<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神石山から中尾根


<続き>

神石山に寄ったついでに
西側の中腹にあるホウロク岩に寄ることにしました。
ホウロク岩は長径が20m以上もある
楕円形の比較的平らな岩です。
岩の端っこは崖になっています。
平らといっても、屋根ほどの傾斜があるので、
転ぶと大変なことになりそうです。
e0293913_2147858.jpg


西のふもとから見たホウロク岩です。
別の機会に撮ったものです。
左の斜めに筋のようになっているのがそれです。
e0293913_21453278.jpg


ホウロク岩という名からすると、
焙烙(ほうろく)のようだということで付けられたのでしょう。
焙烙とは素焼きの土鍋のことです。
平たい鍋の形からきたのでしょう。
焙烙灸という灸のしかたがあり、
頭の上に焙烙をかぶせ、
その上で灸をすえて暑気払いをします。
この近くでは普門寺でこの焙烙灸を行いますので、
関連がああるかも知れません。

ここからは豊橋の平野が広々と見渡せます。
e0293913_21521155.jpg


ここで景色を見ながら、
まだ時間はあるので遠出してみよう、
という気になりました。
しばらく歩いてない中尾根回りです。

せまい獣道のような道を通って
本線上の太田峠跡に出ました。
石積みの構造物です。
e0293913_21522694.jpg


この標示は、「ホ37」です。
e0293913_21524479.jpg


ここから少し本線を北に上がります。

雨宿り岩です。
南側は岩がかぶさるように立っています。
e0293913_21544942.jpg

e0293913_21543642.jpg

残念なことに、木々が邪魔して岩の全貌は見えません。

自然歩道はこの脇を登っていくようになっていて
北側に回り込むと岩の上に登れて
南側の尾根筋がよく見えます。
写真のほぼ中央に見える岩がホウロク岩です。
e0293913_2157427.jpg


じきに「ホ36」の標示があります。
e0293913_2158569.jpg


途中、2か所に展望のある岩場があります。
道からわずかにはずれたところですが、
踏み跡がしっかりとしているので、
うっかりと通り過ぎることはありません。
まずまずの展望です。
e0293913_21585615.jpg


この近くにササユリの完全なものが咲いていました。
e0293913_2205916.jpg


この岩はテイカカズラで覆われているので
テイカ岩と勝手に呼んでいます。
e0293913_2233053.jpg


倒れたイヌツゲの木。
このあたりにはイヌツゲの大木が何本かあります。
e0293913_2235590.jpg


雨宿り岩から10分ぐらいで中尾根分岐点に来ました。
ここから東の大岩方面に向かいます。
e0293913_2244530.jpg

e0293913_22538.jpg


木々がトンネルのようになって
枯れ葉が積もり、草も茂っていません。
このため道は広く歩きやすくなっています。
e0293913_2253822.jpg


少し行くと枝道があり、
入って行くと岩の出っ張りがあります。
ほぼ三方が開けているので、
ここからの眺望は絶景です。
e0293913_2263451.jpg


浜名湖方面が前面に広がり、
e0293913_2281575.jpg

ふもとがすぐ下にあるように見えます。
e0293913_2285613.jpg

ここを「パラダイス」と呼んでいる人もいるようです。
まさに別天地です。

本道に戻ってさらに進みます。
曲がり道にさしかかりました。
直進する道は枯れ木などで封鎖されています。
e0293913_22105733.jpg

この道はグーグル地図によると
断崖状の場所に続くようです。
興味がわいてきますが、
今回は本道を行きます。

「御料局」の刻印の入った標石がありました。
他でも見たことはあるような気がしますが、
結構めずらしいものだと思います。
e0293913_22104275.jpg


盛り土したような道。
自然にこうなるものでしょうか。
e0293913_22111648.jpg


かなり広くなったところがありました。
手入れがしっかりされているようです。
e0293913_22121413.jpg


やや道が細くなってきました。
低い木が茂ってきています。
e0293913_22124280.jpg


分岐点のようですが、
右に進む道は示してありません。
ふもとの中尾平に下りることができるかも知れません。
これもまたの機会に。
e0293913_2213428.jpg


出ました。大岩です。
大岩なんて固有名詞っぽくないのでつまらないですが、
確かに大きな岩です。
e0293913_22143381.jpg

e0293913_22153215.jpg


登るのはちょっとひと苦労しますが、
頂上からはほぼ四方が見えます。
多米峠東方面が見えます。
e0293913_22161115.jpg


おそらく左のピークが神石山、
右のピークが中尾根分岐点です。
e0293913_22171428.jpg


中尾平地区です。
嵩山が左に見えます。
e0293913_22182338.jpg


岩の上に三角点がありました。
丸いプレートが埋め込まれています。
四等三角点「疣沢」です。
この大岩が山中に「疣(いぼ)」のように
立っていることからつけられたのでしょうか。
e0293913_22191476.jpg


三角点の標示がありました。
この標示自体がわかりにくい場所にあるのに加え、
三角点の標石がないので、
見つからずにスルーしてしまう人もいることでしょう。
e0293913_22194663.jpg


狭い道を東に向かうと、
林道に出会いました。
e0293913_22203446.jpg


横切って進むと、
低いナラが密集する坂を下ります。
ドングリの実るころは壮観でしょう。
e0293913_2221369.jpg


誰かが積んだものか、ケルン状の石。
e0293913_22212996.jpg


分岐点に来ました。
以前、西登山口から下りたので、
今回は東登山口に進めます。
e0293913_22215491.jpg


しかし、だんだんと道が狭くなり、
藪こぎに近くなりました。
e0293913_22222017.jpg


やっとのことで、広域農道に出ました。
出口がこんなところです。
ここに登山口があるなんて
ほとんどの人が知らないでしょう。
e0293913_22224281.jpg


あとは梅田まで一般道を歩いて帰りました。
約4kmの長い道のりでした。
一般道でかえって疲れましたが、
楽しい行程でした。
[PR]
by harahira2 | 2013-06-23 22:32 | 弓張山系 | Comments(0)

梅田から神石山


湖西市梅田から神石山に登ってきました。
湖西側から登るのは久しぶりです。
愛知側で弓張山系と呼んでる山地の南部分を
静岡側では湖西連峰と呼んでいます。

豊橋から湖西に1kmも入っていない
梅田親水公園からのスタートです。

公園の駐車場は満車でした。
日曜日はハイカーでいっぱいのようです。
色とりどりの服装の人たちが歩いていました。
e0293913_20324872.jpg


登山口です。
道標や案内地図があります。
e0293913_2034031.jpg

e0293913_20342182.jpg

e0293913_20343573.jpg

「あら環」の説明がありました。
この山には「あら環」という粘土の像が530体置いてあるそうです。
子どもたちがゴミゼロを願ってつくったものだそうです。
残念ながら、この説明板はずいぶんと雨風で傷んでいます。
e0293913_20351411.jpg


かなり広い道が続いています。
e0293913_20353094.jpg


分岐点です。Yの字になっています。
神石山に行くにはVの字に曲がりますが、
せっかくなので嵩山(すやま)に寄ります。
e0293913_20355459.jpg


峠から10分ほどの登りです。
あら環像がたくさん立っています。
e0293913_203626100.jpg


嵩山に着きました。
嵩山は湖西連峰の南端が東南に張り出した尾根上の頂です。
南から東にかけて樹木が伐採されているので、
浜名湖方面が広々と見えます。
残念ながら霞がかかって絶景とは言えませんでした。
冬のよく晴れわたった日には
富士山がくっきりと見えるはずです。
e0293913_20383614.jpg


ここには四等三角点「嵩山」があります。
石の標柱はなく、丸いプレートのみです。
e0293913_20392868.jpg


ベンチがあり休憩ができるようになっています。
すでに3人の登山者が休んでいました。
そこにさらに4人組の若者もやってきて賑やかになりました。
e0293913_20384437.jpg


来た道を峠まで戻ります。
e0293913_20412032.jpg

峠は変則的になっており
Yの字の交差点からさらに西50mで
5叉路になっています。
仏岩を差す標示方向に向かいます。
e0293913_20415974.jpg


番号のついた小さな木の杭がところどころあります。
以前はなかったような気がしますが、
何を示しているのでしょう。
e0293913_20422515.jpg


ほとんど緩やかに登っていきますが、
ときどき急傾斜があります。
仏岩手前にはロープの張ってある場所がありました。
e0293913_20425327.jpg


仏岩に着きました。
どうして仏岩というのかはわかりませんが、
嵩山のふもとの摩利支天や
豊橋側の普門寺と関係があるかもしれません。
e0293913_20441635.jpg

e0293913_20455636.jpg

見晴らしは良好です。
ここにもベンチがあり休憩できます。

少し行くと分岐点です。標示があります。
湖西の標示はいくつか種類がありますが、
青色の標示はほかで見たっけなあ。
e0293913_204459100.jpg


左に下るはっきりとした道があるようですが、
標示がないのでどこに出るのか不明です。
地図を見ても描かれていません。
いずれ歩いてみたいとは思っています。
e0293913_2046714.jpg

直進に近い右へ曲がります。

この日初めて見る宮標石です。
e0293913_2047789.jpg


岩がごつごつした坂を下ります。
e0293913_20464755.jpg


鉄塔横に出ました。
e0293913_2047555.jpg

この日初めて見るササユリがありました。
もうすっかりしおれています。
e0293913_20473095.jpg


木陰の道をゆったりと歩いていきます。
e0293913_20483716.jpg


2つ目の鉄塔です。
標示があり、ここから右に入って2,3分でラクダ岩です。
寄らない手はありません。
e0293913_20481657.jpg


ラクダ岩に着きました。
ラクダのようにこぶがあるということで
付けられた名前だと思いますが、
こぶは2つだけではないので、
トリケラトプスの背中のように見えます。
トリケラトプスを知らない時代に付けた名前でしょうか。
ただ、ラクダの形も知られていなかったかもしれません。
e0293913_20493572.jpg


ここの先端からはやはり浜名湖が見渡せます。
ここにもグループ連れがやってきました。
e0293913_2050498.jpg


ここからさらに東に下る道があります。
以前は通行止めの標示がありましたが、
今回はありませんでした。
通れることになったようです。
またの機会にチャレンジします。
e0293913_20503391.jpg


鉄塔まで戻って北上します。

また宮標石がありました。
e0293913_2051150.jpg


本当にこの日はハイカーが多くいました。
若者のグループ、夫婦連れなどさまざまでした。
e0293913_20512611.jpg


やや急な坂を登ります。
e0293913_20515010.jpg


途中に倒れた宮標石がありました。
抜かれたのでしょうか。
以前からこのままです。
e0293913_20521286.jpg

これを見ると標石は地中深く埋められていたことがわかります。
ざっと地上部20cm、地中60cmといったところです。

3つ目の鉄塔。横に宮標石があります。
新しい感じです。
e0293913_20525471.jpg


分岐点です。
左へ下ると普門寺にたどり着けます。
この岩が地蔵岩でしょうか。
e0293913_20532899.jpg

e0293913_20534965.jpg

普門寺駐車場にある案内図では、
地蔵岩の上に薬師岩があるように描かれていますが、
実際の薬師岩はこの岩よりも下になります。
すると・・・?

ここから少し登ると神石山頂です。
一等三角点があります。
e0293913_20542720.jpg


静岡側の展望があります。
が、霞が濃くなってきました。
e0293913_205527.jpg


ちょうど食事時でした。
ここも山歩きの人たちが集まってきていて
ベンチだけでは足りない状態でした。
e0293913_20552777.jpg


はじめの計画では、ここから普門寺におりるつもりでした。
しかし・・・。

<続く>
[PR]
by harahira2 | 2013-06-23 20:30 | 弓張山系 | Comments(0)

葦毛湿原


2週間ぶりに葦毛湿原に行ってきました。
この時期は季節の変化が速いようです。
2週間の間に湿原の様子は大きく変わっていました。

前はつぼみばかりだったカキランがもう満開でした。
e0293913_2272998.jpg


今年のトウカイコモウセンゴケは
花が大きく群がっていて目立ちます。
e0293913_2274972.jpg


モウセンゴケも小さいながらもかわいい。
e0293913_228657.jpg


ノハナショウブは小さな黄色いワンポイントがすてきです。
e0293913_229194.jpg


ノハナショウブのつぼみは毛筆のように見事に黒い。
e0293913_2292535.jpg


トキソウはこれが今年最後の一株のようです。
来年もきれいに咲いておくれ。
e0293913_229518.jpg


サワシロギクが数輪咲いていました。
今年は早いような気がします。
e0293913_22104224.jpg


ヒメヒカゲを撮りたかったのですが、
午前中は動き回って撮りにくいし、
午後はあまり動かないので
近くに見つかりませんでした。
ちょっと遠くのを撮ったのでぼけています。
e0293913_2213454.jpg


近いうちに再挑戦します。
やはりもう少し頻繁に見に行かないとなあ。
[PR]
by harahira2 | 2013-06-18 21:56 | 葦毛湿原 | Comments(0)

三ツ瀬明神山の花


三ツ瀬明神山で見つけた花を紹介します。

ツルアリドオシです。
白いのは撮影が難しいです。
e0293913_1753930.jpg


カキノハグサです。
葉が柿の葉に似ているそうですが、
花にも特徴があります。
重なり合って構造がよくわかりません。
e0293913_17532277.jpg


コアジサイ。
真珠の粒をばらまいたよう、
本当にきれいです。
何枚でも撮りたくなります。
e0293913_17535055.jpg


ササユリが咲いていました。
ここは白っぽいものが多いようでした。
e0293913_17542999.jpg


タツナミソウ。
まだ咲いているんですねえ。
e0293913_17544980.jpg


シモツケ。
岩場の崖のようなところに咲いているので
撮影は気をつけないといけません。
e0293913_1755615.jpg


ツクバネウツギ。
足下に咲いていました。
時期もちょっと遅いので、
コツクバネウツギかもしれません。
e0293913_17554958.jpg


しおれかかったホソバシャクナゲ。
他には花の残骸しかなかったので、
これが今年最後のホソバシャクナゲか。
e0293913_1756529.jpg


山道に落ちていたので気づいた
サラサドウダンと思われる花。
上方で花が咲いていましたが、
遠くしかも葉の陰でピントが合いません。
残念!
e0293913_17564499.jpg

e0293913_17574647.jpg


ヤマボウシ。
馬の背岩を登ったらすぐ横にありました。
e0293913_17584270.jpg


花柄がやや上に向かっているので
ミヤマナルコユリのようですが、
1か所から1つの花しか出ていないので、
違うかも。
e0293913_1759947.jpg


モチツツジ。
ここのツツジは色が鮮やかです。
真っ赤なヤマツツジもありましたが、
撮影に失敗しました。惜しい!
e0293913_17594077.jpg


ひと月半前に行ったときは、
モチツツジを除いて見なかった花ばかりでした。
この間に咲き終わったものも多いのかもしれません。
もっとひまがほしいですね。
[PR]
by harahira2 | 2013-06-17 19:50 | その他 | Comments(0)

中山山中


「中山山中」とはおもしろいタイトルになりました。
久しぶりに中山自然歩道と近くの山を歩きました。
中山自然歩道は豊橋市石巻中山町にある自然歩道で、
豊橋自然歩道の最北端につながります。
その山中で見つけた花を紹介します。

ウツギです。
花びらの白と黄色のおしべの取り合わせがとてもいい。
e0293913_20454859.jpg


ムヨウランです。とてもよく開いています。
こんなに開いたムヨウランを見るのはめずらしい。
e0293913_20461313.jpg


ギンリョウソウ。よそではほとんど終わっていますが、
ここでは最盛期のようです。
e0293913_20463639.jpg


コアジサイが咲き始めていました。
薄紫の小さな花が真珠の粒のようです。
e0293913_2047330.jpg


クララのようです。筒状の花がおもしろい。
e0293913_20471929.jpg


もうじき開くオカトラノオの花です。
e0293913_20474111.jpg


ウツボグサです。
e0293913_20482413.jpg


ヤブムラサキの花のようです。
よく見るとピンクの花がかわいらしい。
e0293913_20491625.jpg


景色も入れておきます。
浜名湖を北西から見ています。
e0293913_2102182.jpg


このあたりは大きなモミの木の群落があります。
有名なのは傘モミと呼ばれるものですが、
もっと太いと思われるものもあります。
それを載せておきます。
e0293913_2122068.jpg


この時期、草がどんどん茂り、
中山自然歩道を歩く人は少ないようです。
それでも、いろいろな花と景色が見られ、
なかなか楽しい山歩きになりました。
[PR]
by harahira2 | 2013-06-10 20:44 | 弓張山系 | Comments(0)

只木から富幕山


富幕山で咲くイナモリソウを見ようと思い、
三ヶ日の只木から幡教寺跡を通って
富幕山まで行ってきました。

今回は出会った花の紹介をします。

山頂手前ではウツギがたくさん咲いていました。
e0293913_19171351.jpg


イナモリソウが木陰の道ばたに咲いていました。
ちぢれた花弁がかわいい花です。
e0293913_19194748.jpg


ガマズミはよそではもう終わったと思いましたが、
まだ楽しませてくれていますね。。
e0293913_19175452.jpg


アザミが立派に咲いていました。
e0293913_19181148.jpg


ウツボグサも咲きはじめました。
紫色がたいへんあざやかです。
e0293913_19183488.jpg


ササユリはまだつぼみでした。
惜しい。もう少しでした。
e0293913_19185686.jpg


ギンリョウソウはもう終わりです。
e0293913_19191739.jpg


イチヤクソウが咲いていました。
ほんわかとしたイメージがあります。
e0293913_19202652.jpg


ウメガサソウもありました。
開いた花もありましたが、うまく撮れませんでした。
残念です。また挑戦しなくては。
e0293913_19204713.jpg


コースの紹介はまたの機会にします。
[PR]
by harahira2 | 2013-06-09 20:15 | 弓張山系 | Comments(0)