<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

清岳向山湿原


長ノ山湿原、鴨ヶ谷湿原を見たあと
清岳向山湿原に寄りました。

ここは木道が中央を一本だけ通っていて、
遠くが見づらいのと
地面から高い位置にあるので、
写真に撮りづらいのが難点です。

トキソウがまだ咲いていました。
葦毛湿原ではとっくに終わっていますが
少し遅いようです。
e0293913_21342414.jpg


カキランも咲いていました。
e0293913_21344179.jpg


ノハナショウブも元気です。
e0293913_21345793.jpg


離れたところにハッチョウトンボもいました。
まだ赤くなっていないオスのようです。
e0293913_21352036.jpg


どの写真も被写体が離れていたので、
アップで撮れませんでした。
今度から作手に行くときは
望遠レンズを持つことにします。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-30 22:19 | その他 | Comments(0)

黒瀬庄ノ沢緑地


作手の黒瀬庄ノ沢緑地を見てきました。

ここはノハナショウブが目立ちます。
と言っても咲き乱れているほどではありません。
e0293913_22503439.jpg


ノアザミがぽつんと。
e0293913_22505029.jpg


確かにいるはずとじっくり見ていたら、
いました。ハッチョウトンボです。赤いのはオス。
e0293913_22511368.jpg


メスもいるはずですがなかなか見つかりません。
しばらく探していたら、やっと見つけました。
少し離れているので大きく撮れません。
e0293913_22513188.jpg


モリアオガエルの卵を見つけました。
池にせり出した木の枝に泡のようなかたまりがついています。
卵からかえるところを見てみたいものです。
e0293913_2251519.jpg


池のとなりに見慣れない花を見ました。
キキョウソウのようです。
帰化植物であちこちにあるそうですが、
初めて見ました。
むしろこういう場所に咲くのがめずらしいのでしょうか。
ひと株しか見当たりませんでした。
e0293913_22521764.jpg


ちょっと花の少ない季節でした。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-30 22:16 | Comments(0)

作手手作り村


作手手作り村に寄りました。

ピンクや白のナデシコがありました。
これは種をまいているようです。
e0293913_22573336.jpg

e0293913_22574988.jpg


ノアザミでしょう。
バックにはブタナが群れ咲いています。
e0293913_22583687.jpg


ネジバナも咲いていました。
e0293913_22584851.jpg


カキノハグサを見つけました。
e0293913_225917.jpg


葉が小さいのでサツキのようです。
地面にへばりつくように咲いていました。
何でしょう。
e0293913_2312355.jpg


ササユリも咲いていました。
ほとんどしおれたものばかりだったので、
これがこのあたりの最後の花のようです。
e0293913_23259.jpg


ここにはいろいろな花が咲いているので楽しい所です。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-30 22:10 | Comments(0)

作手の道ばた


作手の湿地を巡ろうとして
国道301号を走っているとき
道ばたに花を見つけて車を止めました。
一か所にいろいろな花が咲いていました。

ペラペラヨメナ
e0293913_2295854.jpg


葉の形からおそらくヒメフウロでしょう。
結構かわいらしい花です。
e0293913_22101995.jpg


ヤマホタルブクロのようです。
e0293913_2211293.jpg


ヒルガオの一種ですね。
単に「ヒルガオ」だけかも。
e0293913_2211161.jpg


これは何でしょう。園芸種でしょうか。
e0293913_22495125.jpg


こういういろいろな花が国道脇に
何気なく咲いているところが
作手のすばらしいところです。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-30 22:02 | その他 | Comments(4)

炭焼田峠から城山


いくつかのホームページに
炭焼田峠から城山まで歩いた記録があって
踏破可能とわかりました。
炭焼田峠から愛知・静岡の県境を北上して
城山まで行ってきました。

新城市山吉田の炭焼田峠旧道に車を止めました。
e0293913_221864.jpg


登山道があります。
かなり使用を経た道のようで、
堀のようになっています。
e0293913_2212444.jpg


峠のような尾根の鞍部に出ました。
この道は旧道ができる以前の古道かもしれません。
e0293913_2215317.jpg


左折して尾根を北上します。
いきなりの急登になります。
斜面をずり落ちそうになりながら登ります。
e0293913_2221181.jpg


道ははっきりしていて目印もあります。
e0293913_2231045.jpg


左手に小屋が見えてきました。
民家ではなく山の中の作業小屋のようです。
e0293913_2234949.jpg


道の左脇に低木が植えられていました。
持ち主がこまめに手入れしているようです。
道の左側は私有地のようです。
e0293913_2262052.jpg


分岐です。
左の方が道が濃いようですが、
まったく別な方向へトラバースするかわかりません。
直進します。
e0293913_2271436.jpg


シダの茂る道になりました。
マダニ等が心配になります。
こんなふうだとわかっていたら
夏場は避けたはずですが、しかたありません。
たっぷりと防虫スプレーをして進みます。
e0293913_2273693.jpg


じきに通り抜け、樹林帯を進みます。
炭焼き窯の跡がありました。
e0293913_2283216.jpg


大きな岩がごろんごろんとありました。
e0293913_229171.jpg


これも炭焼き窯の跡のようなくぼみですが
石組みは見えませんでした。
e0293913_2210366.jpg


ところどころ倒木があります。
これはかなり大きな木です。
しかも、根の張り具合が重厚です。
くぐって進みます。
e0293913_22105426.jpg


笹やぶになりました。
ここもいやな道ですねえ。
e0293913_2212742.jpg


樹間から静岡川にゴルフコースが見えました。
e0293913_22123141.jpg


他のホームページでも紹介されている「吉野モト」の標示。
吉野モトさんにお会いしてみたいですね。
e0293913_22134277.jpg


そのすぐ先の岩場。
地元の方のホームページでは、
見張り台かのろし場の岩と思われるそうです。
雰囲気のある岩です。
e0293913_22135820.jpg


マウンテンバイクが通ったようなわだちです。
倒木もあるので通行は難しそうですが、
その冒険がいいのかもしれません。
e0293913_22151186.jpg


手前の青い札には何が書かれていたのでしょう。
まったく字は見えません。気になりますね。
e0293913_2216494.jpg


なだらかな林間を進みます。
このあたり分岐がいくつもありました。
興味を誘います。
e0293913_22163615.jpg


ガードレールが見えました。
城山に通ずる林道です。
e0293913_22172774.jpg


林道に出ました。
e0293913_22174519.jpg


回り込んで中継所に出ます。
手前はドコモ、後方は中部電力の無線中継所です。
e0293913_2218495.jpg


城山についての説明板
e0293913_22194273.jpg


この2つに挟まれたやぶの中に三角点があります。
二等三角点「田沢村」です。
e0293913_22182974.jpg

目立たない妙なところにあるなあ、という位置ですが、
ドコモの無線中継所は携帯が普及してからできたのでしょうし、
中部電力の中継所もそれほど古くはないでしょうから
もとはかなり平坦な頂上だったはずです。
その中心点だったのでしょう。

帰りは来た道を戻りましたが、
かなり出発点に近づいてから
トラバースしそうな分岐を進みました。
e0293913_22211598.jpg


踏み跡の薄い山道を行くと、
塹壕のあとのような場所に出ました。
不思議な石組みもありました。
何でしょう。気になります。
e0293913_22214480.jpg


往路で見た分岐点に出て出発地点に戻りました。

今回の行程では花はまったくといっていいほど見ませんでした。
途中でイナモリソウらしき葉を見たので、
また時期をずらせて歩いてみたいものです。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-23 21:56 | 弓張山系 | Comments(0)

葦毛湿原に夏到来


葦毛湿原に行ってきました。
湿原の風景です。
この日は見学者が多くたいへんにぎやかでした。
e0293913_2082578.jpg

e0293913_2084272.jpg

e0293913_2085921.jpg


暦の上ではもうとっくに夏になっているのですが、
なぜかモウセンゴケが咲き始めると
やっと夏が来たかという気になります。
ということで、モウセンゴケです。
白い花のモウセンゴケと
赤い花のトウカイコモウセンゴケが競演しています。
e0293913_1983791.jpg

e0293913_1991087.jpg
e0293913_1985132.jpg


ノハナショウブは今年は株数が多いような気がします。
e0293913_1959223.jpg

e0293913_19591828.jpg


カキランは今が盛りでしょうか。
e0293913_2001044.jpg


ミカヅキグサも開いてきました。
e0293913_2042717.jpg


サワシロギクみたいです。
1か月以上早いと思いますが・・・。
e0293913_2034837.jpg


湿原の入り口にあった花。ブタナみたいですが。
e0293913_201292.jpg


クチナシも咲いていました。
e0293913_2013773.jpg


昆虫もいろいろ見られました。

ヒメヒカゲ。なかなか近くに止まってくれません。
e0293913_2044642.jpg


ムカシヤンマ
e0293913_20585.jpg


サナエトンボの仲間でしょうが、
くわしい種類はわかりません。
e0293913_206769.jpg


葦毛湿原はこれから常に見ごろとなりますね。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-17 18:54 | 葦毛湿原 | Comments(0)

吉祥山


吉祥山をくねくねと回ってきました。
北登山口からの登りです。
e0293913_21201761.jpg


ツルアリドオシ
e0293913_21221349.jpg


白いササユリ
e0293913_2122405.jpg


頂上です。
e0293913_21231978.jpg


豊橋方面ですが、遠くはかすんでいます。
e0293913_21242138.jpg


ハナイカダ
e0293913_21245642.jpg


シロバナクサナギオゴケが風に揺られていました。
e0293913_2222452.jpg


斑入りのテンナンショウ。
花がないのでわかりませんが、
スルガテンナンショウでしょうか。
e0293913_21255373.jpg


ちくわみたいなキノコ。何というキノコかな?
e0293913_21265069.jpg


こちらはピンクのきれいなササユリです。
e0293913_21594913.jpg

反射板。雲行きがあやしい。
e0293913_21283111.jpg


ウツギ
e0293913_2129133.jpg


シモツケがたいへん鮮やかでした。
e0293913_221080.jpg


タツナミソウ
e0293913_21293621.jpg


シライトソウが群れて咲いていました。
e0293913_2130893.jpg


帰りは林道を下ってきました。
e0293913_21305649.jpg


コメツブツメクサでしょうか。
茎や葉がちょっと違うような?
e0293913_21313244.jpg


ゆったりとした山歩きでした。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-08 21:16 | 弓張山系 | Comments(2)

幡教寺から富幕山


イナモリソウがそろそろ咲くかなと、
富幕山へ行ってきました。

幡教寺跡からの登りでした。
e0293913_19324459.jpg


期待した場所ではまだつぼみのでき始めでした。
e0293913_19231031.jpg


ウツギはきれいに咲いていました。
e0293913_1923456.jpg


頂上は霧が激しく動いていました。
雲といった方がいいようです。
向こうに見えるはずの中継塔が霧に隠れています。
e0293913_19291825.jpg


東の展望台まで行ってみました。
e0293913_19332997.jpg


この途中にいろいろな花を見ました。
タツナミソウです。
e0293913_19343417.jpg


きれいなシモツケが見られました。
e0293913_1935386.jpg


ウツボグサはもう終わりです。
e0293913_19363540.jpg


イナモリソウが一輪だけ咲いていました。貴重な一輪です。
やや細いようですが・・・
e0293913_19371662.jpg


立派なギンリョウソウが咲いていました。
こちらは遅いですね。
e0293913_1938945.jpg


頂上に戻って西に向かいました。

カキノハグサが咲いていました。
この山にも咲くのを初めて知りました。
e0293913_19393916.jpg


今回は「扇山施設地区への近道」を通って
林道まで下ります。
林道に出るところの目星はついています。
e0293913_2030436.jpg


途中にイナモリソウの群落がありました。
場所によってずいぶんと咲く時期が違うんですね。
e0293913_2033526.jpg


途中道がわかりにくいところがありましたが、
林道に出て幡教寺跡まで戻りました。

イナモリソウが見られたし、
初めての道が探索できたので大満足です。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-03 19:16 | Comments(2)

宇連山


宇連山に行ってきました。
宇連山にはこれまでも何回か登っているのですが、
タイミングが悪く載せられませんでした。

今回は南尾根からの登りです。
Bキャンプ場の中を通っていきます。
e0293913_21463147.jpg


すぐに高度を増します。
深山に入ってきた感じです。
e0293913_21472950.jpg


前半は延々とアップダウンの激しい岩尾根が続きます。
ここではそれほど疲れた感じはしなかったのですが、
日の当たる露岩で気づかないうちに体力を消耗したようです。
e0293913_21495644.jpg


展望台で一息。
e0293913_2150321.jpg


鉄の手すりのある岩尾根もあります。
e0293913_21512813.jpg


国体尾根分岐
e0293913_2229453.jpg

滝沢分岐
e0293913_2229356.jpg

滝尾根分岐
e0293913_22322198.jpg

宇連山の見える並木
e0293913_22323917.jpg


北尾根との分岐点です。
e0293913_2158280.jpg

ここからの登りもきつい。

棚山分岐
e0293913_2235253.jpg


やっとのことで宇連山頂です。
e0293913_22355030.jpg


三ツ瀬明神山がかすんでいます。
e0293913_22362458.jpg


帰りは北尾根から下りました。
崖を下るような傾斜の連続です。
e0293913_22374141.jpg


大幸田峠に出ました。
尾根から外れて下ります。
e0293913_22383878.jpg


幹線道路まで出ました。
e0293913_2239397.jpg


不動滝を見て駐車場まで戻りました。
e0293913_22395664.jpg


途中で見た花を紹介します。

真っ赤に目立つ花がありました。
ツツジかシャクナゲのようです。
いろいろ調べましたがわかりません。
知っている方、教えて下さい。
e0293913_22441894.jpg


カイナンサラサドウダンでしょうか。
e0293913_22474886.jpg


ウスノキの実
e0293913_22481545.jpg


モチツツジ。今年見る最後かな。
e0293913_22484967.jpg


シロバナニガナがニガナに混じって咲いていました。
e0293913_22504696.jpg

e0293913_22511087.jpg


ツクバネウツギかな?きれいなピンクです。
e0293913_22515326.jpg


カキノハグサ。北尾根にいっぱい咲いていました。
e0293913_22524139.jpg


ウツギ
e0293913_2253226.jpg


コアジサイがきらめくよう。
e0293913_22534765.jpg


ササユリも美しい。
e0293913_22542179.jpg


これまでになく疲れましたが楽しい山歩きでした。
[PR]
by harahira2 | 2014-06-02 20:54 | その他 | Comments(0)