カテゴリ:葦毛湿原( 65 )

秋雨の葦毛湿原


雨の中葦毛湿原に行って来ました。

今湿原ではミズオトギリが花を開かせていますが、
ミズオトギリは夕方にならないと咲きません。
何に感応して花を開くのかわかりません。
こんな雨の日も開くのか確かめに行って来ました。

開いていました。
ここのミズオトギリはだいたい3時半頃開きます。
こんな日でもやはり3時半頃でした。
不思議なものですね。

e0293913_20533555.jpg
湿原のようす。
いつもとは違った場所です。
水が音を立てて流れていました。
e0293913_20535757.jpg
シラタマホシクサ。
e0293913_20542057.jpg
ミズギボウシ。
e0293913_20540108.jpg
サワシロギク。
e0293913_20540944.jpg
サワヒヨドリが咲き始めました。
e0293913_20541383.jpg
キセルアザミ。
e0293913_20545729.jpg
ワレモコウ。
e0293913_20540535.jpg
ミズギク。
おそらく最後の花。
e0293913_20541733.jpg
ノダケ。
e0293913_20542483.jpg
イワショウブのつぼみ。
離れたところに咲いていました。
写真にはうまく撮れません。
e0293913_20584521.jpg
ムカゴニンジン。
e0293913_20584978.jpg
ウメモドキは水玉をつけやすいのか。
e0293913_20585294.jpg
他にサワギキョウ、タムラソウも咲き始めました。
遠くてうまく撮れませんでした。
また望遠を持って挑戦します。



[PR]
by harahira2 | 2018-09-10 21:03 | 葦毛湿原 | Comments(0)

初秋の葦毛湿原


久しぶりの投稿です。
ちょっと体調を崩していたので、
山歩き等は控えていました。
やっと体調も戻ってきたので投稿を再開です。

湿原の風景です。
e0293913_08144411.jpg
サギソウが咲いていました。
もう終わったはずと覚悟していましたが、
咲いていてくれました。
おそらく今年最後の花でしょう。
e0293913_08144017.jpg
シラタマホシクサ。
これからどんどん花がふくらんでくるでしょう。
e0293913_08170066.jpg
トウカイコモウセンゴケ。
これももう最後に近いはずです。
e0293913_08151212.jpg
ホザキノミミカキグサ。
e0293913_08151675.jpg
ノリウツギ。
e0293913_08144744.jpg
ミズギボウシ。
e0293913_08215936.jpg
ムカゴニンジン。
e0293913_08215395.jpg
湿原の周りです。

ヤブラン。
e0293913_08145596.jpg
キンミズヒキ。
e0293913_08145112.jpg
シュロソウ。
e0293913_08150813.jpg







[PR]
by harahira2 | 2018-08-29 21:08 | 葦毛湿原 | Comments(0)

5月中旬の葦毛湿原


バイケイソウがそろそろ見ごろかなと
葦毛湿原に行って来ました。

いつもの湿原風景。
緑が濃くなりました。
e0293913_00020618.jpg
クロミノニシゴリがあちこちて咲いていました。
e0293913_00021218.jpg
よく見ると白い毛が美しい。
e0293913_00021557.jpg
イボタノキの花がにおいをぷんぷんさせていました。
e0293913_00023050.jpg
トキソウは株が30以上見られました。
e0293913_00021994.jpg
バイケイソウの群生。
e0293913_00025454.jpg
花はもう少しで満開です。
e0293913_00025722.jpg
ニョイスミレ。目立たないけどかわいい。
e0293913_00030925.jpg
タツナミソウもいい。
e0293913_00023338.jpg
ネジキの花は透明感があります。
e0293913_00022615.jpg
暑い日になりましたが、
楽しんで回れました。





[PR]
by harahira2 | 2018-05-17 22:34 | 葦毛湿原 | Comments(0)

春爛漫の葦毛湿原とその周辺


葦毛湿原とその周辺を回ってきました。
順番は回った順ではなく
場所もばらばらに紹介します。

湿原の周りは新緑に包まれています。
e0293913_06303895.jpg
湿原のとなりの沢も緑がまぶしいほどです。
e0293913_06304488.jpg
ハルリンドウが満開です。
ハルリンドウがこれほど多く
咲いたのを見るのは初めてです。
e0293913_06311102.jpg
e0293913_06313970.jpg
今年は色違いがたくさん見られました。
e0293913_06351792.jpg
小さなニョイスミレが咲いています。
e0293913_06311537.jpg
なかにはピンクがかったものもあります。
e0293913_06311988.jpg
ニオイタチツボスミレ。
e0293913_06312592.jpg
アリアケスミレ。
e0293913_06374999.jpg
タチシオデ。
e0293913_06550240.jpg
スルガテンナンショウ。
e0293913_06381140.jpg
ウグイスカグラ。
e0293913_06380725.jpg
タンザワウマノスズクサ。
e0293913_06383466.jpg
チゴユリ。
e0293913_06383154.jpg
アケビ。
e0293913_06382484.jpg
ミツバアケビ。
e0293913_06381836.jpg
ジロボウエンゴサク。
e0293913_06384173.jpg
キランソウ。
e0293913_06384485.jpg
マルバアオダモ。
e0293913_06383759.jpg
シャガ。
e0293913_06445305.jpg
ヤブデマリ。
e0293913_06381447.jpg
メギ。
e0293913_06424393.jpg
アセビ。
e0293913_06423383.jpg
ミツバツチグリ。
e0293913_06423059.jpg
ショウジョウバカマ。
e0293913_06423729.jpg
ミカワバイケイソウ。
まもなく開花。
e0293913_06425512.jpg
ナラメリンゴフシ。
e0293913_06424004.jpg
この季節は毎日のように
花の様子と風景が変わります。
見逃せません。



[PR]
by harahira2 | 2018-04-10 06:28 | 葦毛湿原 | Comments(0)

葦毛湿原植生回復作業最終日


葦毛湿原の植生回復作業は
毎年度11月から3月まで行われています。
ということで、この日は作業の最終日でした。

この日は、
これまでにやり残した細かな部分や
片づけ切れなかった
木の枝、木の葉、草の葉などを片づけました。
e0293913_23474526.jpg
その後今年度の作業の振り返りということで、
作業し終わった場所の現状と
今後の回復の予想などの説明を聞きました。
e0293913_23503149.jpg
今年度は大勢のボランティアが常時出て、
おまけに重機を借りることができたので
作業がかなりはかどりました。
広々とした湿原が復活しました。
あとは来年以降の草花の復活に期待です。
楽しみです。



[PR]
by harahira2 | 2018-03-27 23:31 | 葦毛湿原 | Comments(0)

3月下旬の葦毛湿原


葦毛湿原に行って来ました。
平日だというのに第二駐車場は満車でした。
見学者も多く見かけました。

湿原の入口広場のようす。
木々の若葉が出始めました。
e0293913_22060392.jpg
湿原のいつもの場所からの風景です。
e0293913_22060791.jpg
ハルリンドウが咲き出しました。
e0293913_22061450.jpg
いろいろな場所合わせると
全部で50株以上になると思います。
これからさらに開いて
星を散りばめたように
群がるのが楽しみです。
e0293913_22061877.jpg
ショウジョウバカマも満開です。
e0293913_22062283.jpg
湿原の周りでは各種のスミレが咲いていました。

タチツボスミレです。
e0293913_22062877.jpg
かたまりになって咲きます。
e0293913_22063263.jpg
ニオイタチツボスミレです。
e0293913_22063852.jpg
シハイスミレでしょう。
斑入りなのか傷なのかわかりませんが、
ひと株しか見つかりませんでした。
e0293913_22064268.jpg
フモトスミレです。
e0293913_22064743.jpg
ついでにミカワバイケイソウの苗です。
今年は多いような予感がします。
あとひと月で咲くでしょう。
e0293913_22145146.jpg
明るい春うららの日々になりました。
来週にはハルリンドウも満開になることでしょう。


[PR]
by harahira2 | 2018-03-23 21:58 | 葦毛湿原 | Comments(0)

初冬の長尾池と葦毛湿原

葦毛湿原のようすを見に行ってきました。

長尾池の堤防からの風景。
空も水もくっきりとしています。
e0293913_11371346.jpg
水鳥が群がります。
マガモもいるようです。
e0293913_11371850.jpg
ツルウメモドキが樹全体を覆って
花を咲かせているようになっていました。
e0293913_11374935.jpg
e0293913_11390035.jpg
湿原への小径は枯れ葉がびっしり。
e0293913_11504658.jpg
ウグイスカグラが芽をつけていました。
e0293913_11475564.jpg
湿原の入口。
e0293913_11474394.jpg
湿原の風景。
花はほとんどないけど、
この黄金色が好きです。
e0293913_12032040.jpg
いつもとは違ったところから。
e0293913_11525185.jpg
上空をとんびが弧を描いて飛んでいました。
e0293913_11475984.jpg
植生回復作業が一層進みました。
e0293913_12011028.jpg
フユになってもアキアカネがまだいます。
e0293913_11480720.jpg
マアザミが最後の見せ場。
e0293913_11531738.jpg
メギが赤い。
e0293913_11573776.jpg
マンリョウが赤い。
e0293913_11533557.jpg
センリョウが赤い。
e0293913_12013352.jpg
ミヤマシキミも赤い。
e0293913_12092853.jpg
ウメモドキも赤い。
e0293913_12014376.jpg
ネジキの新しい枝も赤い。
e0293913_11533838.jpg
サネカズラも赤い。
e0293913_11533106.jpg
真っ赤な秋を通り越しても
真っ赤な冬が続いているようです。


[PR]
by harahira2 | 2017-12-07 21:34 | 葦毛湿原 | Comments(0)

葦毛湿原植生回復作業


怪我が完治するまでは
力仕事や激しい動きは控えていますが、
葦毛資源の植生回復作業の動向が気になります。
顔出しだけはしておこうと行って来ました。

湿原のようす。
すっかり秋も深まりました。
咲いている花はほんのわずかです。

e0293913_15454278.jpg
イノシシがずいぶん来ているようです。
まるで畑を起こしたよう。
昼間は出てきませんからね。
e0293913_15470867.jpg
作業の風景です。
木を伐採してから枝を払い
さらに短く切って運びやすくます。
e0293913_15455930.jpg
背負子に乗せたり、
大きな袋に入れたりして運びます。

e0293913_15461309.jpg
運んだ丸太や枝葉は一箇所にまとめ、
トラックで資源化センターに運びます。
e0293913_15460951.jpg
この日は10数人が参加していましたが、
わたしよりも年上の人がいっぱいでした。
みなさんご苦労さまです。

この日はたいへんいい天気で
山歩きの人たちがいっぱいでした。
e0293913_15541886.jpg
マアザミがまだ咲いています。
e0293913_15545103.jpg
スズカアザミ。
e0293913_16004093.jpg
イワショウブの白い花が残っていました。
他はほとんど赤くなって枯れ始めましたが。
ただし、木道から遠くてうまく撮れていません。
e0293913_15551576.jpg
ミヤマシキミ。
e0293913_15564559.jpg
サネカズラでしょうか。
ずいぶん茶色くなっています。
e0293913_15565998.jpg
メギ。
e0293913_16001879.jpg
ニシキギ。
e0293913_16010412.jpg
アズキナシかな?
e0293913_16125904.jpg
ツルウメモドキのようです。
ツルらしくないけど。
黄色い実が割れて赤い種が見えます。
e0293913_09072161.jpg
葦毛湿原回復作業は
今季も大胆に切り開くようで、
今後に期待が持てます。


[PR]
by harahira2 | 2017-11-22 15:40 | 葦毛湿原 | Comments(0)

11月上旬の葦毛湿原


転んで怪我をしてしばらく静養中です。
今年の植生回復作業が11月から始まりましたが、
今年いっぱいは活動できそうにありません。

それでも歩くだけはかなり自由になってきたので、
久しぶりに葦毛湿原を訪れてみました。

湿原への小径です。
e0293913_15473365.jpg
湿原の入口。
e0293913_15474404.jpg
湿原のようす。
すっかり茶色になりました。
さみしげですね。
e0293913_15474916.jpg
湿原の横の渓流。
落葉樹の葉がかなり落ちました。
e0293913_15475334.jpg
見かけた花を紹介します。

マアザミです。
もう枯れた花ばかりですが
少しだけ残っています。
e0293913_15495441.jpg
ごく一部咲き始めがありました。
あざやかなピンクです。
e0293913_15500714.jpg
スイランは2輪しか咲いていませんでした。
e0293913_15500240.jpg
イワショウブは赤くなっています。
これも数えるほどです。
白いままのものが草むらに隠れていましたが、
写真には撮れませんでした。
e0293913_15495878.jpg
ホソバリンドウが咲いていました。
株数は少なかったのですが、
ひと株にたたくさんの花がついていました。
これも草のかげなので残念。
e0293913_15494628.jpg
ヤマラッキョウももう勢いがありません。
e0293913_15495006.jpg
シラタマホシクサはすっかり
ドライフラワー状態になっています。
e0293913_15503813.jpg
ワレモコウは枯れているのか
どうかわかりません。
e0293913_16592685.jpg
よく見るとまだミミカキグサが咲いていました。
e0293913_15504907.jpg
ホザキノミミカキグサも咲いていました。
モウセンゴケも見えます。
e0293913_15501782.jpg
ムラサキミミカキグサもありました。
e0293913_15593725.jpg
なんとスミレです。
ニョイスミレのようですが、
はっきりしません。
e0293913_15595045.jpg
スズカアザミです。
e0293913_16013341.jpg
ウメバチソウが咲いているのを教えてもらいましたが、
木道から遠くてちらちらと見えるだけでした。
もう少し近くで咲いてほしいものです。

湿原や湿原の周りには多くの実が見られました。

メギ。
e0293913_16024665.jpg
マユミ。
e0293913_16025128.jpg
ウメモドキ。
e0293913_16030485.jpg
ニシキギ。
e0293913_16030831.jpg
ミヤマシキミ。
離れたところにはにぎやかなのが咲いていました。
e0293913_16030040.jpg
センリョウ。
e0293913_16025704.jpg
マンリョウ。
e0293913_16025456.jpg
ヤブコウジ。
e0293913_16031199.jpg
ヤブラン。
e0293913_16032225.jpg
最後にセンニンソウの実。
e0293913_16032516.jpg
1か月ぶりの葦毛湿原です。
すっかり秋色に変わりました。
冬も近づいています。




[PR]
by harahira2 | 2017-11-10 16:15 | 葦毛湿原 | Comments(0)

10月初めの葦毛湿原

このところやや手間のかかる仕事にかかっていて
なかなか葦毛湿原を訪ねられませんでした。
というのも、時間がたっぷりあるときは
1日山歩きに行ってしまうからです。

今日は久しぶりの雨予報だったので、
こういうときこそ葦毛湿原へ
ということで行って来ました。

いつもの入口です。
e0293913_22382230.jpg
葦毛湿原の風景。
e0293913_22382675.jpg
天の川のようなシラタマホシクサ。
e0293913_22384283.jpg
よく密集しているところ。
e0293913_22383351.jpg
シラタマホシクサのアップ。
e0293913_22383002.jpg
サワギキョウが全盛でした。
e0293913_22385456.jpg
これだけ咲くのは初めて見るかな?
e0293913_22385875.jpg
スイランも咲き始めました。
e0293913_22470468.jpg
ワレモコウ。
e0293913_22471033.jpg
イワショウブ。
e0293913_22385038.jpg
キセルアザミ。
e0293913_22471585.jpg
タムラソウ。
e0293913_23050981.jpg
サワシロギク。
e0293913_23065322.jpg
ミミカキグサがいっぱい。
e0293913_22384603.jpg
サワヒヨドリ。
e0293913_23063815.jpg
ウメモドキ。
e0293913_23052490.jpg
シュロソウ。
e0293913_23052056.jpg
ミゾソバ。
e0293913_23052904.jpg
久しぶりの葦毛湿原でした。
雨が降る前にじっくりと見ることができました。





[PR]
by harahira2 | 2017-10-02 22:58 | 葦毛湿原 | Comments(0)