葦毛湿原春の息吹


この2,3日ぐんと暖かくなり、
一気に春めいてきました。
葦毛湿原でも春の息吹が見られるだろうと
わくわくしながら行ってきました。

湿原の駐車場にはあでやかな桜の木。
おそらくカワヅザクラでしょう。
e0293913_22122433.jpg


湿原に至る小径には
ウグイスカグラがかわいい花をつけていました。
e0293913_22161952.jpg


アセビも咲いていました。
この花がここでいちばん最初に咲く花でしょうか。
e0293913_22163628.jpg


湿原入口の日当たりのよい場所で
タチツボスミレが咲いていました。
あざやかですね。
e0293913_22165273.jpg


湿原ではショウジョウバカマが
あちこちに咲いていました。
e0293913_2217938.jpg

これだけ出てくると踏んでしまいそうで
湿原の回復作業は難しくなりますね。

木道から離れたところに
ハルリンドウが数輪咲いていました。
遠いのでびしっと撮れていません。
あと1週間もすればいっぱいに咲き乱れることでしょう。
e0293913_221725100.jpg


木道の横で見つけたスミレ。
花の形からするとフモトスミレのようですが、
葉っぱが見えないので確認できませんでした。
アギスミレかもしれません。
e0293913_22174067.jpg


キスミレが咲く風越峠まで見に行きました。
途中で出会った方に「咲いているよ」と聞いたので、
目を皿のようにして探しましたがなかなか見つかりません。
しばらく探して、道から離れたところに見つけました。
感動です。
e0293913_22183136.jpg

しかし、株は少なく、
いっぱいに咲くのはまだまだのようです。

そのとなりの場所で
ヒロハノアマナはきれいに咲いていました。
紳士淑女ということばを思い浮かべます。
e0293913_22184459.jpg


カタクリのようすはどうか、
二川テレビ中継所まで行きました。

送電線の保守のためところどころ木が伐採されて
風景がすっかり変わってしまったところがありました。
まったく別の山を歩いているような気になります。
e0293913_22213380.jpg

もうじきツツジがいっぱいに咲くはずでしたが、
残念なことです。
他にも貴重な樹種が切られているようです。
来年以降低い木はひこばえで回復するでしょうか。
展望がよくなったので、
尾根歩きはおもしろくなったかもしれません。

カタクリは葉っぱが出ているだけで
茎も見えません。
やはり月末まで待つ必要がありそうです。
e0293913_22241211.jpg


葦毛湿原と背景の山々は
これからが本番です。
[PR]
by harahira2 | 2014-03-17 21:49 | 葦毛湿原 | Comments(0)


<< スミレとカタクリ 葦毛湿原 >>