向山大池公園のコンクリート階段

向山大池の南東かど近くに
コンクリート製の階段があります。


豊橋東校高正門前から南に向かって進んで
まもなく丁字の信号交差点になる手前です。
(正確には十字路ですが1本は細い)

e0293913_18381941.jpg
裏を見ると水門のハンドルと軸のようなものがあります。

e0293913_18382527.jpg
なぜ、こんなところにこんなものが?


いっぽう、この東側の狭い道が不思議に曲がっています。
地図の緑色の線です。
地図でははっきりしないかもしれませんが、
実際に通ってみると右に左に少しずつ方向を変えています。

e0293913_18395008.jpg


そしてもうひとつ。
この道の池寄りに細長い公園があります。
幅は20mに満たないのですが、
長さは140mほどあります。
向山東町公園です。

e0293913_18452191.jpg
こんなに細長いのは不自然です。
通りがかりの近くのかたに聞いてみました。
すると、ここには昔川が流れていたということでした。


なるほど、これで道が曲がっている理由と
公園が細長い理由がわかりました。
公園は昔の川とその縁だったのです。


そうすると流れてくる上流は向山大池しかありません。
そう思って例の階段の近くを見ると、ありました。
道を横切る橋の痕跡です。
画面中央を2本の線があり、
公園に続いています。

e0293913_18464021.jpg
そしてもう一つ決定的なもの。
橋の欄干と親柱が残っていました。

e0293913_18472036.jpg

築造の年も記してあります。昭和36年です。

e0293913_18464801.jpg
道の反対側にも欄干の痕跡がありました。
欄干のコンクリートを壊した跡です。

e0293913_18474898.jpg

昭和35年の地形図を開いてみました。
たしかに川が描かれています。水色の線です。
山中川に流れ込んでいました。

e0293913_18481072.jpg
曲がりくねった道は現在でも
山中川のへりまで続いています。
写真のトラックが止まっているところが
川まで延びています。
ただし暗渠になって残ることはなかったようです。

e0293913_18510206.jpg
大池公園の南東にあった階段は
川があったことを示すために残したものでしょうか。


いつか撤去されるんでしょうね。
橋の痕跡もいつか道路を改修するときに
跡形もなくなるのかもしれません。
ちょっと寂しい気がします。


[PR]
by harahira2 | 2018-02-27 20:32 | 地域 | Comments(3)
Commented by vento_del_nord at 2018-03-22 10:07
ここはここ時代よく走ったところです。
確かボートハウスがあったと思います。
写真は水門の一部だと思われます。
階段に上ってハンドルを回し水門を開閉するものだと思います。
ちょうどいい画像がなかったですが、下の画像参考にしてください。
http://www.kensetsu-plaza.com/pict/294660/main.jpg?1521680528
Commented by harahira2 at 2018-03-22 22:40
コメントありがとうございます。
この川は昭和45年度の豊橋市都市計画基本図にも載っていますから通ったことがあったはずですが、まったく覚えていません。当時の写真でもあるとおもしろいと思っていますが・・・。
Commented by vento_del_nord at 2018-03-27 10:46
部活でこの前はよく通りました。
写真は気に掛けてみます。


<< 吉田城鉄櫓下石垣発掘調査説明会 大脇からテレビ中継所、健康の道 >>