初夏の雨生山


新城市中宇利の雨生山を歩いて来ました。

世界の桜の園からの進入です。
e0293913_23164958.jpg
中腹の東屋です。
ここからのながめもすてきですが、
さらに上からのながめがあるので省略。
e0293913_23165671.jpg
比丘尼城址です。
比丘尼城址だけでなく
全体に結構ササが深くなっていました。
e0293913_23170522.jpg
雨生山近くのはげ山。
e0293913_23172499.jpg
雨生山の手前のピークのようす。
中央右寄りが雨生山。
ここからの景色がすばらしい。
e0293913_23172996.jpg
浜名湖と遠州灘がくっきり。
e0293913_23174448.jpg
三ツ瀬明神山が見えます。
e0293913_23173433.jpg
宇連山も見えます。
e0293913_23173990.jpg
見つけた花などです。
ササユリ。清楚な白。
e0293913_23243890.jpg
ササユリ。ピンクがかっている。
e0293913_23245536.jpg
ノアザミ。
e0293913_23245126.jpg
シモツケ。
e0293913_23244986.jpg
ノハナショウブ。
e0293913_23244286.jpg
ギンリョウソウ。
e0293913_23245815.jpg
ヒメヒカゲが飛び回っていました。
e0293913_23250172.jpg
花はそれほど多くなかったのですが、
空気が澄んで遠くまで見え
すばらしい山歩きでした。


[PR]
# by harahira2 | 2018-06-12 23:11 | 弓張山系 | Comments(0)

仏坂峠からふりくさ道を下りる


<続き>

仏坂峠をあとにします。
堀割状の道に倒木が倒れています。
下をくぐり抜けます。
e0293913_16100487.jpg
道はしっかりとしています。
すぐに分岐点に着きます。
仏坂トンネル手前の登山口には右に下ります。
e0293913_16100884.jpg
分岐の標示。
「右 四谷集落へ約一キロ」と書かれ、
またいろいろな見どころも書いてあります。
「三十三体観音」「磨崖名号」「よばり岩」
「釜滝」「欅と楓の老木」です。
e0293913_16101270.jpg
なんとなく止めてあるような木ぎれ。
自然歩道を歩く人がまちがわないためでしょう。
e0293913_16101623.jpg
三十番目の観音がありました。
三十二、三十一は見逃しました。
すでに失われたものもあるようです。
e0293913_16260968.jpg
堀割状の所がありました。
e0293913_16101935.jpg
道がよく残っているところもありますが、
e0293913_16293388.jpg
ところどころ土砂崩れがあり
不明瞭になるところがあります。
e0293913_16102360.jpg
大きな木がありました。
この日見たいちばん太い木です。
大欅でしょうか。
e0293913_16102615.jpg
その背後にはそこそこに大きい滝。
水はしたたる程度ですが
10メートル近い高さがありそうです。
先ほどの釜滝でしょうか。
e0293913_16103168.jpg
観音像はところどころで見られますが、
名札が付いているものと
付いていないものがあります。
平成になってから失われた像を再配置したようなので
それからしばらく放置されているようです。
e0293913_16333129.jpg
石垣がありました。
道が折り返すところで積んでいるようです。
e0293913_16333727.jpg
道標がありました。
「右 カンバンダ山道」
「左 仏坂峠ふりくさ道」
左からおりてきました。
e0293913_16334663.jpg
馬頭観世音菩薩の石碑。
e0293913_16335035.jpg
「はっつけ場・赤子淵 五十米上」のようです。
はっつけ場は「磔場」のことかもしれません。
寄って見たかったけど
はっきりした道がないようなのでやめました。
e0293913_16335597.jpg
少し行くと「役行者」の札があり、
道から外れたところに
像が建っていました。
杖がきちんと立っているところを見ると
まったく放置されているわけでもなさそうです。
e0293913_16335879.jpg
まもなく舗装道路に出ました。
e0293913_16480445.jpg
振り返って見ると
「三十三体観音霊場」などと書かれた道標。
e0293913_16481482.jpg
さらに下には解説板。
e0293913_16482172.jpg
これを部分部分に拡大したもの。
e0293913_16482645.jpg
e0293913_16483052.jpg
途中には茶屋跡やいくつかの滝があったようです。
先にこれを見ておけば
もっとじっくりと探したかもしれません。
いつかこちらから上がってみたいものです。
舗装路を棚田方面に向かいます。

舗装路の分岐点に来ました。
左に行くと大林寺だそうです。
e0293913_16523104.jpg
この左角に石仏がありました。
三体ありますが、
右の二体は下に三猿がいて
青面金剛のようです。
e0293913_16523419.jpg
やがて棚田の中段に出ました。
中の道を通って駐車場まで行きました。
e0293913_16524023.jpg
こんこんと流れ出る水を
それぞれの田に送るしくみも
昔ながらで感心します。
e0293913_16524741.jpg
ちょっと寄り道した分だけ長くなりましたが、
おもしろい山歩きになりました。



[PR]
# by harahira2 | 2018-06-04 22:25 | その他 | Comments(0)

鞍掛山から仏坂峠


<続き>

鞍掛山山頂から分岐点まで戻って
仏坂方面に進みます。
ここからは東海自然歩道ではありません。

分岐点を過ぎて道標を見たところ。
こちらには正確に書いてあります。
だれかが張り出してくれたようです。
e0293913_22001098.jpg
平坦な尾根を進みます。
e0293913_22002435.jpg
馬桶岩の標示は見逃しそうです。
e0293913_22002926.jpg
馬桶岩。
丸いくぼみが変わっていますが、
大きいわけではありません。
e0293913_22003343.jpg
少し行くと北か東に展望があります。
三ツ瀬明神山です。
e0293913_22003679.jpg
左端が宇連山でしょうか。
e0293913_22004295.jpg
遠くにうっすらと町が見えます。
e0293913_22004654.jpg
道ははっきりとしています。
赤いテープがあるので助かります。
e0293913_22005064.jpg
まんなかが平山明神山のようです。
e0293913_22005428.jpg
このあたりから急降下と
急登をく繰り返します。
もちろん急降下がほとんどですが。
e0293913_22005838.jpg
林道が横に来ていました。
e0293913_22084953.jpg
ここから尾根をそのまま進むような感じですが、
e0293913_22091945.jpg
右にも道があります。
e0293913_22094997.jpg
よく見ると道案内が落ちていました。
かなり古びています。
e0293913_22101904.jpg
さらに下って行きます。
e0293913_22104995.jpg
今度は急登です。
ロープが付いていました。
e0293913_22111956.jpg
続いて今度は帯状のロープです。
e0293913_22114960.jpg
ここは大きくVターンするところ。
右から曲がってきました。
前方は行き止まりになっています。
e0293913_22210406.jpg
このあたりでいちばん太い木。
枯れているようです。
e0293913_22213360.jpg
今度は岩を乗り越えます。
ここにもロープが。
e0293913_22220431.jpg
鞍掛山の方向を示す標示。
鞍掛山へ進む方向は示されていますが、
下るほうがわかりにくいのが残念です。
e0293913_22223434.jpg
仏坂峠の上部に出ました。
e0293913_22230402.jpg
仏坂峠の解説。
むかしはこの峠を多くの馬が越えたとのこと。
e0293913_22271315.jpg
四谷からここまで
33の観音が設けられたそうです。
現在も半数以上残っています。
これが33番目の観音でしょうか。
e0293913_22281332.jpg
午頭天皇と馬頭観音らしきものが
まつってありました。
e0293913_22274341.jpg
役行者と衢神。
e0293913_22284305.jpg
ここには点眼供養塔というものがあるそうですが、
これがそうでしょうか。
e0293913_22342402.jpg
仏坂を越えて神田方面に抜ける道が続いています。
e0293913_22294307.jpg
ここは仏坂トンネルから登ってきて
宇連山方面へ曲がる地点でもあります。

下山となると仏坂トンネル方面に行くのですが、
ここまででまだ少し時間があるので
寄り道をしてみようかと思いました。

<続く>




[PR]
# by harahira2 | 2018-06-04 21:31 | Comments(0)

かしやげ峠から鞍掛山


四谷の棚田にそろそろ稲が植わったかな?
と思い新城市四谷まで行って来ました。

ただ四谷の棚田を見るだけではなく
ついでに鞍掛山に登ることにしました。

鞍掛山は以前にも登ったことがあり、
展望のよい場所はほとんどないので
楽しみは少ないのですが、
これまで通ったことのない
かしやげ峠からの周回を考えました。

棚田の上部からかしやげ峠を経由して
鞍掛山まで東海自然歩道が通っています。
以前からこちらを歩いてみたいと思っていました。

四谷の棚田の下の駐車場です。
e0293913_21161732.jpg
棚田の説明。
e0293913_21140809.jpg
棚田を下から見る。
稲が植わって田が緑色になっています。
e0293913_21141291.jpg
上の駐車場に移動して上から見ます。
e0293913_21141634.jpg
上の駐車場から歩行開始。
東海自然歩道の歩行開始です。
e0293913_21142685.jpg
東海自然歩道は
民家の手前で迂回して行きます。
e0293913_21143034.jpg
民家の石垣の下を通ります。
e0293913_21143436.jpg
じきにうっそうとした樹林帯に入ります。
e0293913_21143834.jpg
堀割のような道です。
e0293913_21144220.jpg
大きな石垣が積まれている場所。
この上も平坦にして耕作したのでしょう。
e0293913_21144678.jpg
かしやげ峠に着きました。
e0293913_21262799.jpg
かしやげ峠は
武田信玄が病を得て
野田から撤退するとき通ったとされています。
e0293913_21263594.jpg
道標があります。
「左 田口道」となっていますが、
「右 山道」となっているようです。
どうして右には行き先がないのでしょう。
e0293913_21264281.jpg
ここには山崩遭難供養塔が建っています。
明治の山崩れの犠牲者を供養したものでしょう。
e0293913_21270458.jpg
双体道祖神がありました。
e0293913_21265141.jpg
これは馬頭観音のようです。
e0293913_21271122.jpg
こちらは役行者です。
e0293913_21270711.jpg
東海自然歩道の道標です。
鞍掛山まで2.0kmとなっています。
e0293913_21355253.jpg
すぐに墓の裏を通ります。
e0293913_21355685.jpg
またまた道標。
鞍掛山まで1.7kmです。
e0293913_21360266.jpg
見た目分岐になっているような場所。
e0293913_21361037.jpg
よく見ると下に道案内の札が落ちていました。
e0293913_21361444.jpg
やがて針葉樹帯に入ります。
このあたりは比較的なだらかです。
e0293913_21401715.jpg
休憩所。
e0293913_21402606.jpg
東京まで392キロの標示。
e0293913_21403438.jpg
鞍掛山山頂まで1.0kmの標示。
下に案内地図が倒れています。
e0293913_21403756.jpg
次第に傾斜が出てきます。
雑木も出てきました。
e0293913_21404118.jpg
岩のある休憩所。
e0293913_21404572.jpg
ジグザグに上がっていきます。
e0293913_21473838.jpg
尾根前の急登。
e0293913_21474309.jpg
尾根の分岐点に来ました。
この尾根は比較的平坦です。
左が鞍掛山山頂で右が馬桶岩となっています。
e0293913_21474825.jpg
来た方向が仏坂峠になっていますが、
右へ行くと馬桶岩を越えて仏坂峠に出ます。
戻る方向からはかなり回り込んで
仏坂まで行くことになります。
下にうっすらと「まちがイ 四ツ谷方面」
と書いてあります。
e0293913_21525069.jpg
左へ進むと三角点があります。
こんなところにあるとは見逃しそうです。
e0293913_21525426.jpg
すぐに山頂に着きます。
山頂の東屋。
e0293913_21530066.jpg
山頂の標示と休憩所。
e0293913_21530373.jpg
北側は展望がありそうですがありません。
ここから分岐点まで戻ります。

<続く>








[PR]
# by harahira2 | 2018-06-04 20:29 | その他 | Comments(0)

賀茂しょうぶ園の花しょうぶまつり


賀茂しょうぶ園の花しょうぶまつりを見て来ました。
満開まではまだ少しとのことでしたが、
見ると場所によってはすでに満開。
これからどんどん咲いてくるところもあり
かなり楽しめました。

駐車場は満車にはなってないけど
ほどほどに埋まっていました。
平日だというのになかなかの人出でした。

しょうぶ園の風景です。
西側から中央の赤い橋を見たところ。
e0293913_08213363.jpg
東側から橋を見る。
e0293913_08213909.jpg
さらに東の東屋方面。
e0293913_08214280.jpg
いろいろな品種の花を並べます。
品種名はとても覚えられません。
e0293913_08221093.jpg
e0293913_08220238.jpg
e0293913_08215940.jpg
e0293913_08220639.jpg
e0293913_08215522.jpg
e0293913_08215243.jpg
e0293913_08215097.jpg
全体として満開まではもう少しでしょう。
これから見ごろを迎えます。


[PR]
# by harahira2 | 2018-05-29 21:15 | 地域 | Comments(0)

5月下旬の吉祥山


ひと月ぶりに吉祥山を訪ねました。
今回はいちばん東側のBコースからの登山です。

Bコース登山口。
e0293913_23023989.jpg
登山口にある案内図。
e0293913_23024354.jpg
今回は行程は完全省略です。

ヤブムラサキかな?
e0293913_23043773.jpg
ウツギ。
e0293913_23044110.jpg
反射板のところでササユリが群生していました。
つぼみがいっぱいなので
2,3日後には満開になりそうです。
e0293913_23045461.jpg
金網で囲まれているので入れませんが、
そのため保護されているというわけです。
e0293913_23044890.jpg
頂上ではチョウが飛び交っていました。
次の写真では小さすぎて見にくいですが
いろいろなチョウとハチが飛んでいました。
e0293913_23080388.jpg
キアゲハでしょうか。
e0293913_23050318.jpg
ツマグロヒョウモンでしょうか。
e0293913_23050719.jpg
アカタテハかな?
姿勢がどうなっているのかわかりませんが。
e0293913_23051010.jpg
ヒメウラナミジャノメかな?
e0293913_23051370.jpg
モンキアゲハ。
e0293913_23051646.jpg
多数飛んでいるのはガのようです。
これもちょっとわかりにくい。
e0293913_23050047.jpg
イボタノキにたくさんのチョウが寄っていました。
e0293913_23135725.jpg
ヤマボウシの大木。
ちょっと遠かったので実際には2本かもしれません。
ただし真ん中あたりはテイカカズラが巻き付いているよう。
e0293913_23134981.jpg
シライトソウ。
e0293913_23134613.jpg
スイカズラ。
指が4本そろっているような感じがおもしろい。
e0293913_23135403.jpg
タツナミソウ。
e0293913_23191582.jpg
思ったより花が多い吉祥山でした。


[PR]
# by harahira2 | 2018-05-25 23:20 | 弓張山系 | Comments(0)

5月下旬の石巻山


石巻山に行って来ました。

石巻山は車で中腹まで行くことができ、
そこから20分ほどで頂上に着けるので
ちょっと時間ができたときなど手軽に登れます。
手軽なわりには東西南北がほぼすべて見渡せ、
山に登った感覚が持てるところです。

今回も行程は簡略にします。

石巻神社上社。
e0293913_09065976.jpg
石巻山城址の碑と解説板。
e0293913_09070330.jpg
奥の院。
e0293913_09070615.jpg
その横のこのしろ池
e0293913_09070935.jpg
蛇穴。すずしい風が吹き出していました。
e0293913_09071262.jpg
ダイダラボッチの足跡。
e0293913_09101943.jpg
頂上手前の鉄階段。
e0293913_09071651.jpg
頂上の岩場です。
e0293913_09072202.jpg
眼下に見える三ツ口池。
e0293913_09072854.jpg
本宮山が見えます。
e0293913_09073292.jpg
南の方の山の向こうに太平洋がうっすらと。
e0293913_09073573.jpg
花は多くないけど
ここでしか見られないものがあります。

バイカウツギ。満開です。
e0293913_09122360.jpg
イワシモツケ。
e0293913_09122643.jpg
ウリノキ。
e0293913_09123091.jpg
じっくりと景観を楽しんで来ました。



[PR]
# by harahira2 | 2018-05-21 21:02 | 弓張山系 | Comments(0)