<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月初旬の石巻山周辺の花


石巻山周辺を見て回ってきました。
見つけた花を紹介します。

イヌショウマ。

e0293913_23461688.jpg
キンミズヒキ。
e0293913_23444990.jpg
クサノオウ。
まだ咲いているなんて!
どういうことでしょう。
e0293913_23461055.jpg
クサボタン。
ここでしか見られません。
e0293913_23463631.jpg
カワミドリ。
e0293913_23463161.jpg
アキノタムラソウ。
e0293913_23450822.jpg
スズカアザミ。
e0293913_23450317.jpg
ゲンノショウコ。
e0293913_23445213.jpg
ピンクのゲンノショウコ。
ここでは初めて見ました。
感激です。
e0293913_23445631.jpg
ナンテンハギ。
e0293913_23504340.jpg
ヤクシソウ。
e0293913_23504819.jpg
体調が十分でなく
距離は控えめに歩きましたが、
たくさんの花が見られました。



[PR]
by harahira2 | 2017-10-09 23:42 | 弓張山系 | Comments(0)

岩古谷山登山


岩古谷山に登ってきました。
岩古谷山は東海自然歩道の
3大難所のひとつと言われるそうです。
しかし、ふもとからの距離も短く、
階段やロープがあって
それほど難しいわけではありません。

和市の登山口です。

e0293913_16395903.jpg
道標があります。
e0293913_16403876.jpg

昔から続く山道のようです。
石垣がたくさん組んであります。

e0293913_16405448.jpg

民家の横を通っていきます。
裏には墓がずらりと並んでいます。

e0293913_16405962.jpg

道標があります。
田口へ抜ける方向がへんですが。

e0293913_16410325.jpg
森に入っていきます。
e0293913_16410710.jpg

便所がありますが、
とても使う気にはならないくらいさびれています。

e0293913_16411145.jpg

林道を横切ります。

e0293913_16411584.jpg

静かな林間を進みます。

道標とベンチがありました。
まだ行程ははじまったばかりです。

e0293913_16445962.jpg
道はよく整備されています。
小枝などを掃いてきれいにした道です。

道を整備してくれている方がいました。
こつこつと少しずつやってくださっているようです。
頭が下がります。
「最近はヒルが多いので気をつけて」
と教えてくれました。

e0293913_16454226.jpg

木の橋を渡りました。

e0293913_16454962.jpg

十三曲がりの始まりです。
文字通り13回曲がって登っていきます。

e0293913_16455205.jpg

ヒルについての注意書きがありました。
その向こうに一曲がりの標柱。

e0293913_16460083.jpg
これもありがたいです。
e0293913_16461668.jpg

曲がりはこのような標示があって
何番目かがわかります。
以下省略。

e0293913_16492116.jpg

それほど傾斜はきつくありません。

e0293913_16495588.jpg

でかい岩が出てきました。

e0293913_16503265.jpg
堤石峠に出ました。
e0293913_16503785.jpg
かつては田口と黒倉をつなぐ
唯一の道路だったようです。
e0293913_16505467.jpg
e0293913_16505087.jpg
いまはトンネルができたので
日常の交通には使われなくなりました。

岩古谷山へは右へ曲がりますが、
時間はたっぷりあるので
以前来たときに気になっていた
左のピークを目指してみることにしました。

左に折れてすぐに展望のよいところがありました。
明神山が近くに見えます。

e0293913_16523466.jpg

このピークです。
かなり険しそうですねえ・・・。

e0293913_16524025.jpg

本当に険しかったです。

足もと注意の標示。

e0293913_16543371.jpg

岩の横からおそらく和市の集落。
とにかくこんな傾斜です。
ときどきよい展望があるのがうれしい。

e0293913_16544799.jpg

ずいぶん薄くなっていますが、
「平山明神山へ7000m80分」
と書かれているかとびっくり。
2000mの読み間違えでしょうね。

e0293913_16550902.jpg

たまにロープがついているところもありますが、
つかまるところがうまく見つからないところもあります。
慎重に慎重に登ります。
よじ登るのに一生懸命で写真など撮ってられません。

何とかピークらしいところ来ました。

e0293913_16553709.jpg
隣にさらに高いピークが見えました。
e0293913_16554136.jpg
もう少し行ってみたいところですが、
地形図を見るとまた同じくらいの険しさです。
登るのはともかく降りるのはつらそうです。
目的地変更も含めて迷いましたが、
結局堤石峠に戻ることにしました。


おりるほうが時間がかかってしまいました。

再度堤石峠に戻ってきました。

e0293913_17001228.jpg
e0293913_17001731.jpg
大阪まで606キロ。すごい標示ですね。
e0293913_17003161.jpg

木の根がものすごくからまっています。

e0293913_17021748.jpg

傾斜はそれほどありません。

e0293913_17025101.jpg

階段に行き当たりました。

e0293913_17025865.jpg
階段がなければちょっと降りられないでしょう。
e0293913_17030204.jpg

階段をおりたあとにはものすごい岸壁が待っています。
道は迂回して崖の縁を登っています。

e0293913_17031323.jpg

注意書きです。
その向こうに鉄はしご。

e0293913_17032582.jpg
垂直ではないけど、それに近い。
e0293913_17033619.jpg

鉄はしごを登り切ると今度は橋です。
右側は当然絶壁です。
この橋の強度は大丈夫なんでしょうか。
こわい!

e0293913_17063887.jpg

さっき登ったピークがあんなに切り立っている!
右側から登ったと思いますが・・・。

e0293913_17102088.jpg

まだまだ橋があります。

振り返ってもこわい。

e0293913_17070069.jpg

ここも左右が切り立っています。

e0293913_17071061.jpg

これは支柱がぐらついているようです。
ほかのは大丈夫?

e0293913_17072275.jpg

平山明神山が見えました。

e0293913_17073273.jpg

通り道が左にかたむいているので、
右に寄って進みます。
ワイヤーがなかったら来ません。

e0293913_17083196.jpg

展望はすばらしいのです。
おそらく南アルプス方面でしょう。

e0293913_17170172.jpg
最後の橋。
これは恐くないけど、
橋がなかったら登れません。
e0293913_17134029.jpg

左側は絶壁なのに、
ワイヤーがなくなっています。
ここも右に寄って歩きます。

e0293913_17135028.jpg

展望のよい岩場に来ました。

e0293913_17135543.jpg

明神山が見えます。

e0293913_17151444.jpg

宇連山のようです。

e0293913_17140075.jpg

「まもなく岩古谷」の案内。
向こうにトイレが見えます。

e0293913_17183517.jpg

しかし、トイレは底が抜けそうで
とても使えません。

e0293913_17222585.jpg

ベンチがいくつもあって休めます。
何かの建物があったようです。

e0293913_17185276.jpg


東海自然歩道の案内看板。

e0293913_17185577.jpg

ここは下山路の分岐点になっています。

e0293913_17191709.jpg
岩古谷山の標柱ですが、
山頂は別のところです。
e0293913_17190803.jpg

またしても展望岩場。
ここも絶壁の上。

e0293913_17195717.jpg

さらに進みます。
左側に階段があり鞍掛山方面に行けるようです。

e0293913_17261143.jpg
またいずれ歩いてみようと思います。

真の山頂です。

e0293913_17202123.jpg
上から和市の集落が見えます。
まるで箱庭を見ているようです。
e0293913_17205710.jpg

鹿島山と大鈴山です。

e0293913_17210123.jpg

これは鞍掛山か棚山方面か?

e0293913_17203727.jpg

ベンチ場まで戻って下山です。

下山路は距離が短いようで急ですが、
難所はあまりありません。

e0293913_17304432.jpg

この割れ目は割岩というんだそうです。

e0293913_17310441.jpg

かなり長い鎖で岩場を降ります。
鎖がなくてもなんとか
降りられるぐらいの傾斜です。
高さはどのくらいぐらいあるのかな?

e0293913_17312817.jpg

迂回はできます。

e0293913_17313919.jpg

古びて今にも壊れそうですが
おもむきのある東屋です。
岩の突端に建っています。

e0293913_17344874.jpg
このすぐ下からも和市の集落が見えます。
e0293913_17350556.jpg
コンクリートの階段を降りていきます。
e0293913_17351454.jpg
猿渡橋と読むんでしょうか。
e0293913_17364006.jpg
側面には猿すべりと書かれています。
e0293913_17364958.jpg

この橋(階段)は下がまるきり中空です。
通り過ぎてから恐ろしくなります。

e0293913_17374010.jpg

すごい切り立った岩山です。
木が生えてなかったら桂林の岩を思い浮かべそうです。
これこそ剣岩とつけてもよいような岩ですね。
名前がついていてもいいと思いますが・・・。

e0293913_17365824.jpg

ベンチがあります。

e0293913_17363615.jpg

かなり急な階段を長々と降ります。
こちらから登るのはたいへんだ。

e0293913_17393573.jpg

岩の間をくぐるところです。
この岩も名前がついていてもいいと思います。

e0293913_17394741.jpg
e0293913_17395297.jpg

お堂のようなところに着きました。

e0293913_17413597.jpg

この横が男滝と女滝です。

e0293913_17400917.jpg
それこそすぐ隣にならんでいます。
e0293913_17402071.jpg

落差は30mぐらいかな?

パラパラと水が落ちるという感じ。

e0293913_17401498.jpg

こうもり穴となっています。

e0293913_17433632.jpg
役行者でしょうか。
e0293913_17434235.jpg
弘法大師のよう。
e0293913_17434809.jpg

立派なパイプ手すりのついた階段をおります。

e0293913_17435316.jpg

本来の登山道はここではないのでしょう。
堤石トンネルができたとき
登山道をつぶしたので迂回している感じです。

堤石トンネル手前に出ました。

e0293913_17440260.jpg

県道を通って和市まで10分ほどです。
久しぶりの岩古谷山登山でした。
もっと早くスタートして
さらにいろいろと回ってみたくなりました。

しかし、朝から風邪気味のようだったので、
今日は簡単にしておこうと思っていたのに
結局寄り道をして疲れてしまいました。
無理はいけませんね。





[PR]
by harahira2 | 2017-10-04 22:37 | その他 | Comments(0)

10月初めの葦毛湿原

このところやや手間のかかる仕事にかかっていて
なかなか葦毛湿原を訪ねられませんでした。
というのも、時間がたっぷりあるときは
1日山歩きに行ってしまうからです。

今日は久しぶりの雨予報だったので、
こういうときこそ葦毛湿原へ
ということで行って来ました。

いつもの入口です。
e0293913_22382230.jpg
葦毛湿原の風景。
e0293913_22382675.jpg
天の川のようなシラタマホシクサ。
e0293913_22384283.jpg
よく密集しているところ。
e0293913_22383351.jpg
シラタマホシクサのアップ。
e0293913_22383002.jpg
サワギキョウが全盛でした。
e0293913_22385456.jpg
これだけ咲くのは初めて見るかな?
e0293913_22385875.jpg
スイランも咲き始めました。
e0293913_22470468.jpg
ワレモコウ。
e0293913_22471033.jpg
イワショウブ。
e0293913_22385038.jpg
キセルアザミ。
e0293913_22471585.jpg
タムラソウ。
e0293913_23050981.jpg
サワシロギク。
e0293913_23065322.jpg
ミミカキグサがいっぱい。
e0293913_22384603.jpg
サワヒヨドリ。
e0293913_23063815.jpg
ウメモドキ。
e0293913_23052490.jpg
シュロソウ。
e0293913_23052056.jpg
ミゾソバ。
e0293913_23052904.jpg
久しぶりの葦毛湿原でした。
雨が降る前にじっくりと見ることができました。





[PR]
by harahira2 | 2017-10-02 22:58 | 葦毛湿原 | Comments(0)