ヒガンバナ


ヒガンバナが一斉に開き始めました。
この機をのがしてはならないと
豊橋市北部の石巻を回ってきました。

もっと北の新城方面には
ヒガンバナの名所がいくつかあるようですが、
あてがなく回るほどの時間もありません。

その前に自宅の白いヒガンバナです。
わずかにピンクがかっています。
e0293913_19354524.jpg


現地ではヒガンバナがいっぱい群生していました。
e0293913_1936953.jpg


赤いヒガンバナは毒々しいほどあざやかです。
e0293913_2111778.jpg

e0293913_19363746.jpg


この地域には花弁の周りが白くなっている花があるようです。
吉祥山への訪問時にも見て、あれっと思いました。
e0293913_20592919.jpg


はじめは花の終わりの状態かと思いましたが、
花の最後はこんなふうで、にぶくきたなくなります。
したがって、上の花はしおれかけではありません。
e0293913_19373287.jpg


まるで赤と白の水引が絡まっているようです。
この華やかさは紅白の梅を思い浮かべます。
e0293913_19375131.jpg


上とは少し離れた場所です。
写真で風景を切り取ってみると
「これだけか」と思ってしまいますが、
視界にはもっといっぱい入っています。
赤があちこちに見えます。
e0293913_19385883.jpg

e0293913_19392351.jpg


白いヒガンバナと赤いヒガンバナが
隣り合わせで咲いています。
やや黄みを帯びてい.るように見えますが、
夕日を浴びているせいだと思います。
e0293913_20492210.jpg


見ごろはほんの数日なので、
いろいろな場所を見ることはなかなかできません。
来年はヒガンバナだけに集中してみようかと思っています。
[PR]
by harahira2 | 2013-09-28 19:33 | 地域 | Comments(0)


<< シモバシラ 旗頭山 >>