<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

葦毛湿原と豊橋自然歩道


葦毛湿原と豊橋自然歩道の山歩きをしてきました。

葦毛湿原に通じる小径では
キンランがつぼみをつけていました。
残念ながら折れているような株でした。
他の場所にも毎年咲くところがあるので、
あと1週間もすれば、きれいに花開くでしょう。
楽しみです。

e0293913_16352369.jpg
曇り空で葦毛湿原のハルリンドウも
完全には開いていないものが目立ち、
まるで春が一段落してひと休みのようでした。

タチシオデがかわいらしい花を咲かせていました。
気をつけて見ないと見過ごしてしまいそうです。

e0293913_16354949.jpg
湿原の一部ではミカワバイケイソウが
ちらほらと咲いていました。
さすが「湿原の女王」と呼ばれるだけのことはあります。
楚々として優雅な風情に毎度のことながら感動します。
「バイケイ」というのは「梅」と「桂」ということで、
体を表した名前なのですが、
なにぶんにも「バイ」という音にはあまりよい響きがありません。
日本的には濁音はやはりよごれているように感じられるのと、
「バイ」がつくことばを拾ってみると、
よろしくないことばがいくつか出てきます。
ということで、いっそ別の名前に替えたらどうかと思ってしまいます。
しかし、名前は替えなくともミカワバイケイソウの美しさは本物です。

e0293913_16362644.jpg
湿原にはトンボが見られるようになりました。
今日見たのはシオカラトンボに似ていますが、
どうもシオヤトンボで、そのメスです。
シオヤトンボは丘陵地では
春一番に出てくるトンボだそうです。

e0293913_16364883.jpg
湿原の周辺では、 オオバウマノスズクサが咲いていました。
これが花だというのがどうも信じられませんが・・・。
このオオバウマノスズクサは木だそうです。
草のように木に絡まって育つので
草だとばかかり思っていました。。
そう言われてみれば、木のようにも見えます。
例年より早いので本番はまだこれからのはずです。

e0293913_1637883.jpg
岩崎自然歩道を通って豊橋自然歩道の本線に出て、
北へ向かいました。
ツツジやササユリがコバノガマズミなどの草木が見られます。
ツツジは名前はわからないけれども、色が微妙に違い、
何種類ものツツジが咲いているようです。
また、じっくりと品種を調べてみようと思います。
ササユリはやっとはやっと早いものがつぼみをつけたところ。
本番はあとひと月後ぐらいでしょうか。

ヤマツツジ
e0293913_16375719.jpg
コバノガマズミ
e0293913_16392018.jpg
ササユリ
e0293913_1641236.jpg
途中で珍しいものを見つけました。
木や草の根に寄生する植物です。
形からナンバンギセルの仲間だと思いましたが、
このような白いものは初めて見ました。
「確か、ゆうれい草と名を本か何かで見たような?」
ネットで調べてみました。
正式にはギンリョウソウというんだそうです。
半透明の部分もあり、
これが暗がりにすっと立っているのを見ると
幽霊が現れたかのようです。
名前の通りだと思いました。

e0293913_16405383.jpg
ツクバキンモンソウを見つけました。
キランソウの仲間です。
実は今日の目標はこれ。
山で出会った方にニシキゴロモみたいのが咲いているよ
と教えてもらって探しに来たのです。
キランソウは湿原の入口にも生えていますし、
里でも農道の脇などに結構見られます。
ニシキゴロモを見たぞと思って
家に帰ってきて図鑑を見ると
どうも葉の形がややちがうような。
ネットでいろいろと調べてみると
ツクバキンモンソウのようです。
弓張山系でいま咲いているというブログがありました。
すごい!学者のような人がいる!感激!
この花はニシキゴロモの変種だそうで、
ニシキゴロモが日本海側に多いのに対して
ツクバキンモンソウは太平洋側に多いということです。
違いは花の上唇がほとんどないのが
ツクバキンモンソウだそうです。

e0293913_16425786.jpg
ウスノキの花を見つけました。
たいへんかわいらしい花を咲かせていました。
カクミノスノキともいい、
実は酢の味がするそうです。
ツツジやドウダンツツジの仲間です。

e0293913_16433537.jpg
多米峠で休憩をしていたら、
いつの間にかズボンに虫がついていました。
直径5ミリくらいの丸い虫です。
調べてみるとマダニだそうです。
食いつかれなくてよかった!

e0293913_1644861.jpg
多米峠から下って歩いていたら、
朝倉川ビオトープの近くで変わったスミレを見ました。
葉がハート型で5センチぐらいと大きいものがあり、
花の色は紫が濃く、側弁と比べて唇弁が小さくなっています。
何より下の3枚の弁が上の2枚よりも前に出ているようです。

e0293913_1644489.jpg
最近延伸されたバスが通りました。グッドタイミング。
バスで葦毛湿原まで戻ってきました。
収穫の多い山歩きになりました。


[PR]
by harahira2 | 2012-04-30 23:39 | 葦毛湿原 | Comments(0)

春の弓張山系


春の葦毛湿原と後背の弓張山系を訪ねてきました。
このところ急激に暖かさを増し、
平地でも桜がどんどんつぼみをつけています。
この陽気に草木も一気に反応したかのようです。

葦毛湿原の駐車場はほぼ満車でした。
入口から遠い方の第1駐車場で
やっと隙間を見つけて停めました。
豊橋ナンバーだけでなく、浜松ナンバー、名古屋ナンバーなど
結構遠くからも来ているようでした。

葦毛湿原では、ショウジョウバカマが群がって咲いていました。
といっても、全盛期はもう少し先でしょう。

e0293913_16505318.jpg


水たまりでは、オタマジャクシが群がって
気持ちが悪いほどでした。
アズマヒキガエルのオタマジャクシです。
2月ごろ一斉に出てきてあちこちで交尾します。
今年はこの交尾を見そびれてしまいました。
アズマヒキガエルの気持ちの悪い姿も思い浮かべてしまいます。

e0293913_16511482.jpg
葦毛湿原ではハルリンドウが咲き出していました。
一株だけしか見られませんでしたが、感激です。
はるばる遠くから来ながら見過ごした人もおおかったことでしょう。
これからどんどん咲き出して群がっていくことでしょう。

e0293913_16515643.jpg
葦毛湿原はさっと見て、目指したのはキスミレの咲く、
わたしがキスミレ峠と呼んでいる場所です。
正式には風越峠といいます。
ここは豊橋自然歩道の本線上にあるので、
自然歩道を歩く人には結構有名な場所です。
この場所に着くとすでに多くの人がいて
じっくり見たり、写真をとったりしていました。

e0293913_16524437.jpg


今年は昨年よりも多く咲いているような気がしました。
保護活動のお陰でしょうか。
茂っているササがしっかり刈り取られ、
周りをロープで囲って踏みつけないようにしてありました。
毎年この作業がいつの間にかされています。
だれがしているのか分かりませんが、
本当にありがたいことです。感謝。

ヒロハノアマナも花は十分に開ききっていないながらも
群がって咲き、風に細かくふるえるようになびいていました。

e0293913_1654485.jpg
歩道を歩くと、日当たりのようところに
いっぱいスミレが咲いていました。
ここで見るのは葉っぱが細長く
裏が紫がかったマキノスミレと
葉が小さくて丸いニオイタチツボスミレ、
白花のシロノジスミレではないかと思います。

e0293913_16545646.jpg


e0293913_1659067.jpg


本線上にはいくつかの場所でカタクリが咲いていました。
本当はNHK中継所のカタクリを見たかったのですが、
あまりにも疲れていたので、これでがまん。
それにしてもバカチョンカメラでは、
カタクリの美しい色がとれませんね。
他の人の立派なブログやホームページを見るたびに、
「一眼のカメラがほしいなあ。」と嘆く私でした。

e0293913_16562362.jpg


本線上には、ヤブツバキが群生していて、
ちょうど満開になっていました。
ただし、一本の枝でも、
すでに盛りを過ぎた房やつぼみのままの房があり、
もっとも美しい花姿を
一枚の写真にいくつも納めるのは
むずかしい状態でした。
場所によっては花がいっぱい落ちていて
まさに落花繚乱(百花繚乱のもじり)でした。

e0293913_16572691.jpg
山から下りようと歩いていたら、
ある脇道で突然ミツバツツジが目に飛び込んできました。
「そうだ!ミツバツツジも咲いているはず。」
ミツバツツジの名所(と私が決めつけている場所)に行ってみました。
まだ、つぼみもいっぱいですが、みごとに咲いていました。
こちらも、場所がよくなくて近接がむすかしいのと、
カメラのせいでいい色が出ません。残念!

e0293913_1659552.jpg

でも、山歩き自体には満足。春を満喫した1日でした。
足は膝ががくがくになりました。明日が心配です。


[PR]
by harahira2 | 2012-04-02 17:15 | 弓張山系 | Comments(0)