鞍掛山から仏坂峠


<続き>

鞍掛山山頂から分岐点まで戻って
仏坂方面に進みます。
ここからは東海自然歩道ではありません。

分岐点を過ぎて道標を見たところ。
こちらには正確に書いてあります。
だれかが張り出してくれたようです。
e0293913_22001098.jpg
平坦な尾根を進みます。
e0293913_22002435.jpg
馬桶岩の標示は見逃しそうです。
e0293913_22002926.jpg
馬桶岩。
丸いくぼみが変わっていますが、
大きいわけではありません。
e0293913_22003343.jpg
少し行くと北か東に展望があります。
三ツ瀬明神山です。
e0293913_22003679.jpg
左端が宇連山でしょうか。
e0293913_22004295.jpg
遠くにうっすらと町が見えます。
e0293913_22004654.jpg
道ははっきりとしています。
赤いテープがあるので助かります。
e0293913_22005064.jpg
まんなかが平山明神山のようです。
e0293913_22005428.jpg
このあたりから急降下と
急登をく繰り返します。
もちろん急降下がほとんどですが。
e0293913_22005838.jpg
林道が横に来ていました。
e0293913_22084953.jpg
ここから尾根をそのまま進むような感じですが、
e0293913_22091945.jpg
右にも道があります。
e0293913_22094997.jpg
よく見ると道案内が落ちていました。
かなり古びています。
e0293913_22101904.jpg
さらに下って行きます。
e0293913_22104995.jpg
今度は急登です。
ロープが付いていました。
e0293913_22111956.jpg
続いて今度は帯状のロープです。
e0293913_22114960.jpg
ここは大きくVターンするところ。
右から曲がってきました。
前方は行き止まりになっています。
e0293913_22210406.jpg
このあたりでいちばん太い木。
枯れているようです。
e0293913_22213360.jpg
今度は岩を乗り越えます。
ここにもロープが。
e0293913_22220431.jpg
鞍掛山の方向を示す標示。
鞍掛山へ進む方向は示されていますが、
下るほうがわかりにくいのが残念です。
e0293913_22223434.jpg
仏坂峠の上部に出ました。
e0293913_22230402.jpg
仏坂峠の解説。
むかしはこの峠を多くの馬が越えたとのこと。
e0293913_22271315.jpg
四谷からここまで
33の観音が設けられたそうです。
現在も半数以上残っています。
これが33番目の観音でしょうか。
e0293913_22281332.jpg
午頭天皇と馬頭観音らしきものが
まつってありました。
e0293913_22274341.jpg
役行者と衢神。
e0293913_22284305.jpg
ここには点眼供養塔というものがあるそうですが、
これがそうでしょうか。
e0293913_22342402.jpg
仏坂を越えて神田方面に抜ける道が続いています。
e0293913_22294307.jpg
ここは仏坂トンネルから登ってきて
宇連山方面へ曲がる地点でもあります。

下山となると仏坂トンネル方面に行くのですが、
ここまででまだ少し時間があるので
寄り道をしてみようかと思いました。

<続く>




[PR]
by harahira2 | 2018-06-04 21:31 | Comments(0)


<< 仏坂峠からふりくさ道を下りる かしやげ峠から鞍掛山 >>