<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミスミソウ


新城へミスミソウを見に行ってきました。
ここのミスミソウは白が基調ですが、ピンクがかったものもあります。
今回見た中にははっきりしたピンクの花もありました。
e0293913_1321828.jpg

e0293913_1362252.jpg

e0293913_1363551.jpg

今年も美しい姿が見られてうれしくなりました。
しかし、去年見られたところに見られなくなっていて、
絶えてしまうのではないかと心配になります。
[PR]
by harahira2 | 2016-02-22 20:59 | 弓張山系 | Comments(2)

セツブンソウとセリバオウレン


セツブンソウが2月初旬に咲くということを失念していました。
あわててセツブンソウを見に行ってきました。

新城の石雲寺です。
e0293913_11222956.jpg


もう終わっているかと心配しましたが、なんとか残っていました。
しかし、終盤で、びっしりというわけにはいきません。
e0293913_11182342.jpg

e0293913_11183572.jpg


ついでに近くのセリバオウレンも見てきました。
すきとおっているような姿がかわいい花ですね。
e0293913_11192160.jpg

e0293913_11193973.jpg


じっくりと見ているひまがありませんでしたが、
今年も見られたのでほっとしました。
[PR]
by harahira2 | 2016-02-16 21:12 | 地域 | Comments(0)

中山自然歩道から日照山


しばらく中山自然歩道を歩いていなかったのと、
この付近の脇道で歩いてないところがあったので、
ついでに平尾山方面に足を伸ばして
南アルプスや富士山を見てみようと思いました。
しかし・・・、
結局平尾山には行けずじまいでした。

中山自然歩道は途中が大沢林道となっています。
ゲート手前から歩き始めました。
すぐ横に道標「ナ4」があります。
e0293913_16495196.jpg

e0293913_16502119.jpg


大沢第2林道との分岐点
道標「ナ5」があります。
e0293913_16514192.jpg


道標「ナ6」です。
e0293913_1653917.jpg


道標「ナ7」です。
林道の支線が左に分かれています。
e0293913_16533363.jpg


道標「ナ8」です。
林道はここまでで山道に入っていきます。
e0293913_16535911.jpg


このあたりは坂が急になっています。
右側におむすびのような岩があります。
e0293913_16541916.jpg


道標「ナ9」です。小さな沢を横切ります。
e0293913_16545894.jpg


アオキの茂る細くなっている道ですが、
本来はもっと広かった道です。
e0293913_16552918.jpg


道標「ナ10」です。
ここで自然歩道は曲がっていますが、
直進方向に細い道が出ています。
今回はここを探ってみることにしました。
e0293913_16554921.jpg


踏み跡はしっかりしているのですが、
低木が茂っているところがあります。
ほとんど高低差のない横道です。
e0293913_16572162.jpg


炭焼き窯の跡がありました。
こんなところにも昔の人々の生活の痕跡があるんですね。
昔はここで焼いた炭を町に頻繁に運び出したことでしょう。
どんな人がどんな思いで焼いていたのか想像したくなります。
家はどこにあったのだろう。
家族は手伝っていたのでしょうか。
子どもはどうしていたのかな。
e0293913_16574824.jpg


踏み跡はしっかりしているのですが、
ところどころイズセンリョウや
枯れたコアジサイが道をふさいでいて
たいへん歩きにくくなっています。
e0293913_172722.jpg


やがて道を失いました。
見失っただけなのか本当にないのかよくわかりません。
次の写真は見失う直前です。
e0293913_173537.jpg


稜線は近いはずなので、強引に斜面を登ります。
e0293913_1744679.jpg


かすかな尾根状のところに踏み跡らしきものがありました。
e0293913_178121.jpg


やがて自然歩道に出ました。
e0293913_1773683.jpg


すぐ近くにタチツボスミレスミレでしょうか、咲いていました。
e0293913_17101329.jpg


東側を大規模に伐採した場所のすぐ近くでした。
e0293913_1791713.jpg


浜名湖が広々と見えます。
e0293913_171045100.jpg


すこし時間の余裕があるので、
このあたりのピークまで行ってみることにします。
本線の道標「ホ5」です。
e0293913_17133951.jpg


急な坂にさしかかります。
とらロープが張ってあって
つかまりながら登れるようになっています。
e0293913_1713037.jpg


宮標石がありました。
e0293913_17142396.jpg


大きく反り返ったスギです。
e0293913_17152353.jpg


道標「ホ6」
e0293913_1716538.jpg


四等三角点「三ツ岩」標高445mです。
e0293913_17185944.jpg


脇道への分岐点。
大沢第二林道に下りられます。
道標「ホ7」があります。
e0293913_17195094.jpg


道標「ホ8」
ここがこのあたりで一番高い地点です。
標高448m。
先ほどの三角点よりもわずかに高くなっています。
e0293913_17224153.jpg


当初の予定ではこのあたりまでで戻って
平尾山方面に行こうと思っていましたが、
ここから月ヶ谷尾根に進むことにしました。
月ヶ谷尾根は嵩山の北側にそびえる尾根で、
中山からは南になります。
地形図を見ると、ここから400mほど西に
南北につながる道が描かれています。
地形図では等高線を直角に横切っているので
ちょっと道になりそうもないところですが・・・。
探ってみるのはおもしろいと思いました。

この尾根は道がはっきりとしています。
e0293913_17253767.jpg


途中さらに脇道がありました。
送電線の保守用の道のようです。
e0293913_17265872.jpg


そちらに進んでみると、
以前通ったことのある林道に出ました。
e0293913_17274995.jpg


近くの鉄塔にもつながっています。
e0293913_17281777.jpg


三河湾が見えます。こんなところから見えるとは驚きです。
e0293913_17283565.jpg


月ヶ谷尾根に戻ってさらに西に進みます。
尾根上の鉄塔に出ました。
e0293913_17295427.jpg


本宮山が見えました。
e0293913_17301431.jpg


さらに西進します。道は狭くなります。
e0293913_17321729.jpg


とがった石を囲むように石を配置してありました。
なにかの目印にしたようです。
この近くにもかなり薄い踏み跡があるので
分岐点のしるしかもしれません。
いずれ歩いてみたいと思います。
e0293913_17313550.jpg


地形図の道はもう少し西のようですが
それらしきものは見つかりません。
ただし南方向に薄い尾根が延びていて
こちらに進めるかもしれません。

ここまで来たらついでです。
を繰り返しながら、さらに進みます。
日照山まで行きました。
日照山は展望があるわけでもない山ですが、
柱のような岩の上に石が積み重ねられ
ケルンになっています。
以前来たときとはちがっているような。
だれが積んだのでしょう。
e0293913_1736421.jpg


ここからすぐ近くの正宗寺山と、
三角点「月ヶ谷」まで行ってみたいところですが、
記憶ではかなりの岩と薮なのでまたの機会にします。

本線から足を伸ばしたせいで
平尾山まで行く時間はなくなってしまいました。
本線まで戻って帰ることにしました。

道標「ホ4」
e0293913_17405822.jpg


道標「ホ3」
e0293913_17415389.jpg


道標「ホ2」傘モミの標示になっています。
e0293913_17433346.jpg


道標「ホ1」のある中山峠に着いたときは
4時をすぎていました。、
e0293913_1745971.jpg

e0293913_1738960.jpg


あとは中山自然歩道を下って帰りました。
平尾山には行けませんでしたが、
前から気になっていた道を探索できたので
おもしろい山歩きでした。
[PR]
by harahira2 | 2016-02-07 21:47 | 弓張山系 | Comments(2)

五葉湖のシモバシラ2


10日前五葉湖のシモバシラを見にいったとき
シモバシラの氷が融けはじめたあと再氷結したようで、
あざやかな筋が見えませんでした。

全体に融けてしまったあとで
もう一度氷結したものを見ようと思い、
いったん気温が高くなったあと
もう一度低くなったのを待って再訪しました。

きれいな氷柱が見られました。
e0293913_11352652.jpg

e0293913_1135449.jpg

よくぞこのようにくねくねと筋を描くものですね。
むかし水飴を何回も伸ばして練ったことを思い出しました。

まわりにたくさんできているようす。
e0293913_11361998.jpg


今年もいいものが見られました。
[PR]
by harahira2 | 2016-02-04 21:22 | その他 | Comments(2)

石巻図根点


わたしがときどき山歩きの参考にさせてもらっている
ブログに石巻図根点のことが出ていて、
しばらく前から気になっていました。

図根点というのは聞き慣れません。
三角点の補助として設けられるもののようです。
ネットで詳しく調べようとしましたが、
説明に専門用語が使ってあるものがあり
しろうとのわたしにはよくわかりません。

ということで、とりあえず実物を見てみたいと
石巻山の東にある図根点を探しに行きました。

石巻遊歩道の途中から茂みに入って行きます。
遊歩道とそれほど角度なく左前方へ進みます。
e0293913_17384975.jpg


今でこそ茂みになっていますが、
何年か前に帯状に伐採されたようです。
防火帯なんでしょうか。
伐採した木が横に重なり、
低木が新たに育って茂っているので
たいへん進みにくくなっていました。
e0293913_17391121.jpg


これを抜けると雑木まじりの植林地になります。
e0293913_17393086.jpg


遊歩道から別れてわずか100mほどで
小ピークにだどりつきました。
そこで図根点の標石が見つかりました。
「図根点」の文字も見えます。
e0293913_17413654.jpg


三角点の表示もあります。
e0293913_17414561.jpg


目的は達したので茂みの中を
南にくだり遊歩道に降り立ちました。
e0293913_1742076.jpg


帰ってきてから
ネットの基準点成果等閲覧サービスで見ると
この地点に三角点は載っていませんが、
昭和後期から平成6年までの地形図には
三角点として載っていました。
e0293913_6284184.jpg


過去には三角点として扱っていたようですが、
最近になって三角点から外したのでしょうか。

ということで図根点については
いまだすっきりとしません。
[PR]
by harahira2 | 2016-02-01 22:35 | 弓張山系 | Comments(5)