<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

葦毛湿原夏への動き


先日葦毛湿原でモウセンゴケなどの花が咲いたのに
ピンぼけの写真しか撮れなかったので、
再挑戦で湿原を訪問しました。

モウセンゴケ。
e0293913_9352460.jpg


トウカイコモウセンゴケ。
e0293913_936429.jpg

レンズの選択を間違えていますね。

ノハナショウブ。
e0293913_9381012.jpg


カキラン。
e0293913_9373847.jpg


ハンカイソウ、トキソウも見られましたが、
もうずいぶんと元気がなくなっていました。
湿原は夏に向かってます。
[PR]
by harahira2 | 2016-05-31 21:31 | 葦毛湿原 | Comments(0)

葦毛湿原周辺のバイケイソウ


そろそろバイケイソウが花盛りかなと思い、
葦毛湿原とその周辺を回ってきました。
あまり人に知られてない場所も行ってみました。

ニョイスミレでしょうね。
e0293913_004445.jpg


トキソウはもう盛りを過ぎていました。
e0293913_0111573.jpg


クロミノニシゴリがあちこちで花をつけています。
これも一番の盛りは2週間ぐらい前でした。
e0293913_075551.jpg


トウカイコモウセンゴケが花を開き始めました。
木道からうまく撮れなかったので、
近日中に再挑戦します。
e0293913_012525.jpg


こちらはただのモウセンゴケ。
こちらもピンぼけです。
e0293913_0122227.jpg


バイケイソウが咲き始めていました。
ミカワバイケイソウのような美しさはありませんが、
花が大きいので見応えがあります。
e0293913_0124824.jpg

e0293913_01368.jpg


ハンカイソウが満開です。
あざやかですね。
e0293913_0132786.jpg

e0293913_0133823.jpg


トンボがいろいろと出てきました。

ムカシヤンマのようです。
e0293913_0161397.jpg


サナエトンボの仲間ですね。コサナエかな?
e0293913_0175095.jpg


ショウジョウトンボです。
全身真っ赤。
e0293913_0185028.jpg


シオカラトンボやイトトンボも見かけましたが、
近くに止まってくれませんでした。
[PR]
by harahira2 | 2016-05-25 23:30 | 葦毛湿原 | Comments(0)

春の吉祥山麓


少々忙しい日々を送っていたのですが、
そろそろ吉祥山麓の春が楽しめそうだと
車でところどころ止まりながら回ってきました。
今回はふつうによく見られる野の花を中心に紹介します。
写真は順不同です。

ブタナの群生。
e0293913_21424024.jpg


ニワゼキショウの群生。
e0293913_21432313.jpg

ニワゼキショウはたいてい2つの色が同じ場所で見られます。
不思議です。
e0293913_21443280.jpg


コケリンドウ。
かわいらしい花です。
気をつけて見ないと見つかりません。
e0293913_2142510.jpg


ふつうのスミレとちょっと違うような感じですが・・・。
ノジスミレにしては時期が遅いし、
ヒメスミレにしては大きい。
e0293913_21464447.jpg


こちらのスミレは花の色がかなり赤みを帯びています。
e0293913_21481861.jpg


オニタビラコ。
e0293913_22104826.jpg


ニガナ。
e0293913_21502396.jpg


ヒメコバンソウ。
e0293913_22155291.jpg


オオバコのようだが、やけに毛が目立つ。
e0293913_2151320.jpg


ムラサキサギゴケ。
e0293913_21522389.jpg


イヌガラシ。
e0293913_21524222.jpg


タンポポ。たぶんトウカイタンポポ。
e0293913_2153946.jpg


ミツバツチグリ。
e0293913_2154144.jpg


コナスビ。
e0293913_2155537.jpg


ソクシンラン。
e0293913_21554166.jpg


タツナミソウ。
e0293913_21561712.jpg


ムラサキカタバミ。
これだけきれいなピンクはなかなか見られません。
e0293913_21565061.jpg


ノイバラ。
e0293913_2158670.jpg


ジャケツイバラ。
e0293913_21583834.jpg

アップも撮れました。
e0293913_2159521.jpg


ノミノフスマ。
e0293913_21592224.jpg


ヤマツツジ。
e0293913_21595581.jpg


マツバウンラン。
e0293913_2202650.jpg


アカバナユウゲショウ。
e0293913_2205734.jpg


ニョイスミレ。
e0293913_2224031.jpg


カキドオシ。
e0293913_2232117.jpg


フタリシズカ。
e0293913_2243234.jpg


ハナイカダ。
e0293913_225242.jpg


これは何の花?
セリ科の花のようです。
e0293913_2255166.jpg


ノアザミ。
e0293913_2261853.jpg


コウゾリナ。
e0293913_2271234.jpg


ナワシロイチゴ。
e0293913_2274724.jpg


これも何の花かわかりません。
e0293913_2282554.jpg


オオジシバリ。
e0293913_2294721.jpg


最後に、「竹の秋」
竹は春に枯れ葉を落とします。
e0293913_22114264.jpg


車で駆け足の野草巡りとなりました。
多くの花を見られて満足です。
[PR]
by harahira2 | 2016-05-06 21:37 | 弓張山系 | Comments(0)

晩春の富幕山の花


<続き>

途中で見た花を紹介します。
順不同です。

エビネ。
e0293913_22291416.jpg


キンラン。
たくさん群がっているところがありました。
e0293913_22303072.jpg


ギンラン。
居合わせた方にお聞きして知りました。
e0293913_22341874.jpg


ギンリョウソウ。
まだまだ立派でした。
e0293913_22322031.jpg


ホタルカズラ。
群がって咲いているところがありました。
e0293913_22344681.jpg


フデリンドウのようですが、
よくわかりませんでした。
それにしても、こんな場所で、
こんな時期に見られるとは!
近くを探し回りましたが、
他には見つかりませんでした。
e0293913_22354049.jpg


ガマズミ。
e0293913_22381684.jpg


ツクバネウツギ。
e0293913_2239543.jpg


ハナイカダ。
花が一枚の葉にいくつもついていました。
e0293913_22393088.jpg


ヤマツツジ。
登る途中でいっぱい咲いていて、
まるで別天地のようでした。
e0293913_22403336.jpg


オオバウマノスズクサ。
e0293913_22423652.jpg


スルガテンナンショウ。
e0293913_2243070.jpg


チゴユリ。
e0293913_22431925.jpg


ヤブデマリ。
よく伸びた枝にびっしり咲いていました。
e0293913_2244334.jpg


ヒメフタバラン。
これは花後のようです。
もう少し早く行けば・・・。
e0293913_22504987.jpg


さすが富幕山。
いろいろな花を楽しむことができました。
[PR]
by harahira2 | 2016-05-02 22:26 | 弓張山系 | Comments(0)

晩春の富幕山


同窓会の仕事にかかりっきりですが、
たまには遊びに出ようと思い、
思い切って1日空けて山歩きをしました。

ちょうど富幕山がおもしろそうな時期です。
風越峠から歩くことにしました。
風越峠の南側の山は大きく伐採していました。
e0293913_23252951.jpg


登り口です。
e0293913_2325426.jpg


はじめは少し急登がありますが、
じきに緩やかになります。
かなり整備されています。
e0293913_23265872.jpg


鞍部に出ました。
右方向に三角点があるようですが、
道らしきものが見あたりません。
またの機会にします。
e0293913_23282237.jpg


ここから登りが急になります。
e0293913_23293380.jpg


ところどころ木の階段が作ってあります。
e0293913_2331391.jpg


切り開かれて明るいところに出ました。
数年前まではもう少し展望がよかったのですが、
木がずいぶん伸びています。
しかし、この日は遠くはかすんでいました。
e0293913_2333322.jpg



ベンチのある場所に来ました。

何の変哲もないところで、
どうしてここにベンチがあるか不思議です。
e0293913_23332870.jpg



林道に出ました。
これから登っていくのに
「おつかれさまでした」は変ですね。
e0293913_2335353.jpg


少し林道を西に進むと
さらに登り口があります。
e0293913_23372569.jpg


このあたりは木の階段が新しい。
e0293913_23382785.jpg


またまた展望のある場所。
遠くをくっきり見たことがありませんが、
富士山はこっち方面ではないのかな?
e0293913_23385993.jpg



ヤマシャクヤク盗掘者への忠告。
こういう不埒な者がいるのはなげかわしい。
e0293913_2340714.jpg


またまたベンチ。
こちらはやや広々とした場所で気持ちがいい。
e0293913_23441698.jpg


ここからは浜名湖が見えるはずですが・・・。
e0293913_23453052.jpg


只木からとの合流点。
e0293913_2345581.jpg



林道を横切って石段を登ります。
e0293913_23465468.jpg


山頂に着きました。
e0293913_23475355.jpg


一等三角点「富巻山」があります。
e0293913_23482873.jpg


ここで昼休憩をして東の奥山方面に進みます。
e0293913_2355596.jpg


じきに展望台に出ます。
ここからは富士山が見えるはずですが、
この日はまったくかすんでいました。
e0293913_23571510.jpg


下って林道を横切ります。
e0293913_03424.jpg


はりきりコースとのんびりコースの分岐点。
のんびりコースで下ります。
e0293913_085165.jpg


じきに合流します。
振り返ったところです。
e0293913_0112931.jpg


以前あった遊園地のあと。
e0293913_0133414.jpg


四等三角点「堀越」。
e0293913_0171393.jpg


奥山からの登山口。
e0293913_0173339.jpg


このあと少し登り返して
林道を通って帰ってきました。
花の紹介は続きへ。

<続く>
[PR]
by harahira2 | 2016-05-02 21:16 | 弓張山系 | Comments(0)