<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

岩崎南山の春


葦毛湿原から入り、岩崎南山を歩いてきました。
岩崎南山は葦毛湿原の南に位置する山並です。
稜線までが南山という字名になっています。

葦毛湿原への小径ではウグイスカグラが咲いていました。
直径1センチくらいのかわいらしい花です。
アップにするとかわいらしさがわかりにくいですね。
e0293913_9495862.jpg

今年はにぎやかに咲いています。
e0293913_950251.jpg


フモトスミレは小さくて目立ちませんが、
たくさん咲き始めました。
小さなチョウが舞っているようです。
e0293913_9511162.jpg


タチツボスミレが満開です。
e0293913_9585195.jpg

重なった花びらが透けているのがすてきです。
e0293913_9514925.jpg


葦毛湿原ではハルリンドウが咲き乱れていました。
枯れ草の中で青い星がきらめくようです。
e0293913_9521340.jpg

e0293913_9531545.jpg

色ちがいもあります。何の差でこうなるのでしょう。
不思議ですね。
e0293913_9532926.jpg


ショウジョウバカマも満開です。
e0293913_954147.jpg


白っぽいショウジョウバカマ。
e0293913_9542731.jpg


山中ではミツバツツジが咲き始めました。
あざやかなピンクが目をひきます。
e0293913_9544461.jpg


ヤマツツジは咲き始めなのにもうしおれ始めているようです。
e0293913_9555979.jpg


カタクリも咲いてきました。
e0293913_9562482.jpg


コブシの木が見つかりました。
葦毛湿原の駐車場から白く見えたものです。
下から見ると木の葉の陰にかくれてなかなか見えません。
e0293913_9563971.jpg


シハイスミレのようです。
こんなにふちが白くなっているものでしょうか。
e0293913_9565619.jpg


ニオイタチツボスミレだと思います。
e0293913_9572775.jpg


シュンランです。
e0293913_9574020.jpg


ヤブツバキはもうずっと咲いています。
e0293913_9581212.jpg


春本番を迎えた岩崎南山です。
しばらくはすばらしい光景が楽しめることでしょう。
 
[PR]
by harahira2 | 2016-03-25 21:47 | 弓張山系 | Comments(0)

春が動き始めた葦毛周辺


葦毛湿原を訪れ、ついでに周辺の山を巡ってきました。

いつもの場所からの風景。
e0293913_1792567.jpg


葦毛湿原では立派に咲いたハルリンドウが
草のかげにやっと見えました。
e0293913_1743665.jpg


つぼみもたくさん出てきましたが、
本格的に咲き乱れるのは今月末でしょう。
e0293913_175040.jpg


ショウジョウバカマがたくさん出てきました。
湿原のなかではまだまだですが、
周辺でいくらか咲いています。

つぼみが大きくなってきたところ。
e0293913_1722186.jpg


つぼみが開き始めたところ。
e0293913_1732960.jpg


完全に開いたショウジョウバカマ。
e0293913_1735944.jpg


かなり白いショウジョウバカマもありました。
猩々(ショウジョウ)は元々空想の動物ですが、
顔や体毛が赤いのが特徴で、
そこからこのショウジョウバカマの名も付けられていますから、
白いショウジョウバカマってふしぎですね。
e0293913_1741923.jpg


周辺ではいろいろな花が咲き始めました。

たぶんシハイスミレ。
e0293913_1752754.jpg


タチツボスミレ。
e0293913_1755351.jpg


カタクリのつぼみ。
たぶんこれが一番早く咲く花。
e0293913_176203.jpg


バイケイソウの葉がにぎやかになりました。
e0293913_1763636.jpg


ヤブツバキ。
e0293913_1765653.jpg


ヤブコウジの花。
e0293913_1775862.jpg


ヤマツツジのつぼみも見ましたが
撮影を失敗しました。

シュンランのつぼみ。
e0293913_1782539.jpg


ヒロハノアマナ。
数株完全に開いていました。
e0293913_1785289.jpg


ヒサカキの花。
うっすらとしたピンクがかわいらしい。
e0293913_17123260.jpg


オタマジャクシがかえりました。
水温が低いのか、ほとんど動きません。
e0293913_17164825.jpg


本格的な春がまもなくやってきます。
[PR]
by harahira2 | 2016-03-11 20:13 | 葦毛湿原 | Comments(0)

境松・若宮遺跡発掘調査現地説明会


豊橋市の牟呂地区にある境松・若宮遺跡で
円墳が見つかったという新聞報道がありました。
古墳時代前期初頭で3世紀後半のものだそうです。
e0293913_15364922.jpg


牟呂地区はこの地方でも有数の遺跡が集まる地で、
大規模な貝塚や住居跡などがぞくぞくと発掘されています。

3世紀後半と言えば、
邪馬台国女王の卑弥呼がいたのが3世紀前半ですから、
そのすぐあとの時代ということになります。
卑弥呼のあとに倭の国が乱れたころ、
または、そのあとに王位についた台与(とよ)のころでしょうか。

この地域ではこの時代の古墳は方墳や前方後方墳がほとんどで、
円墳はきわめて珍しいということなので、
この時代に円墳が多く造られた近畿地方とのつながりを
考えるうえで意義深い遺跡ということです。

この時代の近畿地方といえば、
奈良にある箸墓古墳が卑弥呼の墓の可能性があるので
近畿地方とつながりが考えられるということは
卑弥呼とも何らかのつながりがあったのかもしれません。
歴史のロマンを感じさせてくれます。

午後から雨模様という天気予報からか
午前中に説明会への参加者が集中したようで、
すこし遅れていったら駐車場が満タンになっていました。
それで、しかたなく午後に再訪しました。

昼ごろにざあっと降った雨は上がり、
地面はほとんど濡れていませんでした。

円墳です。白い線が円墳の縁です。
e0293913_15362625.jpg

残念ながら上部は削り取られているようで、
石室などはありませんでした。
副葬品が残っていたらすごい発見があったかもしれませんね。

ここは環濠集落といって周りを濠で囲んでいたということです。
写真はその集落の中を区画する濠です。
狭いながらも人が中にすっぽりと入るほどの深さです。
何のために掘られたものでしょう。
e0293913_1539560.jpg


大型の竪穴住居跡だそうです。
e0293913_15402055.jpg


今後も住居の移転が進むにつれて発掘も進んでいきます。
今回一部しか見られなかったものが
次第に全容を現してくると思うとわくわくします。
来年度以降の発掘に期待が高まります。

この遺跡付近は高台になっているのですが
区画整理のため今後数m掘り下げて
周りとの高低差を少なくするそうです。
つまり遺跡は全部取り払ってしまうということです。
海が近くて津波が心配されるこの場所では、
むしろ避難用の高台を設置する流れになっています。
この高台を避難場所として残しておくほうが
その流れに適っていると思うのですが、
もう計画はあともどりできないのでしょうね。

この説明会のあと周辺の遺跡について説明がありました。

古代に豊川を越える渡しを志香須賀の渡しといい、
竹藪の向こう側に川の東側の渡し場があったといいます。
e0293913_15415967.jpg

以前発掘調査のあったところが竹藪の根本の高さで、
現在は掘り取られています。
ゆくゆくこちらも発掘を行うそうで、
渡しの痕跡が見つかるかもしれません。

近くにある三ッ山古墳です。
全長36mの前方後円墳で、
2つある石室のうち1つは未盗掘のままで、
副葬品が多く出土したようです。
5世紀後半の古墳ということで、
今回の円墳との関連はわからないということです。
残念ながら児童公園になっていて、
斜面は滑り台のようになって雰囲気を壊しています。
e0293913_15435182.jpg


三ッ山古墳の隣に現場作業所があり、
土器洗いや接合の体験をさせてくれました。

希望者が楽しそうに体験していました。
なかなかおもしろい企画ですね。
e0293913_15441610.jpg

e0293913_15442862.jpg


体験を組み込む新しい試みがあり
楽しい発掘調査説明会でした。
[PR]
by harahira2 | 2016-03-06 21:33 | 歴史 | Comments(0)

ハルリンドウ開花


葦毛湿原でハルリンドウが開花しました。

2月のはじめごろから
そろそろハルリンドウが開くのではと
ちょくちょく葦毛湿原に行っていましたが、
つぼみや半開きで、完全に開いたものに出会えませんでした。
出会ったかたには、「何日か前開いたのを見たよ」と聞くのですが、
タイミングが悪かったようです。

葦毛湿原でやっと出会えた今年のハルリンドウです。
e0293913_965462.jpg


湿原の入り口ケルンの近くに
タチツボスミレらしき花が咲いていました。
e0293913_975319.jpg


湿原の風景。まだ枯れ草が優勢ですが、
まもなく新緑が美しい季節になります。
e0293913_993380.jpg

[PR]
by harahira2 | 2016-03-02 20:58 | 葦毛湿原 | Comments(0)