フタリシズカ。
e0293913_19103155.jpg
ハナイカダの実。
e0293913_19111678.jpg
エビネ。
e0293913_19100535.jpg
こちらもエビネ。
ちょっと種類がちがうかも。
e0293913_19100898.jpg
ジャケツイバラ。
e0293913_19100296.jpg
ウメガサソウ。
e0293913_19101550.jpg
時期的にちょうど盛りを過ぎたころで
それほど花は期待していなかったのですが
まずまず見られました。


[PR]
by harahira2 | 2018-05-11 22:47 | Comments(0)

5月の富幕山



久しぶりに富幕山に登ってきました。
今回は奥山登山口から山頂まで行って
北から陣座峠へ下りて
林道で帰って来ようという計画です。

登山口です。
e0293913_23123399.jpg
分岐がありますが直進します。
どちらに行っても
同じ所に出ます。
e0293913_23124229.jpg
小ピークがあります。
四等三角点「堀越」です。
e0293913_23124672.jpg
奥山高原遊園地のあと。
e0293913_23141851.jpg
はりきりコースとらくらくコースの分岐点です。
右のらくらくコースを行きます。
e0293913_23142289.jpg
らくらくコースのいいところは
この富士見峠があることです。
e0293913_23142685.jpg
富士山がうっすらと見えました。
写真だとわからないかな?
e0293913_23535006.jpg
分岐点に出ます。
直進は行き止まりなので、
左に登ります。
e0293913_23545062.jpg
はりきりコースとの合流点です。
右へ進みます。
e0293913_23545459.jpg
林道に出会います。
e0293913_23545944.jpg
この林道もおもしろいのですが、
今回はパスです。
e0293913_23550264.jpg
直進します。

e0293913_23550608.jpg
展望台に出ます。
展望台は「しばらく・・利用禁止」となっていますが、
「しばらく」が長すぎます。
e0293913_23551189.jpg
ここからも富士山が見えます。
e0293913_23551698.jpg
全体にゆったりと上がっていきますが、
この階段は少々きつい。
e0293913_23594255.jpg
「モミの木坂」と名づけている坂。
e0293913_00104896.jpg
林道に出ます。
すぐに頂上です。
e0293913_00120531.jpg
新しく展望台ができました。
ちょっと場所に合わないけど。
e0293913_00122687.jpg
周りの木々が成長して
眺望がなくなっていましたが、
このおかげでよく見えるようになりました。
まあ、よしとしますか。
しかし、途中の展望台を直してほしいですね。
浜松と浜名湖がよく見えます。
e0293913_00123605.jpg
e0293913_00163059.jpg
裏には中継塔があります。
e0293913_00123240.jpg
一等三角点「富巻山」です。
e0293913_00123019.jpg
ここから北へ向かいます。
中継所の横を抜けます。
e0293913_18565752.jpg
分岐がありますが真っ直ぐに進みます。
暗い森の中を行きます。
e0293913_18570183.jpg
西側の展望があるところに来ました。
左奥は本宮山のようですが、
他はどこが見えているのかわかりません。
e0293913_18570484.jpg
古びた案内標示があります。
e0293913_18570861.jpg
ときどき水玉模様の布が垂れています。
わかりやすいのでありがたいことです。
e0293913_18571148.jpg
この区間の最大の傾斜を下ったところ。
わかりにくいけど上を見ています。
以前ここを登ったときは
もう2度とここは通りたくないと思いました。
ただし、脇にジグザグ道があります。
e0293913_18571424.jpg
東の展望がある鉄塔横。
新東名が見えています。
e0293913_18571751.jpg
木の葉の色が明るくなってきました。
e0293913_18572174.jpg
林道への出口です。
e0293913_18574084.jpg
林道に下り立ったところ。
e0293913_19070193.jpg
あとは林道を登山口まで戻りました。
e0293913_19070768.jpg
<以下花の紹介に続く>




[PR]
by harahira2 | 2018-05-11 22:07 | 弓張山系 | Comments(0)

春の岩屋緑地


用事で外出したおりに
時間があまったので
岩屋緑地周辺を散策してきました。

岩屋山北の駐車場から出発。
飯村の旧東海道を西に進みます。
ただし、昔の街道の面影はありません。
枯れた松の木を新しく植えています。
e0293913_19470037.jpg
途中からせまい道を南に下ります。
岩屋山が東に見えます。
e0293913_19470402.jpg
グリーンスポーツセンターの入口。
e0293913_19470704.jpg
グリーンスポーツセンターは
入るだけは無料です。
テニスコートなどを借りようとすると
料金がかかります。
閑散としています。
e0293913_19471016.jpg
e0293913_19471302.jpg
e0293913_19471659.jpg
横に出て岩屋古道を登ります。
e0293913_19471867.jpg
すぐに稲荷社前に出ます。
e0293913_19472136.jpg
この前から岩屋観音が見えます。
e0293913_19472599.jpg
岩場を登ります。
観音のすぐ横に出ました。
e0293913_19472813.jpg
観音横からの風景。
二川から東をながめます。
e0293913_19513748.jpg
北西に本宮山が見えました。
e0293913_19514239.jpg
東に大蔵山が見えます。
e0293913_19514552.jpg
ここは大岩の上なので
直下に寺の屋根が見えます。
e0293913_19514094.jpg
西側から下ります。
e0293913_19514937.jpg
岩屋があります。
e0293913_19515294.jpg
岩屋堂。
e0293913_19515571.jpg
岩屋観音の由緒。
e0293913_19515966.jpg
崖下から見上げた岩屋観音。
e0293913_19552884.jpg
ここから脇に出て
昔アスレチックがあったところを登ります。
現在はまったくなにもありません。
e0293913_19553217.jpg
大蔵山の頂上付近に出ました。
e0293913_19553530.jpg
3階建ての展望台があります。
e0293913_19553883.jpg
展望台から見た風景。

すぐとなりの東山。
e0293913_19554290.jpg
北の赤岩尾根。
e0293913_19554574.jpg
西の豊橋市街。
e0293913_19554827.jpg
田原の山々。
e0293913_19555202.jpg
すぐとなりの冒険とりで。
大人には遊べませんが、
子どもにはおもしろいでしょう。
e0293913_20015069.jpg
ここから北側に下りました。
e0293913_20015368.jpg
駐車場のすぐ近くに
案内マップがありました。
岩屋緑地はかなり広いので
全部回ると半日ぐらいはかかるでしょう。
e0293913_20015703.jpg
駐車場に着きました。
e0293913_20020001.jpg
岩屋緑地は1時間から
2時間の散歩にはもってこいです。
いい散歩になりました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-10 20:42 | 弓張山系 | Comments(0)