阿寺の七滝とイワタバコ


8月になったら阿寺の七滝を訪れて
イワタバコを見ようと前から決めていました。

暑い夏に涼を求めるのと
イワタバコの花を見るのと
一石二鳥です。

ふだんは閑散とした場所ですが
盆休みに入っているせいか人出は多く、
遠くから来た人もいるようでした。
e0293913_21455439.jpg


入口にはバス停があり、
そのむこうに売店があります。
e0293913_21461151.jpg

売店では五平餅なども売っています。
五平餅はこの地方の郷土料理として有名です。
しかし、中で五平餅を焼いている人は
炭火でじっくり焼いているので大変です。

駐車料金を300円赤い箱に入れて
アスファルトで整備された歩道を進みます。
e0293913_2146292.jpg


右手のがけにはイワタバコの葉がぎっしり。
さすが三河最大の群生地というだけのことはあります。
(他に群生地がどこにあるのか知りませんが)
e0293913_2149011.jpg


花はムラサキ色の星形がとてもきれいです。
e0293913_21492041.jpg

e0293913_21553865.jpg


イワタバコの葉はしゃもじのようになっていて
どこまでが柄でどこからが葉かわかりませんが
なかには50cmほどもありそうな葉がありました。
タバコの葉ににていることからつけられたそうですが、
タバコの害についてよく言われる昨今では
可憐な花姿に似合わない気がします。
それにタバコの葉を見たことがある人って
ほとんどいませんよね。

これはにぎやかに咲いています。
茎が2本あるようですから、
2株ということでしょうか。
e0293913_21493745.jpg


くいちがい石と呼ばれる礫がありました。
丸い石がほぼ真ん中でずれています。
e0293913_2150040.jpg


「巣山礫岩」の解説がありましたが、
どうして石全体がずれないで、
石が半々にずれたのか不思議です。
礫というのはそれほど堅くはないんでしょうね。
e0293913_21504385.jpg


道は渓流に沿って曲がりくねりながら
土の道になり、やがて狭くなっていきます。
e0293913_21513973.jpg


入口から15分ほどで、阿寺の七滝です。
国の名勝および天然記念物に指定されていて、
日本の滝100選の一つともされている滝です。

訪問者がもう何組もいました。
e0293913_2151596.jpg

e0293913_21521714.jpg


滝は7段になって64mの高さを落ちるそうです。
e0293913_21524551.jpg


滝の中段あたりまで登る道がありますが、
今回はパスしました。

涼を求めた滝でしたが、
飛瀑が跳んでくるわけでもなく、
この日も最高に暑い日で、
涼しい気分にはなりませんでした。
[PR]
by harahira2 | 2013-08-12 21:41 | 弓張山系 | Comments(0)


<< 葦毛湿原 ナガバノイシモチソウ観察会 >>