<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5月の葦毛湿原


1週間ぶりに葦毛湿原に行ってきました。

はじめはキンランです。
小径の前回折れたようになっていた株は見つからず、
その近くの株はすでに終わっていました。残念!
しかし、なんと、別の株を4か所で見つけてしまいました。
もちろん互いにはなれた場所です。
感激です。

e0293913_16215960.jpg


湿原にはハルリンドウが咲いていました。
前回は曇り空で開花していませんでしたが、
今回はしっかり開いていました。
が、まもなく終わりを迎えようとしています。
小ぶりになった花が多く見られました。

e0293913_16222591.jpg


シオヤトンボを追いかけるようにムカシヤンマが現れました。
今年初めての目撃です。
ムカシヤンマは原始的な要素を持つトンボで
きれいな水質の場所でないと生息できないそうです。
近づいても意外と平気なので結構近寄って撮影できました。

e0293913_16233482.jpg


湿原では今ミカワバイケイソウが最盛期を迎えています。
単独で楚々と立っている姿を見るだけでもすてきですが、
群生している姿もすばらしい光景です。
さまざまなチョウがやってきて、花から花へ飛び移っていました。

ミカワバイケイソウは、この三河湾周辺にだけ生育するそうです。
今年は育ちがよいようで、あちこちで花を開いています。
ただし、年によって同じ場所に育つ株でも
花を咲かせるものと咲かせないものがあるのは不思議です。
日当たりで育ち方がちがうそうなので、
環境が場所によって毎年変わるのでしょうか。

e0293913_1625684.jpg


湿原周辺のスミレは一田段落しましたが、
湿原のなかで白いスミレが目立ちだしました。
ニョイスミレだと思います。
葉は小さくてやや光沢があり丸みをおびています。
写真の個体は、一番近づいて撮りやすいのを撮りましたが、
下唇がやけに短く側弁が目立って長く見えます。
これは単なる個体差かな?

e0293913_16263342.jpg


湿原に通じる林の中では、ムヨウランが芽を出していました。
よく見ないと枯れ木の小片が刺さっているようです。
それこそ、カメラを構えるよりも先に
虫眼鏡で捜さなくてはならないほどです。
次の写真も、よく見ないで適当に撮ったら、
虫がくっついていました。
それにしても、ピントがなかなか合いません。
やはりバカチョンから卒業しなくてはならないかな?

e0293913_1628203.jpg

[PR]
by harahira2 | 2012-05-08 00:16 | 葦毛湿原 | Comments(0)