カテゴリ:弓張山系( 258 )

おちばの里から富士見岩


湖西市大知波のおちばの里親水公園から
富士見岩まで歩いて来ました。

おちばの里親水公園です。
広々としたところに川が流れ、
ゆったりと自然に親しむことができます。
e0293913_23282385.jpg
右の登山道に入って行きます。
この道は豊川道と呼ばれ、
昔は豊川稲荷への参拝者で
多くの通行があったそうです。
e0293913_23282719.jpg
堀割になった暗い道を通ります。
e0293913_23283188.jpg
大知波峠廃寺に行く直通路がありますが、
今回は不動の滝を見るため回り込みます。

左右に隠し田の跡があります。
数え切れないほどの枚数の田があります。
ところによって石垣が2mほどになっています。
e0293913_23283471.jpg
不動の滝です。
先日の雨で水量が増えています。
ふだんはちょろちょろ垂れるのみ。
e0293913_23283857.jpg
ロープに頼って急登を登ります。
e0293913_23284228.jpg
林道に出ました。
e0293913_23284662.jpg
林道を左に進んで、
またすぐに登りに入ります。
e0293913_23284954.jpg
鍋割りの水があります。
清水が流れ出ていますが、
写真にはうまく撮れません。
e0293913_23285369.jpg
尾根の手前の大知波峠廃寺跡に着きました。
広い斜面に建物のあとがいくつも並んでいます。
e0293913_23360362.jpg
大知波峠廃寺は11世紀に最盛期を迎えましたが、
記録がないので寺の名前さえわからないそうです。
e0293913_23360715.jpg
尾根を東に向かいます。
e0293913_23361010.jpg
三角点があります。
e0293913_23374627.jpg
木々に囲まれた尾根道を行きます。
かなりなだらかな尾根です。
e0293913_23374090.jpg
約30分で富士見岩に着きます。
e0293913_23375265.jpg
浜名湖が見えました。
e0293913_23380228.jpg
遠くに富士山がうっすらと見えました。
e0293913_23375911.jpg
本宮山も見えます。
e0293913_23375638.jpg
ここから南に下ります。
かなり険しい岩場があります。
e0293913_23430020.jpg
林道に出ました。
しばらく林道を西に進みます。
e0293913_23430370.jpg
やがて林道から離れます。
e0293913_23450421.jpg
鉄塔下をいくつか過ぎて、
シダの茂る隠し田の中を下ります。
e0293913_23460853.jpg
ミカン畑の中に出ました。
公園のすぐ手前です。
e0293913_23461271.jpg
おちばの里から富士見岩へ登ったのは久しぶりでした。
5.5kmのほどよい山歩きでした。


[PR]
by harahira2 | 2018-06-22 23:23 | 弓張山系 | Comments(0)

初夏の雨生山


新城市中宇利の雨生山を歩いて来ました。

世界の桜の園からの進入です。
e0293913_23164958.jpg
中腹の東屋です。
ここからのながめもすてきですが、
さらに上からのながめがあるので省略。
e0293913_23165671.jpg
比丘尼城址です。
比丘尼城址だけでなく
全体に結構ササが深くなっていました。
e0293913_23170522.jpg
雨生山近くのはげ山。
e0293913_23172499.jpg
雨生山の手前のピークのようす。
中央右寄りが雨生山。
ここからの景色がすばらしい。
e0293913_23172996.jpg
浜名湖と遠州灘がくっきり。
e0293913_23174448.jpg
三ツ瀬明神山が見えます。
e0293913_23173433.jpg
宇連山も見えます。
e0293913_23173990.jpg
見つけた花などです。
ササユリ。清楚な白。
e0293913_23243890.jpg
ササユリ。ピンクがかっている。
e0293913_23245536.jpg
ノアザミ。
e0293913_23245126.jpg
シモツケ。
e0293913_23244986.jpg
ノハナショウブ。
e0293913_23244286.jpg
ギンリョウソウ。
e0293913_23245815.jpg
ヒメヒカゲが飛び回っていました。
e0293913_23250172.jpg
花はそれほど多くなかったのですが、
空気が澄んで遠くまで見え
すばらしい山歩きでした。


[PR]
by harahira2 | 2018-06-12 23:11 | 弓張山系 | Comments(0)

5月下旬の吉祥山


ひと月ぶりに吉祥山を訪ねました。
今回はいちばん東側のBコースからの登山です。

Bコース登山口。
e0293913_23023989.jpg
登山口にある案内図。
e0293913_23024354.jpg
今回は行程は完全省略です。

ヤブムラサキかな?
e0293913_23043773.jpg
ウツギ。
e0293913_23044110.jpg
反射板のところでササユリが群生していました。
つぼみがいっぱいなので
2,3日後には満開になりそうです。
e0293913_23045461.jpg
金網で囲まれているので入れませんが、
そのため保護されているというわけです。
e0293913_23044890.jpg
頂上ではチョウが飛び交っていました。
次の写真では小さすぎて見にくいですが
いろいろなチョウとハチが飛んでいました。
e0293913_23080388.jpg
キアゲハでしょうか。
e0293913_23050318.jpg
ツマグロヒョウモンでしょうか。
e0293913_23050719.jpg
アカタテハかな?
姿勢がどうなっているのかわかりませんが。
e0293913_23051010.jpg
ヒメウラナミジャノメかな?
e0293913_23051370.jpg
モンキアゲハ。
e0293913_23051646.jpg
多数飛んでいるのはガのようです。
これもちょっとわかりにくい。
e0293913_23050047.jpg
イボタノキにたくさんのチョウが寄っていました。
e0293913_23135725.jpg
ヤマボウシの大木。
ちょっと遠かったので実際には2本かもしれません。
ただし真ん中あたりはテイカカズラが巻き付いているよう。
e0293913_23134981.jpg
シライトソウ。
e0293913_23134613.jpg
スイカズラ。
指が4本そろっているような感じがおもしろい。
e0293913_23135403.jpg
タツナミソウ。
e0293913_23191582.jpg
思ったより花が多い吉祥山でした。


[PR]
by harahira2 | 2018-05-25 23:20 | 弓張山系 | Comments(0)

5月下旬の石巻山


石巻山に行って来ました。

石巻山は車で中腹まで行くことができ、
そこから20分ほどで頂上に着けるので
ちょっと時間ができたときなど手軽に登れます。
手軽なわりには東西南北がほぼすべて見渡せ、
山に登った感覚が持てるところです。

今回も行程は簡略にします。

石巻神社上社。
e0293913_09065976.jpg
石巻山城址の碑と解説板。
e0293913_09070330.jpg
奥の院。
e0293913_09070615.jpg
その横のこのしろ池
e0293913_09070935.jpg
蛇穴。すずしい風が吹き出していました。
e0293913_09071262.jpg
ダイダラボッチの足跡。
e0293913_09101943.jpg
頂上手前の鉄階段。
e0293913_09071651.jpg
頂上の岩場です。
e0293913_09072202.jpg
眼下に見える三ツ口池。
e0293913_09072854.jpg
本宮山が見えます。
e0293913_09073292.jpg
南の方の山の向こうに太平洋がうっすらと。
e0293913_09073573.jpg
花は多くないけど
ここでしか見られないものがあります。

バイカウツギ。満開です。
e0293913_09122360.jpg
イワシモツケ。
e0293913_09122643.jpg
ウリノキ。
e0293913_09123091.jpg
じっくりと景観を楽しんで来ました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-21 21:02 | 弓張山系 | Comments(0)

5月中旬の中宇利丸山


5月も中旬が終わろうとしています。
暑かったり寒かったりで、
体調も崩れがちですが、
むしろ元気をよそおって動き回るほうが
しゃきっとするので
意識的に山歩きに出かけます。

いろいろな山で花が端境期のような状態ですが
中宇利丸山はこの時期どうなっているか
見に行ってきました。

今回は行程は出しませんが、
途中の目立つ場所だけ載せます。

世界の桜の園の入口。
e0293913_09375656.jpg
途中の東屋。
e0293913_09380018.jpg
先週と比べるとずいぶんと空気が澄んでいます。
本宮山やら吉祥山が見えます。
e0293913_09380431.jpg
比丘尼城跡。
e0293913_09380725.jpg
愛の鐘。
e0293913_09381134.jpg
はげ地。
e0293913_09394244.jpg
見つけた花です。

ヤマツツジ。
e0293913_09382262.jpg
シライトソウ。
e0293913_09382753.jpg
シライトソウの群れ。
e0293913_09402731.jpg
ショウジョウバカマの花後。
花みたい。
e0293913_09404238.jpg
ツルアリドオシ。
e0293913_09383061.jpg
ガマズミ。
e0293913_09383631.jpg
シソバタツナミソウ。
e0293913_09384036.jpg
ノアザミ。
e0293913_09403328.jpg
シラン。
e0293913_09433580.jpg
ササユリ。
e0293913_09434760.jpg
イナモリソウ。
e0293913_09434356.jpg
ハルリンドウ。
e0293913_09435178.jpg
端境どころか、いろいろな花が見られました。





[PR]
by harahira2 | 2018-05-20 13:44 | 弓張山系 | Comments(0)

5月の富幕山



久しぶりに富幕山に登ってきました。
今回は奥山登山口から山頂まで行って
北から陣座峠へ下りて
林道で帰って来ようという計画です。

登山口です。
e0293913_23123399.jpg
分岐がありますが直進します。
どちらに行っても
同じ所に出ます。
e0293913_23124229.jpg
小ピークがあります。
四等三角点「堀越」です。
e0293913_23124672.jpg
奥山高原遊園地のあと。
e0293913_23141851.jpg
はりきりコースとらくらくコースの分岐点です。
右のらくらくコースを行きます。
e0293913_23142289.jpg
らくらくコースのいいところは
この富士見峠があることです。
e0293913_23142685.jpg
富士山がうっすらと見えました。
写真だとわからないかな?
e0293913_23535006.jpg
分岐点に出ます。
直進は行き止まりなので、
左に登ります。
e0293913_23545062.jpg
はりきりコースとの合流点です。
右へ進みます。
e0293913_23545459.jpg
林道に出会います。
e0293913_23545944.jpg
この林道もおもしろいのですが、
今回はパスです。
e0293913_23550264.jpg
直進します。

e0293913_23550608.jpg
展望台に出ます。
展望台は「しばらく・・利用禁止」となっていますが、
「しばらく」が長すぎます。
e0293913_23551189.jpg
ここからも富士山が見えます。
e0293913_23551698.jpg
全体にゆったりと上がっていきますが、
この階段は少々きつい。
e0293913_23594255.jpg
「モミの木坂」と名づけている坂。
e0293913_00104896.jpg
林道に出ます。
すぐに頂上です。
e0293913_00120531.jpg
新しく展望台ができました。
ちょっと場所に合わないけど。
e0293913_00122687.jpg
周りの木々が成長して
眺望がなくなっていましたが、
このおかげでよく見えるようになりました。
まあ、よしとしますか。
しかし、途中の展望台を直してほしいですね。
浜松と浜名湖がよく見えます。
e0293913_00123605.jpg
e0293913_00163059.jpg
裏には中継塔があります。
e0293913_00123240.jpg
一等三角点「富巻山」です。
e0293913_00123019.jpg
ここから北へ向かいます。
中継所の横を抜けます。
e0293913_18565752.jpg
分岐がありますが真っ直ぐに進みます。
暗い森の中を行きます。
e0293913_18570183.jpg
西側の展望があるところに来ました。
左奥は本宮山のようですが、
他はどこが見えているのかわかりません。
e0293913_18570484.jpg
古びた案内標示があります。
e0293913_18570861.jpg
ときどき水玉模様の布が垂れています。
わかりやすいのでありがたいことです。
e0293913_18571148.jpg
この区間の最大の傾斜を下ったところ。
わかりにくいけど上を見ています。
以前ここを登ったときは
もう2度とここは通りたくないと思いました。
ただし、脇にジグザグ道があります。
e0293913_18571424.jpg
東の展望がある鉄塔横。
新東名が見えています。
e0293913_18571751.jpg
木の葉の色が明るくなってきました。
e0293913_18572174.jpg
林道への出口です。
e0293913_18574084.jpg
林道に下り立ったところ。
e0293913_19070193.jpg
あとは林道を登山口まで戻りました。
e0293913_19070768.jpg
<以下花の紹介に続く>




[PR]
by harahira2 | 2018-05-11 22:07 | 弓張山系 | Comments(0)

春の岩屋緑地


用事で外出したおりに
時間があまったので
岩屋緑地周辺を散策してきました。

岩屋山北の駐車場から出発。
飯村の旧東海道を西に進みます。
ただし、昔の街道の面影はありません。
枯れた松の木を新しく植えています。
e0293913_19470037.jpg
途中からせまい道を南に下ります。
岩屋山が東に見えます。
e0293913_19470402.jpg
グリーンスポーツセンターの入口。
e0293913_19470704.jpg
グリーンスポーツセンターは
入るだけは無料です。
テニスコートなどを借りようとすると
料金がかかります。
閑散としています。
e0293913_19471016.jpg
e0293913_19471302.jpg
e0293913_19471659.jpg
横に出て岩屋古道を登ります。
e0293913_19471867.jpg
すぐに稲荷社前に出ます。
e0293913_19472136.jpg
この前から岩屋観音が見えます。
e0293913_19472599.jpg
岩場を登ります。
観音のすぐ横に出ました。
e0293913_19472813.jpg
観音横からの風景。
二川から東をながめます。
e0293913_19513748.jpg
北西に本宮山が見えました。
e0293913_19514239.jpg
東に大蔵山が見えます。
e0293913_19514552.jpg
ここは大岩の上なので
直下に寺の屋根が見えます。
e0293913_19514094.jpg
西側から下ります。
e0293913_19514937.jpg
岩屋があります。
e0293913_19515294.jpg
岩屋堂。
e0293913_19515571.jpg
岩屋観音の由緒。
e0293913_19515966.jpg
崖下から見上げた岩屋観音。
e0293913_19552884.jpg
ここから脇に出て
昔アスレチックがあったところを登ります。
現在はまったくなにもありません。
e0293913_19553217.jpg
大蔵山の頂上付近に出ました。
e0293913_19553530.jpg
3階建ての展望台があります。
e0293913_19553883.jpg
展望台から見た風景。

すぐとなりの東山。
e0293913_19554290.jpg
北の赤岩尾根。
e0293913_19554574.jpg
西の豊橋市街。
e0293913_19554827.jpg
田原の山々。
e0293913_19555202.jpg
すぐとなりの冒険とりで。
大人には遊べませんが、
子どもにはおもしろいでしょう。
e0293913_20015069.jpg
ここから北側に下りました。
e0293913_20015368.jpg
駐車場のすぐ近くに
案内マップがありました。
岩屋緑地はかなり広いので
全部回ると半日ぐらいはかかるでしょう。
e0293913_20015703.jpg
駐車場に着きました。
e0293913_20020001.jpg
岩屋緑地は1時間から
2時間の散歩にはもってこいです。
いい散歩になりました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-10 20:42 | 弓張山系 | Comments(0)

金山近くの花


<続き>

花の紹介です。

タツナミソウ。
e0293913_07362674.jpg
ズミ。
つぼみがかわいいピンクです。
e0293913_07362330.jpg
ギンリョウソウ。
ここで見つかるとはうれしい。
豊橋では終わっていましたが、
ここのはちょうど満開です。
e0293913_07361157.jpg

ツクバネウツギ。
e0293913_07362026.jpg
ハルリンドウ。
初めて見つけた場所もありました。
e0293913_07360880.jpg
ジャケツイバラかな?
e0293913_07360525.jpg
ミヤマナルコユリ?
どの花も1つしか付いていませんでした。
e0293913_07361543.jpg
ソクシンラン。
e0293913_07361754.jpg
モチツツジ。
e0293913_07514315.jpg
ヤマツツジ。
e0293913_07521786.jpg
ウツギ。
まだまだにぎやかになります。
e0293913_07514954.jpg

フタリシズカ。
e0293913_07515525.jpg
キンラン。
e0293913_07515877.jpg
カザグルマ。
もうへたれかけていましたが、
出会えたのは幸運でした。
e0293913_07521098.jpg
シライトソウ。
e0293913_07521428.jpg
ヒメハギ。
e0293913_07520300.jpg
ハンカイソウ。
e0293913_07520682.jpg
ニョイスミレ。
e0293913_07515238.jpg
オオバウマノスズクサ。
高さ3mほどのところに咲いていました。
ピントが合いませんでしたが、
20個ぐらいの花がついています。
e0293913_07594150.jpg
それほど期待はしていなかったのですが、
意外な花も見つかりました。



[PR]
by harahira2 | 2018-05-05 22:34 | 弓張山系 | Comments(0)

金山近く


新城市中宇利の滝堂林道から
金山まで歩いて来ました。
今回は廃道も歩いているため
行程は簡単に。

滝堂林道入口。
e0293913_07212404.jpg
中宇利丸山の蛇紋岩植生の説明。
e0293913_07214411.jpg
林道を歩きます。
緑が濃くなってきました。
e0293913_07214824.jpg
金山入口です。
e0293913_07215134.jpg
金山の三角点「福長村」。
e0293913_07215679.jpg
周りは樹林で展望はありませんでしたが、
この横にある反射板の下側が
伐採されて見晴らしができていました。
e0293913_07220885.jpg
吉祥山、本宮山が見えます。
e0293913_07215977.jpg
近くの高台から。
三ツ瀬明神山が遠くに見えました。
宇連山もしっかり見えました。
e0293913_07335010.jpg
廃道を挙げておきます。
人はあまり通っていませんが
しっかりと道がわかります。
e0293913_07405585.jpg
帰りは蛇紋岩地を通ってきました。
e0293913_07353716.jpg
<花の紹介に続く>




[PR]
by harahira2 | 2018-05-05 21:15 | 弓張山系 | Comments(0)

本坂峠・中山峠間の花たち


<続き>

本坂峠から中山峠間で見た花などを紹介します。
花は見た順ではありません。

サワフタギ。
この稜線上ではたくさん見かけました。
つぼみも多かったので
これからさらににぎやかになるでしょう。
e0293913_22530479.jpg
ヤマツツジ。
e0293913_22530086.jpg
モチツツジ。
e0293913_22521219.jpg
フジとヤマツツジ。
e0293913_22564571.jpg
ニョイスミレ。
e0293913_22522441.jpg
タチツボスミレ。
e0293913_22523027.jpg
アリアケスミレ。
ここで見るとは思っていなかったのでびっくり。
e0293913_22523495.jpg
タツナミソウ。
e0293913_22522055.jpg
ペラペラヨメナ。
色の違いが不思議。
e0293913_22523811.jpg
ウマノアシガタ。
e0293913_22594778.jpg
キンラン。
これも意外だった。
e0293913_22565426.jpg
花はあまり期待していなかったのですが、
意外な花を見られました。

おもしろい山歩きでした。




[PR]
by harahira2 | 2018-04-30 22:40 | 弓張山系 | Comments(0)