カテゴリ:その他( 75 )

奈良旅行 3日目


奈良旅行3日目です。

朝のうちに大和郡山城を訪ねました。
入口がわからず手こずりました。

追手向櫓と濠。
これだけでも絵になる。
e0293913_21113719.jpg
天守台は高い。
濠も深い。
e0293913_21120776.jpg
天守台の上から。
e0293913_21121735.jpg
次は平城宮跡。
昨年寄りそびれた平城宮跡資料館。
e0293913_21265636.jpg
当時の貴族のくらしぶりや
平城宮のようすを展示している。
e0293913_21270094.jpg
考古科学コーナーは
年代測定やX線での透視など
科学的な研究方法について解説され
たいへん興味深いものです。
e0293913_21270615.jpg
平城宮第一次大極殿。
e0293913_21271647.jpg
大極殿の横に復原事業情報館があった。
復原のしかたについての解説がよくできている。
e0293913_21273077.jpg
大極殿の南門を復原工事中。
再来年に完成予定という。
e0293913_21272179.jpg
朱雀門と朱雀大路。
朱雀大路は道幅が70m以上ある。
e0293913_21272685.jpg
ここまでで帰路に。

京都市木津川市の恭仁京跡。
現在はのどかな田舎の風景。
隣地の小学校で運動会をしていた。
各学年1クラスの小さな学校のようだった。
e0293913_21351558.jpg
滋賀県甲賀市の紫香楽宮跡。
実際にはここは甲賀寺という寺があったところらしい。
ここで聖武天皇は大仏の造立を始めた。
e0293913_21353425.jpg
滋賀県東近江市の山中にある木地師の里。
惟喬親王がここに隠棲して
ろくろを発明し伝えたことになっている。
蛭谷と君ヶ畑がその二拠点だった。

蛭谷の筒井神社。
e0293913_21415798.jpg
惟喬親王の陵とされるところ。
e0293913_21354771.jpg
君ヶ畑の大皇器地祖神社。
e0293913_21355234.jpg
かなりの深い山の中にありました。
長い間ぜひ訪ねてみたいと思っていました。






[PR]
by harahira2 | 2018-10-03 21:05 | その他 | Comments(0)

奈良旅行 2日目


奈良旅行の2日目です。

午前中のうちに奈良公園周辺、
午後に唐古・鍵遺跡と馬見丘陵公園を回りました。

東大寺南大門。
e0293913_20134830.jpg
金剛力士。
e0293913_20142188.jpg
金剛力士。
e0293913_20141286.jpg
東大寺大仏殿。

奈良の大仏。
正式名は盧遮那仏です。
やはりでかい。
e0293913_20433512.jpg
四天王のうち広目天。
e0293913_20141636.jpg
鐘楼。
e0293913_20151480.jpg
二月堂。お水取りで有名。
e0293913_20140348.jpg
三月堂(法華堂)。
e0293913_20152068.jpg
手向山八幡宮。
e0293913_20152566.jpg
若草山すそ。
e0293913_20153742.jpg
はじめて若草山頂上(3重目)に登ってみた。
そこからの景色は奈良を一望。
e0293913_20154231.jpg
春日大社。
中国人がやたら多かった。
e0293913_20194378.jpg
春日大社一の鳥居。
e0293913_20194825.jpg
興福寺五重塔と東金堂。
e0293913_20195499.jpg
ほぼ完成した中金堂。
e0293913_08273012.jpg
猿沢の池から興福寺五重塔。
e0293913_20200651.jpg
元興寺本堂は国宝。
e0293913_20210415.jpg
元興寺奥から。
向うの屋根の瓦が飛鳥時代のものという。
e0293913_20211236.jpg
となりで大元興寺展をやっていて、
国宝の屋内五重塔を見られました。
(撮影不可でした。)

田原本町の唐古・鍵遺跡史跡公園。
見えているのは半分以下。
e0293913_20234180.jpg
復原された楼閣。
e0293913_20234556.jpg
唐古・鍵考古学ミュージアム。
田原本町生涯学習センター内にあり、
公園からは離れています。
e0293913_20235254.jpg
遺跡のジオラマ。
川や濠がいっぱいある。
e0293913_20240441.jpg
河合町にある。
馬見丘陵公園。
e0293913_20240933.jpg
馬見丘陵には古墳がいっぱい。
そのうちのナガレ山古墳。
半分が復原されている不思議な光景。
e0293913_20241310.jpg
たっぷりと見て回った一日でした。


[PR]
by harahira2 | 2018-10-02 20:37 | その他 | Comments(0)

奈良旅行 1日目

奈良旅行に行って来ました。
今年は奈良北部を回る予定でした。

はじめの計画では往路で滋賀の山中などを
歴訪しながら進める予定でしたが、
台風のあとかたづけに手間取り
おまけに信号が停止したままだったりして
交通が渋滞し、
いつもなら高速道路インターに30分で到着するところを
2時間もかかってしまいました。
結局初日は行程を変更して
奈良に着ければよしとしました。
それでも石上神宮と秋篠寺だけ寄れました。

天理市の石上神宮です。
飛鳥時代に蘇我氏と争った物部氏の神社として知られ、
百済からもたらされた七支刀を蔵することで有名です。
もちろん現物をみることはできません。

拝殿は国宝です。
e0293913_18201299.jpg
次に神功皇后陵とされる
奈良市の五社神古墳を見ようとしましたが、
近くにたどり着けず、
結局近くの奈良市の秋篠寺を訪れました。
秋篠寺は本堂が国宝となっています。
e0293913_18311796.jpg
ただし、応対はぶっきらぼうで
参拝料も500円と高いので、
おすすめではありません。
境内の苔は自由に見ることができ、みごとです。
e0293913_18175035.jpg
この日はこれで終了でした。
2日目に期待です。



[PR]
by harahira2 | 2018-10-01 20:00 | その他 | Comments(0)

玖老勢から鳳来寺山


新城市玖老勢から鳳来寺山に登る道があって
以前から一度たどって見たいと思っていました。
この途中には鳳来寺したといわれる
利修仙人の護摩所があります。

先日利修仙人の供養祭が行われたということを聞き、
この機会に登ってみることにしました。

登り口は玖老勢の駐在所近くです。
墓の手前に車を駐めました。
e0293913_21343979.jpg
墓の横が登山口です。
「屋根のない博物館」の案内。
e0293913_21344393.jpg
利修仙人の護摩所へは山道を進みます。
e0293913_21344674.jpg
はじめはゆったりと登って行きます。
e0293913_21345038.jpg
しかし、途中から険しくなっていきます。
ロープがあります。
e0293913_21345309.jpg
鳳来寺山は国が指定した
名勝・天然記念物になっていて、
その範囲が定められています。
その境界を示す標柱です。
e0293913_21345736.jpg
護摩所の手前に着きました。
e0293913_21350189.jpg
利修仙人の護摩所です。
巨大な岩をくりぬいたのか
岩陰に利修仙人の像が鎮座しています。
e0293913_21403635.jpg
解説がありました。
e0293913_21404008.jpg
この横には石塔がありました。
妙法蓮華経と南無阿弥陀仏
の字が刻んでありました。
不思議な取り合わせですね。
e0293913_21404448.jpg
ここから道がわかりにくくなります。
高徳不動と参道に行く道は案内標示がありますが、
頂上に行く道は標示がありません。
赤いテープと地形図を頼りに登ります。

かなり急なところが何か所もあり、
ローブにつかまって登るところ
岩をはうように登るところなどがあります。
e0293913_21404826.jpg
鳳来寺山でしょうね。
まだだいぶ離れています。
e0293913_22163133.jpg
樹木の切れ目で玖老勢の町が見えました。
e0293913_21405933.jpg
こんな岩の下をくぐりました。
岩の名がありそうなものですが。
e0293913_21410315.jpg
頂上の方向を示す標示。
気づいたのはこれだけですが、
他にもあったのでしょうか。
ありがたい案内です。
e0293913_22122225.jpg
やがて稜線に出ました。
ここは樋界自然歩道です。

あっさりと説明しましたが、
かなりたいへんな登山になりました。
感覚的には宇連山よりたいへんでした。

鳳来寺山のすぐ裏の瑠璃山の横です。
瑠璃山は岩山です。
e0293913_21411142.jpg
鳳来寺山まで5分南下します。
鳳来寺山に着きました。
e0293913_21411674.jpg
ここで出会った方としばし歓談。
なんとすぐ近くにお住まいの方でした。

東海自然歩道を北に少し進むと
この区間でもっともよい展望場所。
e0293913_21591630.jpg
宇連山や明神山が見えました。
ただしかすみがかなり濃い。
e0293913_21592085.jpg
自然歩道のこの先はこんなふう。
ただしほとんど林の中を進みます。
e0293913_22060159.jpg
クロ岩と呼ばれる大岩塊を迂回します。
東海自然歩道にはところどころ休憩所があります。
e0293913_22060595.jpg
犬戻りと呼ばれる場所から下りてきたところ。
e0293913_22061286.jpg
玖老勢峠に着きました。
e0293913_22061693.jpg
ここから沢づたいに下ります。
はじめは急坂をジグザグに下ります。
40回以上折れ曲がったようです。
e0293913_22062080.jpg
やがて林道に出ました。
e0293913_22062456.jpg
林道もかなり長かったのですが、
やがて里に出ました。
この道は旧田口線の線路跡です。
e0293913_22062876.jpg
この線路跡をたどって車まで戻りました。

疲れたけど念願の玖老勢からの登山ができました。


[PR]
by harahira2 | 2018-06-25 21:21 | その他 | Comments(0)

仏坂峠からふりくさ道を下りる


<続き>

仏坂峠をあとにします。
堀割状の道に倒木が倒れています。
下をくぐり抜けます。
e0293913_16100487.jpg
道はしっかりとしています。
すぐに分岐点に着きます。
仏坂トンネル手前の登山口には右に下ります。
e0293913_16100884.jpg
分岐の標示。
「右 四谷集落へ約一キロ」と書かれ、
またいろいろな見どころも書いてあります。
「三十三体観音」「磨崖名号」「よばり岩」
「釜滝」「欅と楓の老木」です。
e0293913_16101270.jpg
なんとなく止めてあるような木ぎれ。
自然歩道を歩く人がまちがわないためでしょう。
e0293913_16101623.jpg
三十番目の観音がありました。
三十二、三十一は見逃しました。
すでに失われたものもあるようです。
e0293913_16260968.jpg
堀割状の所がありました。
e0293913_16101935.jpg
道がよく残っているところもありますが、
e0293913_16293388.jpg
ところどころ土砂崩れがあり
不明瞭になるところがあります。
e0293913_16102360.jpg
大きな木がありました。
この日見たいちばん太い木です。
大欅でしょうか。
e0293913_16102615.jpg
その背後にはそこそこに大きい滝。
水はしたたる程度ですが
10メートル近い高さがありそうです。
先ほどの釜滝でしょうか。
e0293913_16103168.jpg
観音像はところどころで見られますが、
名札が付いているものと
付いていないものがあります。
平成になってから失われた像を再配置したようなので
それからしばらく放置されているようです。
e0293913_16333129.jpg
石垣がありました。
道が折り返すところで積んでいるようです。
e0293913_16333727.jpg
道標がありました。
「右 カンバンダ山道」
「左 仏坂峠ふりくさ道」
左からおりてきました。
e0293913_16334663.jpg
馬頭観世音菩薩の石碑。
e0293913_16335035.jpg
「はっつけ場・赤子淵 五十米上」のようです。
はっつけ場は「磔場」のことかもしれません。
寄って見たかったけど
はっきりした道がないようなのでやめました。
e0293913_16335597.jpg
少し行くと「役行者」の札があり、
道から外れたところに
像が建っていました。
杖がきちんと立っているところを見ると
まったく放置されているわけでもなさそうです。
e0293913_16335879.jpg
まもなく舗装道路に出ました。
e0293913_16480445.jpg
振り返って見ると
「三十三体観音霊場」などと書かれた道標。
e0293913_16481482.jpg
さらに下には解説板。
e0293913_16482172.jpg
これを部分部分に拡大したもの。
e0293913_16482645.jpg
e0293913_16483052.jpg
途中には茶屋跡やいくつかの滝があったようです。
先にこれを見ておけば
もっとじっくりと探したかもしれません。
いつかこちらから上がってみたいものです。
舗装路を棚田方面に向かいます。

舗装路の分岐点に来ました。
左に行くと大林寺だそうです。
e0293913_16523104.jpg
この左角に石仏がありました。
三体ありますが、
右の二体は下に三猿がいて
青面金剛のようです。
e0293913_16523419.jpg
やがて棚田の中段に出ました。
中の道を通って駐車場まで行きました。
e0293913_16524023.jpg
こんこんと流れ出る水を
それぞれの田に送るしくみも
昔ながらで感心します。
e0293913_16524741.jpg
ちょっと寄り道した分だけ長くなりましたが、
おもしろい山歩きになりました。



[PR]
by harahira2 | 2018-06-04 22:25 | その他 | Comments(0)

かしやげ峠から鞍掛山


四谷の棚田にそろそろ稲が植わったかな?
と思い新城市四谷まで行って来ました。

ただ四谷の棚田を見るだけではなく
ついでに鞍掛山に登ることにしました。

鞍掛山は以前にも登ったことがあり、
展望のよい場所はほとんどないので
楽しみは少ないのですが、
これまで通ったことのない
かしやげ峠からの周回を考えました。

棚田の上部からかしやげ峠を経由して
鞍掛山まで東海自然歩道が通っています。
以前からこちらを歩いてみたいと思っていました。

四谷の棚田の下の駐車場です。
e0293913_21161732.jpg
棚田の説明。
e0293913_21140809.jpg
棚田を下から見る。
稲が植わって田が緑色になっています。
e0293913_21141291.jpg
上の駐車場に移動して上から見ます。
e0293913_21141634.jpg
上の駐車場から歩行開始。
東海自然歩道の歩行開始です。
e0293913_21142685.jpg
東海自然歩道は
民家の手前で迂回して行きます。
e0293913_21143034.jpg
民家の石垣の下を通ります。
e0293913_21143436.jpg
じきにうっそうとした樹林帯に入ります。
e0293913_21143834.jpg
堀割のような道です。
e0293913_21144220.jpg
大きな石垣が積まれている場所。
この上も平坦にして耕作したのでしょう。
e0293913_21144678.jpg
かしやげ峠に着きました。
e0293913_21262799.jpg
かしやげ峠は
武田信玄が病を得て
野田から撤退するとき通ったとされています。
e0293913_21263594.jpg
道標があります。
「左 田口道」となっていますが、
「右 山道」となっているようです。
どうして右には行き先がないのでしょう。
e0293913_21264281.jpg
ここには山崩遭難供養塔が建っています。
明治の山崩れの犠牲者を供養したものでしょう。
e0293913_21270458.jpg
双体道祖神がありました。
e0293913_21265141.jpg
これは馬頭観音のようです。
e0293913_21271122.jpg
こちらは役行者です。
e0293913_21270711.jpg
東海自然歩道の道標です。
鞍掛山まで2.0kmとなっています。
e0293913_21355253.jpg
すぐに墓の裏を通ります。
e0293913_21355685.jpg
またまた道標。
鞍掛山まで1.7kmです。
e0293913_21360266.jpg
見た目分岐になっているような場所。
e0293913_21361037.jpg
よく見ると下に道案内の札が落ちていました。
e0293913_21361444.jpg
やがて針葉樹帯に入ります。
このあたりは比較的なだらかです。
e0293913_21401715.jpg
休憩所。
e0293913_21402606.jpg
東京まで392キロの標示。
e0293913_21403438.jpg
鞍掛山山頂まで1.0kmの標示。
下に案内地図が倒れています。
e0293913_21403756.jpg
次第に傾斜が出てきます。
雑木も出てきました。
e0293913_21404118.jpg
岩のある休憩所。
e0293913_21404572.jpg
ジグザグに上がっていきます。
e0293913_21473838.jpg
尾根前の急登。
e0293913_21474309.jpg
尾根の分岐点に来ました。
この尾根は比較的平坦です。
左が鞍掛山山頂で右が馬桶岩となっています。
e0293913_21474825.jpg
来た方向が仏坂峠になっていますが、
右へ行くと馬桶岩を越えて仏坂峠に出ます。
戻る方向からはかなり回り込んで
仏坂まで行くことになります。
下にうっすらと「まちがイ 四ツ谷方面」
と書いてあります。
e0293913_21525069.jpg
左へ進むと三角点があります。
こんなところにあるとは見逃しそうです。
e0293913_21525426.jpg
すぐに山頂に着きます。
山頂の東屋。
e0293913_21530066.jpg
山頂の標示と休憩所。
e0293913_21530373.jpg
北側は展望がありそうですがありません。
ここから分岐点まで戻ります。

<続く>








[PR]
by harahira2 | 2018-06-04 20:29 | その他 | Comments(0)

5月の宇連山 下山と花

<続き>

下山です。
もと来た道を滝尾根分岐まで戻り、
西尾根を少し下り

e0293913_22235635.jpg
さらに滝沢分岐から
滝沢を下ります。
e0293913_22241408.jpg

延々とジグザグ降下が続きます。

e0293913_22242104.jpg

沢を何回か渡ります。

e0293913_22243363.jpg

こちらは通る人が少ないのか、
けっこう荒れているところがあります。

e0293913_22243760.jpg

下石の滝に到着です。
この滝は何段にもなっていて、
全長では68mあるそうです。
木に隠れて全体は見えません。

e0293913_22245051.jpg

沢づたいに下るところもあります。

e0293913_22265175.jpg

やっと道らしくなりました。

e0293913_22265518.jpg

休憩所まで来ました。

e0293913_22270701.jpg

かわせみ池。

e0293913_22271140.jpg

鶺鴒橋の横をすり抜けて
かえで展示林を通ります。

e0293913_22281472.jpg

レストハウス横まで戻りました。

ついでなのでキャンプ場を見ました。

e0293913_22292523.jpg

久しぶりの宇連山で疲れました。

花の紹介です。

モチツツジ。

e0293913_22295593.jpg

ウツギ。

e0293913_22295149.jpg

ニガナ。

e0293913_22295953.jpg

シロバナニガナ。

e0293913_22300303.jpg

ハナニガナ。

e0293913_22310314.jpg
コアジサイ。
e0293913_22303224.jpg

ギンラン。
ここで見るとはびっくりです。

e0293913_22300862.jpg

タチキランソウ。

e0293913_22301514.jpg

カキノハグサのつぼみ。

e0293913_22301155.jpg

ホソバシャクナゲは完全に終わっていました。

e0293913_22315485.jpg
それでも多くの花が見られました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-16 22:21 | その他 | Comments(0)

5月中旬の宇連山 山頂まで

県民の森から宇連山に登ってきました。
こちらから登るのは久しぶりです。

ホソバシャクナゲはもう終わっているはずですが、
以前にもっとあとで見たこともあり、
うまくいけば見られるかもしれません。


県民の森のモリトピアの入口。

e0293913_21560853.jpg
モリトピアの建物。
e0293913_21561164.jpg
こちらで案内地図を200円で買いました。
以前は無料の地図がありましたが、
今は要所の説明なども入ったパンフレットになっていました。

散策道の入口です。

e0293913_21561515.jpg

散策道を歩いて行きます。

e0293913_21561850.jpg

不動滝の手前の案内板です。
水源の森百選「愛知県民の森」となっています。

e0293913_21562175.jpg

不動滝です。
滝壺の水が濃い緑色です。

e0293913_21562464.jpg

不動滝の名の由来でしょうか。

鳥居があり、仏像がまつってあります。

e0293913_21562711.jpg
不動の左に大山主神、
右に水神と秋葉神社のようです。
e0293913_21563120.jpg

風穴方面との分岐点。
風穴からは東尾根に出られますが、
今回は真っ直ぐ進みます。

e0293913_21563550.jpg

緑と赤のカエデがありました。

e0293913_22014255.jpg

レストハウスのある大芝生広場。

e0293913_22014877.jpg

大津谷橋を渡って
県の木などの展示場を進みます。
ここをじっくり歩いてみたいと思うのですが
なかなかその余裕が持てません。

e0293913_22041977.jpg

鶺鴒橋の分岐点です。
「せきれい」と読める人はなかなかないでしょう。

e0293913_22015480.jpg
直進します。

渓谷がすてきです。この川は大津谷川です。

途中で川沿いの遊歩道を歩いてみました。
散策道の脇道になっています。

e0293913_22020159.jpg

炭焼き跡らしいものがありました。

e0293913_22020964.jpg

明治百年記念公園。
この県民の森は明治百年を記念して
昭和45年に開設されたそうです。

e0293913_22021371.jpg

橋の向こうにまたまた分岐です。
右に行くとスギ品種展示林ですが、
亀石の滝は左方向です。

e0293913_22072314.jpg
しばらく歩くと亀石の滝手前の休憩所です。
e0293913_22021807.jpg


さらに進むと亀石の滝です。
落差32mだそうです。
先日の雨のためでしょう、
かなりの水が流れ落ちていました。
これだけの水量を見るのは初めてです。

e0293913_22082950.jpg

ここから急登です。
ジグザグに折れながら上がっていきます。
上から登ってきた道を見たところ。

e0293913_22084264.jpg

上から見た亀石の滝。

e0293913_22084702.jpg

下石の滝への分岐点。

e0293913_22085121.jpg
さらに登ります。

シダの茂る道を登って行きます。

e0293913_22085533.jpg

滝尾根展望台です。

e0293913_22090079.jpg

ここからの展望ですが
どこが見えているのかわかりません。

e0293913_22090504.jpg

このシダ道が意外と長い。

e0293913_22091091.jpg

防火水槽の20番です。

e0293913_22103778.jpg

北尾根へトラバースする分岐点。
左が宇連山方向です。

e0293913_22111993.jpg

大きな岩がごろごろしたところ。

e0293913_22112593.jpg
滝尾根分岐に出ました。

e0293913_22113702.jpg
宇連山頂が見える並木道。
e0293913_22114186.jpg

北尾根との分岐点。

e0293913_22130833.jpg

この登山道でいちばん狭いところ。

e0293913_22150355.jpg
この付近からの眺望。
町が見えますが、
どこが見えているのやら。
e0293913_22151998.jpg

広い道になりました。

e0293913_22151191.jpg

棚山高原からの合流点。

e0293913_22152635.jpg

枯れたササやぶの間を進みます。

e0293913_22153162.jpg

途中の展望。
鳳来湖が見えます。

e0293913_22153630.jpg

けっこうな岩を越えて行きます。
よじ登るほどではありません。

e0293913_22173022.jpg
このササは枯れていません。
e0293913_22184765.jpg

頂上に到着です。

二等三角点「宇礼山」があります。
標高929mです。

e0293913_22194154.jpg

東に展望があります。
三ツ瀬明神山が見えます。

e0293913_22195200.jpg

東屋は壊れそうで
使用禁止になっていました。
ずっとこのままなのでしょうか。
いっそ撤去したらどうかと思いますね。

e0293913_22194753.jpg
<続く>


[PR]
by harahira2 | 2018-05-16 22:00 | その他 | Comments(0)

春の天狗棚と面ノ木園地


天狗棚付近でめずらしいスミレが咲いていると聞きました。
ちょうどこの時期に訪れたことがなかったので
よい機会だと思い行ってきました。

第3園地の駐車場では
ミツバツツジが満開直前でした。
e0293913_11344873.jpg
奥のほうまで咲いていました。
写真撮影に2組の夫婦が来ていました。
休日はもっとすごかったことでしょう。
e0293913_11361276.jpg
ここから直登気味の道を登っていきます。
e0293913_11391544.jpg
鳥居まで来ました。
ここはビジターセンターからの道が
右から合流してきます。
e0293913_11392033.jpg
展望台の直前の階段が修復されていました。
以前は壊れないかと心配なくらい
さびだらけ穴だらけの階段でした。
e0293913_11393682.jpg
展望台にある国常立尊(くにのとこたちのみこと)のひ標石。
国常立尊は日本神話に最初に出現する神です。
e0293913_11394275.jpg
この展望台からの風景です。
津具の村が見えます。
e0293913_11394546.jpg
南には三ツ瀬明神山です。
e0293913_11394921.jpg
葉のすっかり落ちたブナ林を行きます。
夏に来ると葉が茂っているので
この風景は初めて見ました。
e0293913_11462519.jpg
第1園地からの道と合流する地点です。
オリエンテーション用の標示があります。
ここは名古屋市の中学生が
野外学習で散策するところになっています。
e0293913_11463880.jpg
バイケイソウが育ってきていました。
花が咲く時期に来て見たいです。
e0293913_11464206.jpg
天狗棚に到着しました。
標高1240mで
この山塊ではいちばんの高所です。
e0293913_11464639.jpg
さらにアップダウンを繰り返して進みます。
e0293913_11533523.jpg
1200高地への分岐点。
右へ進む(写真ではみえませんが)と高地です。
e0293913_11465112.jpg
1200高地です。
ただし実際の標高は1230mだそうです。
三角点があります。
見はらしはありません。
e0293913_11465923.jpg
分岐まで戻ってさらに散策路を進みます。
バイケイソウ群落。
e0293913_11470448.jpg
オリエンテーション用の箱形の標識。
e0293913_11572846.jpg
展望があるところです。
右が崖なので柵になっています。
e0293913_11471216.jpg
北側が見えていると思いますが、
山はまったく見当がつきません。
e0293913_11585892.jpg
しばらく進むと舗装道路に出ました。
名古屋市の職員の方が作業をしていました。
まもなく中学生の野外学習が始まるのだそうです。
e0293913_11594166.jpg
ここまでで、鳥居のところまで戻って
ビジターセンターに向けて下りました。
林道に出ました。
e0293913_12540466.jpg
林道を行くとここにもミツバツツジの群落。
こちらはまだまだのよう。
e0293913_12541256.jpg
ビジターセンターです。
残念ながら月曜休館でした。
e0293913_12030594.jpg
茶臼山高原道路をはさんで南側の駐車場には
津具を象徴する天狗の像が立っています。
ちょっとあいきょうがあります。
e0293913_12031257.jpg
すぐし下が湿地です。
e0293913_12031657.jpg
ミズバショウが咲いていました。
e0293913_12061325.jpg
エンレイソウが花芽をつけていました。
e0293913_12060726.jpg
ショウジョウバカマが1輪だけありました。
e0293913_13041133.jpg
ここから第3駐車場まで戻りました。

そのほかで見つけた花を紹介します。
ほとんどスミばかりですが。

フモトスミレです。
e0293913_12105507.jpg
タチツボスミレのようですが、
模様が変わっています。
e0293913_12105920.jpg
これもタチツボスミレのようですが、
やけに苞が長くて曲がっています。
e0293913_13014934.jpg
かなり白っぽいスミレです。
e0293913_13020353.jpg
これが噂のトウカイスミレでしょうか。
e0293913_13015494.jpg
裏側がなかり紫が濃くなっています。
e0293913_13015732.jpg
ユキザサ。まもなく花開くでしょう。
e0293913_13040339.jpg
これは何でしょう。
e0293913_13045428.jpg
ちょっと予定よりも長く歩いてしまいましたが、
ブナの枯れ林やミツバツツジの群落など
今までに見られなかった風景が見られ、
貴重な体験になりました。



[PR]
by harahira2 | 2018-04-16 22:11 | その他 | Comments(2)

鳳来寺山の花たち


<続き>

鳳来寺山周辺で見つけた花などです。

ミツバツツジ。
e0293913_21315654.jpg
アカヤシオ。
e0293913_21322141.jpg
ヒカゲツツジ。
e0293913_21330038.jpg
スルガテンナンショウ。
e0293913_21320223.jpg
ネコノメソウ。
e0293913_21320639.jpg
ジロボウエンゴサク。
e0293913_21324758.jpg
ムラサキケマン。
e0293913_21325040.jpg
タチツボスミレ。
e0293913_21324459.jpg
タチキランソウ。
e0293913_21323461.jpg
ヒナスミレか?
e0293913_21322533.jpg
モミジイチゴ。
e0293913_21322932.jpg
ホソバシャクナゲはつぼみがついていました。
e0293913_21323705.jpg
アカヤシオやミツバツツジが
最高に美しい山歩きでした。


[PR]
by harahira2 | 2018-04-08 22:29 | その他 | Comments(0)