中宇利丸山


しばらく雨生山を歩いてなかったのと
ムラサキセンブリがそろそろ咲くのではないかと
中宇利丸山(世界の桜の園)から
雨生山を目指しました。

登り口付近にはサクラタデが咲いていました。
うっすらと美しいピンクがいい。
e0293913_19342451.jpg


アキギリも咲いています。
ヘビが舌を出したようで不気味ですが
愛嬌があるようでもあります。
e0293913_19343826.jpg


いつもの登り口です。
e0293913_19345838.jpg


この道の土手に
エンシュウハグマがいっぱいです。
いいときに来ました。
e0293913_19355977.jpg


コウヤボウキも咲いていました。
e0293913_19361528.jpg


似たもの同士がすぐそばにいるのがいいですね。

中腹の東屋のすぐ横にキキョウが咲いていました。
しばらく前にはあちこちで咲いていましたが、
もう見られなくなりました。
今年最後のキキョウでしょうか。
e0293913_19365033.jpg


ヤナギノギクも咲いていました。
うっすらと美しい藤色です。
e0293913_19371221.jpg


マツムシソウも咲いていました。
e0293913_19373418.jpg


アキカラマツもありました。
これもすでに他では
ほとんど花が終わっているようです。
e0293913_19375296.jpg


シラヤマギクでしょうね。
e0293913_19382470.jpg


オケラです。
コウヤボウキなどとは属がちがいますが、
花の姿は似ていますね。
e0293913_21192054.jpg


ツリガネニンジン。
頭を垂れた姿は何か考えているよう。
e0293913_1943350.jpg


シュロソウ。実がなっています。
e0293913_19435752.jpg


サワシロギク
e0293913_20161247.jpg


アキノキリンソウ。
e0293913_201714.jpg


愛の鐘。
e0293913_20203658.jpg


比丘尼城址。
e0293913_20184474.jpg


こんな時期にも咲いているサクラがありました。
e0293913_20212444.jpg


吉祥山が見える裸地です。
e0293913_20214974.jpg


これは何の実?
実が黄色くなるズミの一種のキミズミでしょうか。
e0293913_2023578.jpg


オトギリソウの花後のようです。
e0293913_20243841.jpg


ヒヨドリバナも咲いていました。
e0293913_20272970.jpg


赤みが強いヒヨドリバナもありました。
e0293913_20275543.jpg


中宇利丸山から林道滝堂線に出て
雨生山を目指します。

<続く>
[PR]
by harahira2 | 2013-10-14 19:31 | 弓張山系 | Comments(0)


<< 雨生山へ 五葉城址から五葉湖岸まで >>