旗頭山


吉祥山に寄ったあと旗頭山に行きました。
旗頭山は吉祥山の西に張り出た尾根の端っこです。
ただし、採石のため削り取られて
吉祥山とは分断されています。

この旗頭山は新城市と豊川市の境になっており、
現在は新城側がほとんど削り取られて
ほぼ豊川側のみが残っています。

旗頭山は蛇紋岩でできているため
高い木はなく草山のようになっています。

入口の金沢墓園駐車場にある説明板です。
この山には古墳が多数残されており、
積石塚古墳という特徴のある古墳群として有名です。
e0293913_22282464.jpg


この時期旗頭山は全山がツルボの咲く山になっています。
入口の金沢墓園も墓の周りはツルボだらけです。
右端に墓石が見えます。
e0293913_22285665.jpg


山に入るとツリガネニンジンが咲いていました。
e0293913_22292642.jpg


ワレモコウもあります。
e0293913_22294358.jpg


山の途中にもツルボが群がっているところがあちこちにあります。
e0293913_22303097.jpg


ツルボのアップです。
e0293913_22305756.jpg


ここのコガンピは白い花ばかりです。
e0293913_22313241.jpg


サワヒヨドリらしき花。
ずいぶん赤いものも群がっています。
e0293913_22315772.jpg

昨年訪問したときのレポートで
ヒヨドリバナと紹介しましたが、
細い葉っぱのようすを見ると
どうもサワヒヨドリのようです。

しかし、サワヒヨドリは湿った土地を好むそうで、
この旗頭山はむしろ乾き気味なので
わけがわかりません。

風に揺れてピンぼけのアキカラマツ。
e0293913_22323375.jpg


山の中腹にあった古墳の説明。
e0293913_22325519.jpg


オミナエシ。
e0293913_22332232.jpg


まだシモツケのつぼみがありました。
e0293913_22334350.jpg


アザミのつぼみ。何アザミかな?
e0293913_22345229.jpg


ヤマハッカのつぼみのようです。
e0293913_22375195.jpg


これはヤマラッキョウのつぼみでしょう。
e0293913_22353181.jpg


これはなんでしょうね。
ヤマラッキョウのつぼみ以前でしょうか。
e0293913_2240336.jpg


頂上のようす。
e0293913_22355644.jpg


頂上からの風景。
標高は100mに足りませんが、絶景です。
北の本宮山。
e0293913_22361385.jpg


眼下の豊川。
e0293913_22365022.jpg


秋の花のつぼみが一斉に出てきました。
2週間後くらいにはがらっと変わっているはずです。
それを見るのが楽しみです。
[PR]
by harahira2 | 2013-09-23 22:09 | 弓張山系 | Comments(0)


<< ヒガンバナ 台風後の葦毛湿原 >>