かしやげ峠から鞍掛山


四谷の棚田にそろそろ稲が植わったかな?
と思い新城市四谷まで行って来ました。

ただ四谷の棚田を見るだけではなく
ついでに鞍掛山に登ることにしました。

鞍掛山は以前にも登ったことがあり、
展望のよい場所はほとんどないので
楽しみは少ないのですが、
これまで通ったことのない
かしやげ峠からの周回を考えました。

棚田の上部からかしやげ峠を経由して
鞍掛山まで東海自然歩道が通っています。
以前からこちらを歩いてみたいと思っていました。

四谷の棚田の下の駐車場です。
e0293913_21161732.jpg
棚田の説明。
e0293913_21140809.jpg
棚田を下から見る。
稲が植わって田が緑色になっています。
e0293913_21141291.jpg
上の駐車場に移動して上から見ます。
e0293913_21141634.jpg
上の駐車場から歩行開始。
東海自然歩道の歩行開始です。
e0293913_21142685.jpg
東海自然歩道は
民家の手前で迂回して行きます。
e0293913_21143034.jpg
民家の石垣の下を通ります。
e0293913_21143436.jpg
じきにうっそうとした樹林帯に入ります。
e0293913_21143834.jpg
堀割のような道です。
e0293913_21144220.jpg
大きな石垣が積まれている場所。
この上も平坦にして耕作したのでしょう。
e0293913_21144678.jpg
かしやげ峠に着きました。
e0293913_21262799.jpg
かしやげ峠は
武田信玄が病を得て
野田から撤退するとき通ったとされています。
e0293913_21263594.jpg
道標があります。
「左 田口道」となっていますが、
「右 山道」となっているようです。
どうして右には行き先がないのでしょう。
e0293913_21264281.jpg
ここには山崩遭難供養塔が建っています。
明治の山崩れの犠牲者を供養したものでしょう。
e0293913_21270458.jpg
双体道祖神がありました。
e0293913_21265141.jpg
これは馬頭観音のようです。
e0293913_21271122.jpg
こちらは役行者です。
e0293913_21270711.jpg
東海自然歩道の道標です。
鞍掛山まで2.0kmとなっています。
e0293913_21355253.jpg
すぐに墓の裏を通ります。
e0293913_21355685.jpg
またまた道標。
鞍掛山まで1.7kmです。
e0293913_21360266.jpg
見た目分岐になっているような場所。
e0293913_21361037.jpg
よく見ると下に道案内の札が落ちていました。
e0293913_21361444.jpg
やがて針葉樹帯に入ります。
このあたりは比較的なだらかです。
e0293913_21401715.jpg
休憩所。
e0293913_21402606.jpg
東京まで392キロの標示。
e0293913_21403438.jpg
鞍掛山山頂まで1.0kmの標示。
下に案内地図が倒れています。
e0293913_21403756.jpg
次第に傾斜が出てきます。
雑木も出てきました。
e0293913_21404118.jpg
岩のある休憩所。
e0293913_21404572.jpg
ジグザグに上がっていきます。
e0293913_21473838.jpg
尾根前の急登。
e0293913_21474309.jpg
尾根の分岐点に来ました。
この尾根は比較的平坦です。
左が鞍掛山山頂で右が馬桶岩となっています。
e0293913_21474825.jpg
来た方向が仏坂峠になっていますが、
右へ行くと馬桶岩を越えて仏坂峠に出ます。
戻る方向からはかなり回り込んで
仏坂まで行くことになります。
下にうっすらと「まちがイ 四ツ谷方面」
と書いてあります。
e0293913_21525069.jpg
左へ進むと三角点があります。
こんなところにあるとは見逃しそうです。
e0293913_21525426.jpg
すぐに山頂に着きます。
山頂の東屋。
e0293913_21530066.jpg
山頂の標示と休憩所。
e0293913_21530373.jpg
北側は展望がありそうですがありません。
ここから分岐点まで戻ります。

<続く>








[PR]
by harahira2 | 2018-06-04 20:29 | その他 | Comments(0)


<< 鞍掛山から仏坂峠 賀茂しょうぶ園の花しょうぶまつり >>